ワードローブの処分方法5選!粗大ゴミで捨てられる?

洋服や鞄、ファッション小物などを使いやすく収納できるワードローブ。

でも不要になっていざ捨てようと思ったとき、大きくて重いワードローブの処分はひと苦労ですよね。

今回の記事ではワードローブの処分方法5選をご紹介します。

粗大ゴミでの捨て方や解体方法、手間をかけずにサッと捨てる方法もご紹介しますよ。

「ワードローブってどうやって捨てればいいの?」とお悩みの方は、ぜひご自身にぴったりの方法を見つけてくださいね。

ワードローブの処分方法5選!

ワードローブの処分方法5選!

ワードローブの処分方法は5つあります。

  • 粗大ゴミで捨てる
  • 不用品回収業者に依頼する
  • リサイクルショップなどで売る
  • 知人にあげる
  • 家具店などに引き取ってもらう

ワードローブは素材や大きさも製品によってさまざま。

自分の持っているワードローブにはどの方法が最適か考えながら見ていきましょう!

粗大ゴミで捨てる

ワードローブは粗大ゴミで捨てられます。

自治体に不用品を粗大ゴミとして回収してもらうには、「粗大ごみ処理手数料」を支払う必要があります。

ワードローブの手数料の相場は、400円〜3,000円ほど。

家具の大きさや自治体によって費用が大幅に違ってくるのが特徴です。

また、自治体によっては「2m以上のものは回収できない」などのルールがあるので注意が必要です。

ワードローブの大きさが100cm未満かつ自分で収集場所まで運べる重さなら、粗大ゴミで捨てるのがオススメ。

注意したいのは粗大ゴミの回収日は自治体によって決まっているという点。

引っ越しシーズンや年末の大掃除シーズンなどごみ処理センターが混雑する時期は、回収を申し込んでから1ヶ月以上待つ場合も…。

「この日までに手放したい」とあらかじめ予定の決まっている人は計画的に早めに申し込むようにしましょう。

粗大ゴミで捨てるのがオススメな人

  • ワードローブの大きさが100cm未満で自分で運べる重さ
  • 粗大ゴミの回収日まで待てる

不用品回収業者に依頼する

ワードローブを「手間なく処分したい!」という方にオススメなのが不用品回収業者に依頼する方法。

依頼すれば家まで引き取りに来てもらえるので自分で運ぶ必要がありません。

大きくて重いワードローブは自分で運ぶのはひと苦労です。

普段重いものを持たない人が無理をすると、腰や手・足を痛めたりとケガをしてしまいがち。

プロに頼めば安全・確実に素早く処分できますよ。

また、自分の都合に合わせて回収日を決めることが可能。

ワードローブは場所を取る家具なので、要らなくなったらできるだけ早く処分したいですよね。

不用品回収会社に依頼すればすぐに手放せるのも嬉しいポイント。

デメリットは他の方法に比べて費用がかかることです。

業者によってはまとめて捨てるとお得になるプランもあるので、ワードローブの他にも処分したい不用品がある人にもオススメ。

不用品回収業者に依頼するのがオススメな人

  • 仕事や家事で忙しく手間なく捨てたい
  • 重いワードローブを自力で運ぶのが不安
  • 他の不用品もまとめて捨てたい

リサイクルショップに引き取ってもらう

状態の良いワードローブならリサイクルショップで引き取ってもらえます。

傷や汚れがなく使用年数の少ないワードローブなら買い取ってもらえる可能性が高くなります。

ブランドのワードローブを使っている人にもオススメ。

店によっては出張買取に対応しているので、自分で持っていくのが難しい人は出張買取サービスがある店舗を探すのがいいでしょう。

状態の良いブランドのワードローブをもっていて手放したい人はリサイクルショップに売るのがオススメです。

知人にあげる

もし知り合いにワードローブが欲しい人がいるならあげる方法もあります。

知人はタダでワードローブを入手でき、自分も費用なく手放せるのが嬉しいですね。

ただし運搬を自分たちでする必要があります。

知人にあげる方法がオススメな人

  • ワードローブを欲しい知り合いがいる
  • 自分たちで運搬できる

家具取り扱い店に引き取ってもらう

実は条件を満たせば家具店で引き取ってもらうこともできます。

店舗によって条件や費用は異なります。

例えばニトリの家具引き取りサービスなら、新しい家具をニトリで購入した場合、

購入された家具(組立家具は除く)と引取りする家具が同数量または同容量までであれば1注文につき3300円(税込)で引取りができます。(一部地域を除く)

ニトリネットのうれしいサービスご紹介

家具取扱店に引き取ってもらうのがオススメな人

  • 家具引き取りの条件を満たす(新しい家具の購入など)
  • 家まで引き取りに来てほしい

ワードローブを粗大ゴミで捨てるときの解体方法

ワードローブを粗大ゴミで捨てるとき、「規定のサイズを超えているから小さくしたい」「持ち運びやすくしたい」などの理由で自分で解体しようとする方もいると思います。

ワードローブの解体は想像以上の労力と時間がかかるので正直オススメできません。

どうしても自分で解体したい、という方は以下の方法を参考にしてみてください。

用意するもの

  • ドライバー
  • メガネレンチなど六角ボルトを外せるもの
  • ノコギリ(切断する必要がある場合)

手順

  1. 大きな扉から外していく
  2. 収納部分の横壁の連結ビスを外す
  3. 上下の横板のボルトを外す
  4. 必要に応じてノコギリで小さく切断する

ワードローブの解体方法まとめ

ワードローブの解体方法を5つご紹介しました。

ご自身の都合に合わせて最適な方法で処分しましょう。

大きくて重いワードローブは、不用品回収業者に依頼するのがオススメです。

回収パンダでは、お客様のご都合のよい日時に回収に伺います。

ワードローブの他にもさまざまな家具・家電を回収いたしますので、お気軽にご相談ください。