タンス処分

タンスの処分方法5選!解体すれば無料で処分できる?

「タンスを処分したいけど重くて大きいから運べない…」

「サイズが大きすぎて粗大ごみで捨てられない」

など、タンス処分でお困りの方はいらっしゃいませんか?

この記事では、タンス処分方法5選タンスの解体方法についてご紹介します。

タンスの処分方法5選

タンスを処分する方法は5つあります。

  • 自治体のごみで捨てる
  • 引越し業者に引き取ってもらう
  • 不用品回収業者に依頼する
  • リサイクルショップで売る
  • 知り合いに譲る

とくにオススメなのは、自治体のごみで捨てる方法不用品回収業者に依頼する方法です。

処分費用を安く済ませたいなら自治体のごみで捨てるのがいいでしょう。

手間をかけずに処分したい場合やタンスの他にも捨てたい不用品がある場合は、不用品回収業者に依頼するのがオススメ。

使用年数が少なく状態のいいタンスなら、リサイクルショップなどで売るのも一つの選択肢です。

ここからはタンスの処分方法5つをそれぞれご紹介します。

自治体のごみで捨てる

ごみ収集車の後ろ

タンスは自治体の「粗大ごみ」もしくは「燃えるごみ」で捨てることができます。

粗大ごみの場合は有料(ごみ処理手数料)、燃えるごみで捨てる場合は無料

燃えるごみで捨てたいなら、規定のサイズに収まるようにタンスを解体する必要があります。

また、粗大ごみに大きさに上限がある場合、規定サイズよりも大きいタンスは解体する必要が出てきます。

家具類の解体して燃えるごみで捨てるのを認めておらず、粗大ごみを利用することを推奨してる自治体もあるのでご注意ください。

ごみのルールは自治体によって違うので、お住まいの市町村のホームページや窓口で確認しましょう。

ここでは東京都足立区を例にご説明します。

足立区の場合、「一辺の長さが30cmを超えるもの」は粗大ごみ。

つまり、タンスを解体して長辺を30cm以下に切断すれば、燃えるごみで無料で捨てることも可能です。

足立区でタンスを粗大ごみで捨てる場合は、800円〜2,600円。

タンスの大きさによって金額が異なります。

粗大ごみの出し方は、「戸別収集」と「ごみ処理施設への持ち込み」の2つ。

戸別収集は、自宅前や指定場所に粗大ごみを出しておくと指定日に収集してもらえます。

事前申込が必要なので注意しましょう。

ごみ処理施設への持ち込みは車で直接搬入します。

処理料金が安くなるのがメリットです。

タンスを解体するのは意外と簡単なものの、解体した後にすべての部品を30cm以下に切断するのは大変な手間がかかります。

電動ノコギリを持っていて使い慣れている方でないとタンスの切断は現実的ではないでしょう

「どうしても無料で燃えるごみで捨てたい」という方は、記事の後半でタンスの解体方法についてご紹介していますので参考にしてみてください。

引越し業者に引き取ってもらう

引越し業者のなかには、家具や家電など不用品の回収サービスをおこなっている会社もあります。

もしあなたが引越しの予定があるなら、引越し業者の不用品回収サービスを利用するのも一つの方法です。

不用品の回収サービスは実施していない会社も多いので、利用したい場合は事前に確認しましょう。

引越し業者を利用するメリットは、引越し作業と同時に不用品の処分ができるので手間がかからない点。

デメリットは、回収費用が不用品回収業者などに比べると割高になる点です。

また、引越しの予定がない場合には利用できません。

不用品回収業者に依頼する

左腕を曲げてポーズをとる青い作業着の男性

不用品回収業者に依頼すれば、自宅までタンスを引き取りに来てもらえます。

「タンスが重くて運べない…」

「手間なくすぐにタンスを処分したい」

という場合は、不用品回収業者に依頼するのがオススメ

不用品回収業者に依頼するメリットは、

  • タンスを運ぶ必要がない
  • 回収日時を指定できる
  • 他の不用品も一緒に処分可能
  • 買取してもらえることも

など。

買取もおこなっている不用品回収業者に頼めば、買取査定をしてもらえます。

もし買い取ってもらえれば、回収費用に回すことができるのでとってもお得。

不用品回収業者に依頼するなら、買取にも対応している会社がオススメ。

タンスの他にも家具や家電などまとめて回収してもらえるので、一気に不用品を処分することができます。

回収パンダでは、タンスを含むさまざまな不用品の回収・買取を承っております。

タンス単体の回収はもちろん、積み放題プランも量別に4種類。

ご希望の回収不用品の量に合わせて最適なプランをご提案いたします。

回収パンダのご利用の流れや各種プランはこちら

また、お客様によくご利用いただいているのが「マットレス」の回収です。

マットレスは折り畳めないタイプのものは持ち運びが大変で、サイズによっては普通車に入らないことも…。

自治体によってはスプリング入りのマットレスは粗大ごみでも捨てられないなど、処分に困っている方が多いです。

さまざまな種類や大きさのマットレスの処分方法

マットレスの処分も回収パンダにお任せください。

リサイクルショップに売る

状態の良いタンスならリサイクルショップで買い取ってもらうことも一つの方法です。

傷や汚れがあったり歪んで引き出しや扉の開け閉めがしにくいなど、不具合があると買取してもらえないことも…。

リサイクルショップで売るには、店舗まで直接持って行くか出張買取サービスを利用します。

店舗まで持って行って買取査定を依頼し、買い取ってもらえない場合は持って帰る必要があるので注意しましょう。

出張買取サービスは自宅まで査定に来てもらえる便利なサービスです。

しかし、出張費がかかったり品目によっては事前に断られることもあるのでご注意ください。

リサイクルショップで売る方法は、売れなかったらタンスを手放せないのが難点。

知り合いに譲る

周りの知り合いでタンスが必要な人がいるなら譲るのもいいでしょう。

タンスを宅急便で送るのは難しいので、車で持っていける距離の人に声をかけるのがオススメ。

直接の知り合いではなくても、「ジモティ」などネットの地域掲示板で欲しい人を募集する方法もあります。

個人間でのやり取りになるのでトラブルには充分ご注意ください。

事前にどちらが運搬するか、引き渡し日時と場所など確認しておきましょう。

タンスの解体方法

「タンスを車に乗せられる大きさに解体したい」

「燃えるごみで出せる大きさにしたい」

という方は、以下の動画を参考にしてみてください。

こちらの動画では、トンカチと平タガネを使ってタンスを解体しています。

動画を見ていただくとわかるように、タンスをそれぞれの部品に解体することはそれほど難しくありません。

車でタンスを運ぶために解体したいならこの動画の方法で充分です。

しかし、燃えるごみで出すなら、自治体の指定サイズ以下になるようにここから更に切断する必要があります。

ノコギリで切断するのは、手動・電動タイプどちらでも慣れていないと重労働。

ケガをする危険もありますので、タンスは解体ではなく粗大ごみ収集や不用品回収業者に依頼するのがオススメです。

運べないタンスの処分は回収パンダにお任せください

タンスはもちろん、その他の不用品の回収・買取も回収パンダにお任せください。

回収パンダでは最短即日対応が可能ですので回収までお待たせしません!

お仕事などで日中の立ち合いが難しい方のために、遅い時間帯でもご依頼を承っております。

対応可能地域は、東京・千葉・神奈川・埼玉。

お見積もりは無料ですので、ぜひお気軽にご相談ください。

回収パンダの無料見積もりはこちら