和光市不用品

【和光市】不用品の買取・回収処分・遺品整理は即日対応可能の回収パンダ!

いつものゴミで回収されない家具や家電。そのような時はわざわざお住いの自治体の粗大ごみ収集を調べる必要があります。

多忙な方には粗大ゴミの捨て方や回収してくれないゴミの選別をわずらわしく思うかもしれません。

そのような時は不用品回収業者に依頼するのも一つの方法です。

回収パンダでは自治体でも回収してもらえない家電製品も回収または買取を行っています。⇒回収パンダの詳細はこちらからどうぞ

埼玉県和光市で捨てられる粗大ゴミは?

和光市では縦24cm・横24cm・高さ35cmを超えるものが粗大ゴミの扱いとなります。

  • タンス
  • ベッド
  • 布団
  • 自転車
  • ストーブ
  • 掃除機
  • テーブル
  • カーペット
  • いす

など、一斗缶大におさまらないものを基準としています。

しかし、テレビ・冷蔵庫・洗濯機・エアコンなどは、国の法令により家電リサイクルとして処分するようになっています。

これらの家電は、どこの自治体でも引き取ってもらえず、家電製品を購入した家電量販店や、不用品回収業者に依頼しなければなりません。

このように粗大ゴミの大きさでありながら、粗大ゴミでは出せないものもあります。

和光市の粗大ゴミ収集は戸別収集とクリーンセンターへの持ち込みがあります。

戸別収集は予約後、約1ヶ月ほどの日数がかかり、待っていられない人もいるでしょう。

しかし、和光市の粗大ゴミをすぐに処分する方法はあるのです。

家電製品を処分する場合はリサイクル料金を支払います。

処分する方法を変えれば、もしかするとあなたにとってオトクになることもあります。

回収パンダの埼玉県対象エリア

埼玉県和光市の自治体で捨てられない粗大ゴミ・不用品処分方法3選

和光市で捨てられない不用品や粗大ゴミはどのように処分したらいいのかと悩まなくても済む方法を紹介します。

あなたには不用品でも、使えるものならオトクに処分できるでしょう。

不用品回収業者に依頼

不用品回収業者に依頼すると、自治体のような粗大ゴミなのか回収してもらえないものなのかなど、悩まなくてもいいのです。

もちろん、重いものを持つ必要もありません。

自治体では戸別収集は玄関先まで粗大ゴミを出す必要があります。

しかし、不用品回収業者なら家の中まで取りに来てもらえます。

最近ではトラック積み放題パックのサービスを行っている不用品回収業者が増えてきました。

多くの不用品がある場合、自治体のクリーンセンターに持ち込むと重量で処分費用が計算されます。

もしかすると、不用品回収業者に依頼する方がオトクかもしれませんよ。

リサイクルショップに依頼(回収パンダでも出張買取を行っております)

リサイクルショップに依頼すると、出張買取を行ってくれます。

これはオトクな情報ですよね。

電化製品の場合は、5年未満の使用のものであれば買い取ってくれる可能性が高いです。

しかし、リサイクルショップでは買取価格がつけられない不用品は回収してもらえません。

不用品回収業者では、不用品の回収と買取を行ってくれます。

回収パンダでも買取を行っています。

フリマアプリなどで売る

フリマアプリは自分の思う価格がつけられるので、オトクになるでしょう。

気をつけてほしいのは電化製品の出品です。

電化製品はトラブルも多いのが現実です。

例えば、あなたが売りたい電化製品が正常に作動するかどうか確認を行いました。

その後、出品し購入者が出てきます。

購入者の自宅に電化製品が到着すると動かないという恐れも。

配達の段階で乱暴に扱われてしまい、動かなくなったかもしれません。

しかし購入者にとっては「出品者が動作確認をしなかった」と不快な思いをしていることもあります。

  • 電化製品を出品する場合は「動作確認済み」と記載する
  • 電源ランプがつく場合は、画像に載せる
  • 配達会社に「丁寧に取り扱ってほしい」と伝える

などの配慮をしましょう。

フリマアプリはトラブルになると、さらに大きな問題となります。

また、フリマアプリで電化製品を購入する方は、動作確認済みかどうかを出品者に確認することも必要です。

遺品整理で不用品回収業者を頼む場合の注意ポイント

遺品整理にはさまざまな整理があります。

遺品整理の作業は主に「仕分け」というものから始めます。

おおまかに分けると、書類・形見・不用品といったものでしょう。

しかし、遺品整理を業者に依頼すると大きなトラブルもあります。

  • 処分してほしくないものを処分された
  • 見積もりよりも費用がかかった

これは悪徳業者でなく、きちんとした遺品整理でも起こるトラブルです。

今は立ち合い不要の遺品整理があります。

全てを業者に任せてしまうと、処分されるものもあるでしょう。

このようなトラブルを回避するためにも遺品整理の立ち合いは必要です。

見積もりよりも費用がかかった場合は、他のことも依頼していませんか?

消臭や殺菌、害虫駆除といった特殊清掃を依頼した場合は、別料金がかかります。

見積もりを依頼する時は、まず作業内容を確認しましょう。

遺族と業者が共通認識をしていないと起こるトラブルです。

依頼する前に、かならず伝えたいことが伝わっているか、理解してくれているのかを確認してください。

このようにきちんとした遺品整理でも、トラブルがあるので、悪徳業者ならトラブルというよりも事前に考え抜かれた方法で、あなたを困らせるでしょう。

悪徳業者に引っかからない方法としては下記のようなものがあります。

  • 遺品整理士の資格、不用品回収に必要な古物商許可を確認する
  • 費用の安さで決めない
  • 見積もりは3社以上に依頼する
  • 見積り内容を確認する

これだけで、悪徳業者から逃れることができます。

そして、あなたの直感も大切な要素です。

「怪しい」と思った場合は、どんなに安くても契約は結ばないことです。

【まとめ】回収パンダは不用品回収・買取・遺品整理までお任せください

回収パンダでは不用品回収に必要な古物商許可を持ち、遺品整理士の資格を持ったスタッフがいるので、安心して依頼してください。

もちろん、買取も行っています。遺品整理で不用なものも買取可能です。

和光市の不用品・遺品整理は回収パンダにおまかせください。