出張買取の注意点!トラブルにはどんなことがある?

出張買取の注意点!トラブルにはどんなことがある?

自宅に居ながら査定・買取・引き渡しまで完了できる「出張買取」。

店舗に持って行く必要が無いので、忙しい人に嬉しい便利なサービスですが、注意したい点もあります。

それは、悪徳業者による「押し買い」や「詐欺被害」などのトラブルです。

この記事では、出張買取の実際に起きたトラブルの例や注意点、悪徳業者の見分け方について解説します。

あらかじめ出張買取の注意点を理解して、怖いトラブルに遭わないようにしましょう。

不用品回収でぼったくりに合わないためには?

出張買取のトラブルの例と注意点は?

出張買取のトラブルの例と注意点は?

出張買取を利用した人のトラブルの実例をご紹介します。

悪徳業者のやり口を知っておくことで、怖い詐欺被害に遭わないように注意しましょう。

売りたくないものを押し買いされそうになった

不用品の出張買取依頼をしたら
「貴金属をみせてほしい」と言われたので
祖母の形見の指輪を見せたら

「何も買取せずに会社に帰ったら怒られるから
指輪を買取させてほしい」と頼まれた

不用品を買い取ってくれれば
丸く収まると思うんだけど、不用品は買取できないらしい

なぜ~?— 佐藤ななお@劇的汚部屋脱出ママ (@nanaosatou) January 11, 2020

自宅にやって来て強引に高価なものを買取する「押し買い」。

この方は不用品回収業者だと思って依頼したら、押し買いされそうになったようですね。

このように、偽りの情報をネットや掲示板などに載せている場合があります。

また、買取依頼していないのに突然訪問してきて、無理矢理買い取ろうとするパターンも多いです。

高齢者を狙った押し買い被害も多く報告されているので、注意が必要。

「不用品を買い取るというので家に来てもらったら強引に貴金属を買い取られた」など、自宅で物品を買い取ってもらう際の訪問購入に関する相談が全国の消費生活センター等に寄せられています。特に60歳以上の高齢者の割合が全体の約7割を占めているのが特徴的で、中には終活でまとまった不用品を処分する際にトラブルに遭うケースもみられます。

(引用:国民生活センター

押し買いする詐欺師は、情に訴えようとしてくるもの特徴です。

  • 「上司に怒られるから買って欲しい」
  • 「今日買い付けができないとクビになる」
  • 「助けると思って売ってくれ」

など、通常の営業では考えられないような態度が見られたら要注意。

また、泣き出して憐れみを買おうとしたり、逆に高圧的な態度で威圧してくる場合も。

断ってもなかなか帰ってくれないことが多いので、そんな時は「警察に電話しますよ」などと毅然とした態度で対応しましょう。

買取してもらえず逆に処分費用をぼったくられた

家電を出張買取してくれる有名な業者はありますか? 以前、出張買取を頼んだ業者に来て早々「これは処分になりますね」と言われ、逆に2万円を持っていかれました。後々聞くと、騙されていたようです。同じ思いをし たくないので質問させて頂きました。

引用:Yahoo!知恵袋

買取金額を安くされないか不安

このように、「出張買取で買取価格を安くされ過ぎないか不安」という方もいますよね。

出張買取は、まず査定をするので、査定価格に納得できなかったら断ることも可能です。

しかし、悪徳業者の場合、相場よりも安過ぎる価格で買い取りしようとしてくるので注意しましょう。

インターネットの中古サイトやオークションサイトなどで、事前に大体の相場を確認しておくのがオススメ。

バイクを買い取ってもらった後のトラブル

この方の場合、中古のバイクを売ろうとしてバイクの出張買取を利用したら、詐欺被害にあったようですね。

「盗難車かも」と嘘で不安を煽り、「無料で引き取りますよ」という言葉で、あたかも手助けしてるように見せかけて騙しています。

このような被害に遭わないために中古車を購入するときには、

  • 防犯登録の抹消手続き控え
  • 譲渡証明書

必ずこの2つを確認・取得しておきましょう。

出張買取のトラブルに合わないためにオススメのネットオークション

出張買取の代わりにネットオークションを利用するのも一つの方法です。

出張買取とネットオークション、それぞれのメリットとデメリットを解説します。

 メリットデメリット
出張買取

・自宅まで査定に来てもらえる
・運搬や梱包の手間がない
・訪問日時を設定できる

・悪徳業者とトラブルになる可能性がある
・人件費や運搬費が差し引かれるので買取金額が安くなることも

ネットオークション

・販売価格を自分で設定できる
・悪徳業者とトラブルにならない
・手間と時間がかかる
・売れない場合もある

ネットオークションは、出品や落札者とのやり取り、梱包など手間と時間がかかります。

しかし、悪徳業者に引っかかる心配はありません。

「時間と労力をかけてもいい」という人は、ネットオークションで不用品を売るのもいいでしょう。

出張買取に依頼する場合は違法業者か調べる方法

出張買取に依頼する場合は違法業者か調べる方法

出張買取で、違法な悪徳業者に引っかからないための方法を3つご紹介します。

  1. 会社の営業実態を確認する
  2. 資格があるか確認する
  3. 見積もりを依頼してみる

会社の営業実態を確認する

会社のホームページなどで、ちゃんと営業実態があるか確認しましょう。

住所・電話番号・事業内容などが明記されているかが重要です。

また、おおよその金額が記載されているかもチェックポイント。

しっかり確認して信頼できる会社か見極めましょう。

資格があるか確認する

出張買取業者で必須なのが「古物商許可証」という資格。

この資格がない会社は、中古品の売り買いをしてはいけません。

古物商許可証には、それぞれ12桁の許可番号があります。

許可番号が記載されているかも要チェック。

見積もりを依頼してみる(何社かに見積もり依頼するのもオススメ!)

上の2つが確認できたら、見積もり依頼をしてみましょう。

電話やメールなどの応対をみて、信頼できる会社か確認できます。

電話が繋がらない場合や、24時間対応と謳い文句がある場合は要注意。

何社かに頼めば、明らかに安い、「持ち帰ってから傷を調べるので、査定額が低くなる可能性もありますよ」といわれた業者は断りましょう。

出張買取の契約破棄はクーリングオフを使う

出張買取にはクーリングオフが適応されます。

売ってしまった後でも、クーリングオフを利用することで契約破棄が可能。

安心して出張買取を利用できますね。

しかし、以下の場合はクーリングオフが適応されないので注意しましょう。

  • 引っ越しに伴う利用
  • 対象外のもの(家具・持ち出しが困難な家電・書籍・DVDなど)
  • すでに一度利用したことのある会社

【まとめ】出張買取の注意点は?トラブルに合わないために

自宅に居ながら完結できる便利な出張買取。

残念ながら、詐欺まがいの悪徳業者も存在するので注意が必要です。

出張買取で詐欺被害に遭わないためには、以下のことに気をつけましょう。

  • アポイントメントなしの押し買いには対応しない
  • 依頼まえにホームページなどをしっかりチェックする
  • 取引書類の控えなどを保管しておく

古物商免許のある回収パンダでは、出張買取にも対応しています。

免許・許可証 古物商許可証 東京都公安委員会 第308942016367号

まずは、ぜひお気軽にご相談ください。