座椅子処分

座椅子の捨て方は?粗大ゴミ処理券費用は地域によって違う?

座椅子の捨て方は以下の3つの方法があります。

  • 粗大ごみで処分する
  • 不用品回収業者に依頼する
  • リサイクルショップを利用する

比較的安い費用で処分できる方法は、粗大ごみとして処分する方法です。お住まいの地域によって値段が異なります。座椅子のサイズによって料金が異なる地域もありますので、ご参考ください。

多くの場合は、粗大ごみとして処分するときは事前予約が必要で有料です。ご自身のライフスタイルにあった処分方法をオススメします。忙し方や時間や手間を省いて、処分したい方は断然粗大ごみとして処分するのがオススメ!お電話1本で即日回収が可能です。

座椅子だけではなく、大量のゴミがある場合や、粗大ごみとして処分できない不用品がある方は利用すると良いでしょう。

座椅子の捨て方3選!

座椅子の捨て方に悩んでいませんか?

  • 座椅子はなにゴミで捨てたらいいのか?
  • 座椅子を捨てたいけど粗大ごみとして出すときの値段が知りたい
  • 座椅子の処分は燃えるゴミでいいのでしょうか?
  • 座椅子を安く処分できる方法を知りたい

上記のように、ゴミの分別方法が分からないなど、日頃よく捨てるものではない座椅子は、処分方法に困っている方が多く見られます。ここらは座椅子の捨て方をご紹介します。

座椅子の処分方法は下記のとおりです。ご自身にあった処分方法を選択してくださいね。

  • 粗大ごみで処分する
  • 不用品回収業者に依頼する
  • リサイクルショップを利用する

などの方法があります。

粗大ゴミで処分する

粗大ごみでも処分すれば有料になるので、買い替えのタイミングでお得に処分できます。買い替えではなく、処分を検討の方は、粗大ごみとして処分する方法も選択肢のひとつです。メリットは、処分費用が安い費用で処分できます。ただしお住まいの自治体によって、定められたルールが異なります。

指定された粗大ごみのサイズ規定が、異なることもありますので注意しましょう。座椅子の種類にもよりますが、座椅子を分解してしまう方法もあります。その場合は、分解したゴミをそれぞれ分別して処分する方法もあります。少し手間がかかることと、解体に慣れていない方は大変な作業になるかもしれません。

粗大ごみとして処分する方法は以下の3ステップです。

  1. 粗大ごみは事前予約が必要(有料)
  2. 有料の粗大ごみ処理券を購入
  3. 座椅子にシールを貼って、指定された日時に排出

お住まいの地域による違いを後述します。基本的には、粗大ゴミの回収は電話やインターネットで予約ができます。

不用品回収業者に依頼する

不用品回収業者を依頼するのにオススメの方は、とにかく時間と手間を省いて楽ちんに処分したい方。座椅子以外にも処分したいものが大量にある場合など。とても強い味方となるでしょう。お電話1本で最短即日回収が可能!まずはお気軽に無料見積もりからご相談されることをオススメします。

⇒東京都内でトラック積み放題を利用しゴミを捨てたい場合は回収パンダにお任せください!

リサイクルショップを利用する

お金をかけずに処分する方法では、知人に譲ったり、まだ綺麗な状態であるならフリマアプリやジモティーなどを利用するのも良いでしょう。座椅子を買取検討している方は、カインズで購入するなども検討されてみてはいかがでしょうか?カインズでは対象商品を購入した場合につき、無料で座椅子の引き取りをしてくれます。

Yahoo!知恵袋・Twitterで困っている人の声

Yahoo!知恵袋で困っている人の声をご紹介します。

座椅子って何ゴミで処分すればいいんですか?

引用元:Yahoo!知恵袋

座椅子を何ゴミで出すのか悩んでいる声がやはりあるようです。それにアンサーを出してくれています。

分解して、資源(金属・布)ゴミとスポンジはプラゴミに出します。

そのままだったら、粗大ゴミの区分があればそれではないでしょうか。

当方の地区では、粗大ゴミは1,000円かかるので、

極力分解してそれぞれのゴミで処分しています。

引用元:Yahoo!知恵袋

前述のとおり、分解して処分している人もいます。

座椅子の分かい方法の動画をご紹介しておきます。※座椅子の分解は自己責任でお願いします。

Twitterでも座椅子の処分に困っている方がいました。

このように地域によって捨て方がわからないという悩みを抱えている人も多いです。座椅子だったらそこまで大きくありません。なので、安く済ませるために地方の粗大ゴミで出すのがよいでしょう。

困ったら「●●地域名 座椅子 捨て方」とGoogleで検索するとよいでしょう。するとあなたの地域で座椅子をどのように捨てたらよいのがわかるでしょう。

座椅子の地域ごとの捨て方!粗大ゴミ処理券の価格は違う?

大阪市の場合

大阪市では座椅子を粗大ごみとして処分できます。

処理手数料は、200円。

大阪市で座椅子を処分するときの規定があります。家庭から排出されるゴミで、最大の長さが30センチを超えるものが粗大ごみとして処分可能。粗大ごみ処理券の購入は、大阪市内にあるお近くのコンビニ、スーパーなどで購入できます。

川崎市の場合

川崎市で座椅子を処分するときのルールは、最長辺が50センチ以上で180センチ未満の大きさの座椅子が粗大ごみとして処分できます。

料金は500円です。

横浜市の場合

横浜市で座椅子を処分するときの値段は、手数料200円で処分することができます。

長さのルールは金属辺で一番長い辺が30センチ以上のもの。それ以外の製品、例えば木製品やプラスチック製品で50センチ以上の座椅子が、粗大ごみとして処分できます。

熊本市の場合

熊本市の場合は、座椅子の大きさによって廃棄料金が異なります。
背もたれの高さ70センチ未満のものは200円
背もたれの高さが70センチ以上のものを500円で処分できます。

札幌市の場合

札幌市では座椅子は大型ごみとして処分します。木製品の座椅子は、リサイクル収集の対象になっています。

座椅子の大きさによって料金は異なります。費用は約500円ぐらい。

このように同じ座椅子でもサイズや地域によって料金が異なるのが分かります。

ビーズクッションの捨て方は?

ビーズクッションの捨て方に困った経験はありませんか?けっこうな大きさだし普通のごみとして処分してよいのか、判断に迷いますよね。

解説します。ビーズクッションの捨て方にはいくつか方法があります。

大きく分けて3つ。

  1. 粗大ごみとして処分する
  2. 分解をして普通のごみとして処分する
  3. 不用品回収業者に依頼する

粗大ごみとして処分するときは事前予約が必要で、費用は有料です。分解する場合は少し手間がかかります。

まずは中のビーズを取り外す作業をしなければなりません。粗大にもよります。多くの場合は、クッションカバーは可燃物、ファスナー部分は不燃物、ビーズはプラスチック。

詳しいビーズクッションの捨て方はこちら

車椅子の処分方法は?

車椅子の処分方法はいくつかあります。粗大ごみとして処分、不用品回収業者に依頼する、必要な方に譲る、必要としている施設に寄付する。

粗大ごみとして処分するには、事前予約が必要で有料です。

必要としている方がいる場合は、譲られると喜ばれるでしょう。

車椅子の詳しい処分方法はこちら