割れたガラス捨て方

割れたガラスの捨て方は?掃除機で吸い込むのはNG?

ガラス製品が割れた時、慌てて掃除機で吸い込んでいませんか?

それは大きな間違いです。

掃除機を使い、そのまま吸い込むと掃除機内部を傷つける恐れがあります。

今回は割れたガラスの捨て方の方法や、注意点についてご紹介します。

割れたガラスの捨て方!注意するべきことは?

小さなお子さんがいるご家庭では、「子どもがケガをしたら危ない」と割れたガラスを急いで処分しようと思いますよね。

その結果、自分の指を切ってしまったという経験をされた方も多いでしょう。

ガラスを捨てる時は「あせる」「あわてる」は禁物です。

割れたガラスの捨て方

<用意するもの>

  • 軍手や厚手のゴム手袋
  • スリッパ
  • 掃除機、またはホウキとチリトリ
  • 新聞紙とビニール袋(新聞紙がない場合は雑紙でもよい)
  • 捨ててもよい雑巾や布(数枚)
  • 古いストッキング
  • 輪ゴム
  • ガムテープ(なければセロハンテープでも可能)

割れたガラスを片付ける方法

<準備>

スリッパを履く

スリッパを履いてからスーパーで使うサイズのビニール袋を履きましょう。

取っ手部分を足首にくくれば完了です。

軍手や厚手のゴムをつける

<ガラスを片付ける>

①ガラスが飛び散っていない場所に新聞紙を広げる

一枚ではなく数枚重ねた新聞紙を広げましょう

②慎重に割れたガラスの大きな破片を取り除く  

ガラス製品が大きければ、大きな破片も多くあると思います。

そのような時は新聞紙の上にある程度の量がたまれば、包みガムテープで止めましょう。

これを何度か繰り返してください。

取り終えたら、新聞紙に包んだガラスをそのままビニール袋の中にそっと入れます。

③ホウキとチリトリで掃く、または掃除機で吸う

大きめのビニール袋の中に、新聞紙を広げます。

ホウキとチリトリを使う時は、チリトリが入るくらいビニール袋の口を大きく広げておきましょう。

・ホウキとチリトリで掃く場合

ホウキを細かく動かし、破片が飛び散らないようにします。

  • チリトリの中まで掃く
  • ある程度、たまったらそっとビニール袋の中に入れる
  • これを何度か繰り返す

使用したチリトリは、ガラス片が残っている場合もあります。

最後に水で濡らした雑巾で拭いてください。

・掃除機で吸いこむ場合

掃除機の吸込み口にストッキングをかぶせゴムを巻いて固定しましょう。

  • 残ったガラスの破片を吸い込む
  • 掃除機のスイッチを入れたまま、ビニール袋の中までノズルを入れて、スイッチを切る
  • これを何度か繰り返す

④布や雑巾で拭き取る・またはガムテープに貼りつける

  • 水で濡らした雑巾で、さらに細かいガラス片を拭き取る
  • ガムテープの粘着面を床につけて、ガラス片を貼りつける

ポイント

かなり細かいガラス片は目で見えないことがあります。

できるだけ、顔を床に近づけて横から見ましょう。

キラキラとしたガラス片を見つけることができます。

アイリスオーヤマ公式通販サイト「アイリスプラザ」でも説明していますので、参考にしてください。

<後片づけ>

スリッパの上から履いたビニール袋を取り外します。

足首に巻いた部分を外す時は、外面が内面になるようにユックリとビニール袋をクルクルと巻きながら、下にさげていきましょう。

最後は床に触れていたビニール面が中にくるように、ひっくり返すようにして脱ぎます。

足に使用したビニール袋や雑巾、ストッキングは、再利用せず捨てましょう。

参考動画

割れたガラスを捨てるときに注意すべきこと

割れたガラスを片付けた後は、しっかりと処理をしましょう。

ガラスだけを自治体のごみ回収箱に入れると、誰かがケガをする可能性があります。

  • ガラス片の入った新聞紙をしっかりとガムテープで固定
  • ビニール袋一枚だと破れてしまう恐れがあるので、2重にする
  • ビニール袋にマジックで「ガラス注意」割れガラス」「割れもの」など大きく書く※各自治体によって書き方がありますので、確認してください

自治体のゴミ収集車がわかるように書いておくことが大切です。

割れたガラスを燃えるゴミ?不燃ごみ?粗大ゴミ?

割れたガラスの「ゴミ」分類は各自治体によって異なります。

不燃ごみ 食器・窓等のガラス、食器・花瓶等の陶磁器、なべ・フライパン等の金属、ペットボトル等のプラスチック(分別収集している区市町村があります。)等

引用元:東京都環境局HP

となっています。

ガラス製品

注:割れたガラスなどの鋭利なものは、紙などに包んで、袋に「キケン」と表示してください。

引用元:板橋区

 われたもの(ガラス・陶器など)の出し方

散乱すると危険ですので、厚紙などで包み、「ガラス」「陶器」などと品物名を表示して、週2回の「燃えないごみ」としてお出しください。

 なお、一番長いところの長さが50cm以上の場合は、「粗大ごみ」としてお出しください。

引用元:横浜市

せともの、鍋、やかん、フライパン、ガラスのコップ、ポリバケツ、たらい、洗面器、ガスレンジ、電子レンジ、ステレオ、ラジオ、テープレコーダー等の90センチメートル未満の家電製品、ガラスくず、電球、耐火性ガラス、髭剃り、掃除機、食器乾燥機、化粧品や薬品のびん、食用油びん、油かん、一斗かんなど

引用元:さいたま市

横浜市のようにサイズにより「不燃ごみ」「粗大ゴミ」が、決まっている自治体もあります。

ガラス以外にも付属しているものの捨て方

ガラステーブルや、ガラスケース、ガラスつきの食器棚は、粗大ゴミとなります。

調布市の粗大ゴミ

原則として、家庭電化製品類・自転車・冷暖房器具・タンス・テーブルなどで、最大辺が40センチメートル以上のものが「粗大ごみ」に該当します。

最大辺が40センチメートル未満のものであっても一般収集に支障があるもの(ストーブ・カセットコンロなど)は、粗大ごみとして扱います。

引用元:調布市

食器戸棚・茶だんす

高さ及び幅90cm以下 780円

高さ又は幅90cm超 1,170円

千葉市

大阪市の粗大ごみ

食器棚(幅・奥行・高さの合計が2メートル未満) 400円 

食器棚(幅・奥行・高さの合計が2メートル以上2.5メートル未満) 700円 

食器棚(幅・奥行・高さの合計が2.5メートル以上) 1,000円

テーブル(天板の最大の辺又は径が1メートル未満) 400円 

テーブル(天板の最大の辺又は径が1メートル以上) 1,000円 

引用元:大阪市

ガラステーブルやガラスケースは、「ガラス製品」としての「ゴミ」分類はありませんでした。

「ごみ」の分類は「粗大ごみ」となります。

ガラス以外にも付属しているものは、サイズによって処分する方法が違います。

お住いの自治体に、ご確認ください。

<h2>割れたガラスが大量にある場合は業者に依頼するのもあり</h2>

窓ガラスや大きなガラスケースが、ちょっとした地震で割れることもあるかもしれません。

大量のガラスが割れた場合は、不用品回収業者に依頼するのもオススメです。

もし大量に割れたガラスを片付けられないなら、その場には入らないでください。

その後、不用品回収業者に相談してみましょう。

まとめ

ガラス製品が割れると、かなりの範囲まで散らばっています。

「この辺までかな」と落としたあたりだけを片付けていると、数日後まったく別の場所でガラス片を見るけることもあるでしょう。

目に見えないほどのガラス片でも、刺さるとかなり痛いです。

また目線が下の幼児が誤飲することもありますので、割れたガラスは念入りに片づけを行いましょう。

弊社では割れたガラスも回収いたします。⇒回収パンダ