植木鉢の処分方法は

植木鉢の処分方法は?費用も合わせて紹介!

植木鉢を処分したいとき、どのような方法で処分ができるのでしょうか。

自治体のゴミ回収で処分するときは、植木鉢のサイズや素材によって指定された自治体のルールに基づいた方法で処分しなければなりません。

植木鉢や素焼きが大量にあるときなどは、不用品回収業者などに依頼すると、一度で処分ができて便利です。

植木鉢、素焼きを処分する方法などをご紹介します。

植木鉢の処分方法は不燃ごみ?粗大ごみ?

家庭ごみとして処分することができる植木鉢。ただしお住まいの地域のルールに沿ったゴミ出しが必要となります。

植木鉢が30㎝以内であれば不燃ゴミ、30 ㎝を超える場合は粗大ゴミとして処分する必要が出てきます。

植木鉢素材のゴミの分別は、プラスチック製は可燃ゴミ、金属、陶器製は不燃ゴミとして分別可能。

しかしお住まいの地域によってルールは異なります。

自治体で植木鉢を回収できないケースでは、大量の植木鉢を処分したいときや、土も処分したいとき、大きくて植木鉢が重い場合などは処分できないこともありますので、事前に確認が必要です。

そんなときは、不用品回収業者に依頼すると便利です。

植木鉢がどれくらいの大きさだったら粗大ごみになる?

植木鉢はさまざまな素材でできています。

プラスチック製、金属、陶器など植木鉢の素材でゴミの分別方法は変わります。

しかし各自治体にもよりますが、植木鉢が30センチ角を超える大きさの場合は粗大ごみとして扱うケースが多いです。粗大ゴミとして処分するときは有料です。

粗大ごみの受付センターで申し込みシールを購入します。

捨てるものに購入したシールを貼り付け定されたゴミの日時、場所に持っていき粗大ごみとして処分しましょう。ここからは各地域の植木鉢の処分ルールをご紹介します。ご参考ください。

東京都新宿区の場合

東京都新宿区では、植木鉢(素焼き、陶器製)、一辺の長さが約30㎝を超えるものは粗大ごみとして金属、陶器、ガラスごみの日に処分します。

植木鉢がプラスチック製の場合は、一辺の長さが約30㎝を超えるものは粗大ごみとして燃やすごみの日に処分します。

素材により分別方法が変わることは理解しておく必要があるのです。

大阪市の場合

植木鉢が金属製で一番大きな辺、もしくは径が30㎝以下のものは資源ごみとして処分します。

素材がせともの、陶器、プラスチック製、木製の場合は最大の辺、もしくは30 ㎝を超える植木鉢は粗大ごみの収集受付センターに申し込み処分します。

注意点としては、プラスチック製の植木鉢でも容器包装プラスチックの対象ではありません。

京都市の場合

京都市の場合、植木鉢は燃やすごみとして分別されて、1回の処分で2袋まで処分ができると指定されています。

重さは片手で持てるぐらいの重さです。それ以外のものは大型ごみとして処分します。

横浜市の場合

植木鉢の素材が素焼き、陶器製の場合、新聞などに包んで品名を表示します。

50㎝以上の植木鉢は粗大ごみに燃えないごみとして処分します。植木鉢の素材がプラスチック製、木製、50㎝以上のものは粗大ごみに燃やすごみとして処分します。

植木鉢や素焼きが大量にあったときは不用品回収業者に依頼するのが吉?

植木鉢が大量にあるときや、他のモノもまとめて処分したいときは、不用品回収業者に依頼すると便利です。

自治体の回収で処分するときは、ゴミを出す日が指定されていたり、ゴミの細かな分別、各自治体によってもルールは異なります。

時間と労力はかかるため、手間を極力省きたい方や、その日中にスッキリ処分してしまいたいときは、不用品回収業者は強い味方となるでしょう。

植木鉢だけではなく土も処分したいとき、多くの自治体では土だけを回収しているところはありません。そんなときは、専門業者に依頼することでまとめて処分できるのでオススメです。

残土の処分方法は?

残土の処分方法や料金は土嚢袋の数や鉢の数などで料金も変動します。

また土嚢袋は袋が指定されているケースもあるので、残土を袋につめこむ前に処分依頼する業者に事前に確認しておきましょう。

残土処分をする方法は、専門業者に依頼する、残土をほしい知人がいれば譲る、庭があるなら撒いてしまうなどがあります。

自治体での処分は各お住まいの地域により異なりますが、処分できないケースが多いです。

販売店や専門業者に依頼すると、有料ではありますが、時間と労力を考えると選択肢のひとつでしょう。

⇒残土の詳しい処分方法はこちら

【まとめ】植木鉢や素焼きの処分方法

植木鉢、素焼きを処分する方法は自治体に回収してもらう。

植木鉢のサイズ素材によって、ごみの出し方が異なるため注意しましょう。植木鉢が大量にあるケースや、土などもまとめて処分したいときは不用品回収業者に依頼しましょう。

ゴミステーションに運ぶ労力も不要で、自宅で待っているだけで、一度にお庭も片付きスッキリ処分できるでしょう。