炊飯器処分方法

炊飯器の処分・捨て方は?地域によってどう違うのか紹介

長年使っていて故障や買い替えのタイミングで不要になった炊飯器。

意外と炊飯器の捨て方を知らない人は多いようです。

炊飯器はゴミの分類や捨て方が各地域によっても変わるので、安易に捨てることができません。
自分の住んでいる地域で、炊飯器がどのゴミの分類に当たるのか調べてから処分しましょう。

今回はイマイチわからない炊飯器の正しい処分方法を紹介します。
地域ごとの捨て方の具体例なども紹介していますので、最後までご覧ください。

 

炊飯器の処分方法は?

家電などってあまり頻繁に買い替えたりしないので、処分のときにどうすればいいかわからないってことありますよね。
故障した場合や、新生活の始まりなどに買い替えを検討することが多いのではないでしょうか。

なかでも多くの人が「何ゴミに分類されるのか」という部分で迷うポイントのようです。
全国で統一ではないので、正しい処分の仕方については住んでいる地域のルールによって変わります。

一般的には自治体の定めている区分に従い、不燃ゴミとして処分します。
炊飯器のサイズによっては粗大ゴミとして分類される場合もあるので、わからない場合はお住まいの地域の自治体に問い合わせましょう。

お住まいの「市」や「区」の公式ホームページからサイズを調べることもできます。
「住んでいる地域名」+「炊飯器」+「処分」で検索してみてください。

炊飯器を不燃ゴミとして処分するときの注意点があります。
リチウム電池が内蔵されている場合などは、不燃ゴミとして処分不可なので注意してください。

家電リサイクル法によりリサイクルを推進している地域もあります。
無料回収をしている場合もあるので、できるだけリサイクルに協力しましょう。

 

粗大ゴミとして捨てる

炊飯器ゴミ

大きな炊飯器などは不燃ゴミではなく「粗大ゴミ」として処分する必要になる場合もあります。
東京都の中央区を例すると「一辺が30センチメートルを超えるゴミ」は、粗大ゴミという分類です。

粗大ゴミとして処分をする場合も各自治体に問い合わせたり、ホームページを確認しましょう。

 

ゴミ処理場で捨てる

住んでいる家の近くにゴミ処分場があるなら、ご自身で持ち込んで処分を依頼することもできます。
少々手間がかかります。しかし粗大ゴミとして処分するのに比べ、処分費用を抑えられる可能性があります。

大きな家電は持ち込むのが大変ですが、炊飯器くらいなら持ち込むことが可能ですね。

 

リサイクルショップなどに売る

炊飯器の年式が新しいもので状態が良いものは、リサイクルショップなどに買い取ってもらうことができます。
その場で引き取ってもらい、現金化することが可能です。

 

フリマアプリやオークションサイトで売る

ヤフオクやメルカリなどのフリマアプリで売ることも可能です。
ヤフオクではオークション形式で出品することもできます。

炊飯器を少しでも安く買いたいと思っているユーザーの方が購入してくれるでしょう。
自分の好きなタイミングで出品でき、予想外の利益になることもあります。

 

家電量販店の下取りサービスを利用する

炊飯器を家電量販店で買い替えるのであれば、下取りサービスを利用することができます。基本的に手数料は無料ですし、炊飯器の状態も関係ありません。

しかし、買い替えない場合は利用できないサービスなので注意しましょう。

 

不用品回収業者に頼む(他にもすてたいものがあるときは便利)

手数料をかけて処分するよりも、回収業者に買取してもらうのがお得です。
買取可能な炊飯器は買取価格がつくので現金化することができます。
無料で問い合わせ可能なので、ぜひ活用しましょう。

回収パンダでは不用品の回収を行っています。

東京都内または都内近郊にお住まいのかたは、回収パンダにお任せください。

炊飯器以外の不用品もすべて処分することもできます。

炊飯器の捨て方は地域によって違う?

各地域によるゴミの分別や、炊飯器の捨て方を紹介します。
炊飯器の大きさによっては不燃ゴミになったり粗大ゴミになったりするので注意が必要です。

小型家電には、有用な希少金属が含まれているものがあります。
限りある資源の有効活用として、拠点回収を行っている地域も多いので協力しましょう。

 

横浜市での捨て方は?

炊飯器の捨て方として横浜市では、1辺の長さが30センチメートル以下であれば金属ゴミとして処分することになります。
3合炊きほどの炊飯器なら、小さいサイズのものが多いでしょう。
ただし、炭製の内釜などは不燃ゴミとなるので注意が必要です。

1辺の長さが30センチメートルを超える場合は、粗大ゴミとなります。
この場合は、金属ゴミとして出すことができません。

横浜市では粗大ゴミを出すときに事前に申請手続きが必要です。
粗大ゴミインターネット受付ページ」から手続きができます。

品目と数量を選んで、手数料や回収日時を確認してください。
チャットでの申し込みも可能で、手軽に申し込みできるので活用しましょう。

自己搬入施設へご自身で持込むこともできます。
その場合は、事前に粗大ゴミ受付センターへの申込みが必要です。
申込みをしていない場合は、持込みができませんので注意してください。

自分で持ち込む場合の搬入先

鶴見資源化センター:横浜市鶴見区末広町1-15-1(9時~12時・13時~16時)
港南ストックヤード:横浜市港南区日野南3-1-2(9時~12時・13時~21時)
長坂谷ストックヤード:横浜市緑区寺山町745-45(9時~12時・13時~16時)
神山台ストックヤード:横浜市泉区池の谷3949-1(9時~12時・13時~16時)

施設ごとに休日や搬入時間が異なりますので、間違いがないよう「横浜市のホームページ」でも確認してみてください。

 

名古屋市での捨て方は?

炊飯器の捨て方として名古屋市では、最大辺が30センチメートル以内であれば不燃ゴミとして処分することになります。
家庭用の不燃ゴミ用指定袋に入れて出しましょう。

最大辺が30センチメートルを超える場合は、粗大ゴミとして処分することになります。
不燃ゴミ用指定袋に入るものでも30センチメートルを超えるゴミは、粗大ゴミとして処分しなければならないので注意してください。

粗大ゴミの収集は月に1回で、収集日が地域ごとに決まっていて、事前申込が必要となります。
粗大ゴミ受付センターに電話もしくはインターネットで申し込んでください。

ゴミの発生した区の環境事業所でお手続きしていただいて、処理施設にご自身で搬入する方法もあります。
詳しくは「処理施設に搬入する場合(自己搬入)」をご覧ください。

搬入先
大江破砕工場(港区)

 

杉並区での捨て方は?

炊飯器の捨て方として杉並区では、拠点回収もしくは粗大ゴミとして処分することになります。

最大辺がおおむね30センチメートルのものであれば拠点回収の対象品目に指定されています。
回収ボックスが設置してある拠点には投かんを行い、ボックスがない場合は直接職員に渡してください。

最大辺がおおむね30センチメートルを超えるものは粗大ゴミとして処分する必要があります。
粗大ゴミについては、「杉並区の粗大ゴミの出し方」をご覧ください。

回収拠点
ゴミ減量対策課(区役所西棟7階)
杉並清掃事務所
杉並清掃事務所方南支所
杉並清掃事務所高円寺車庫
環境活動推進センター(リサイクルひろば高井戸)
柿木図書館

持ち込める時間は各拠点の開設時間となります。
詳しくは「回収拠点パンフレット」をダウンロードしてご覧ください。

 

福岡市での捨て方は?

炊飯器の捨て方として福岡市では、指定袋に入って袋が破れない重さであれば、燃えないゴミとして処分できます。
指定袋に入らない大きさや重さのものは粗大ゴミとして処分してください。

粗大ゴミを処分する場合の具体例(福岡市)
粗大ゴミ受付センターに事前にいずれかの方法で申し込みます。

粗大ゴミ処理手数料を支払って指定された場所に出します。

  1. コンビニエンスストアなどで粗大ゴミ処理券を購入
  2. 粗大ゴミ処理券に受付番号(または名前)を書き、粗大ゴミに貼る
  3. 指定された場所に出す

以上で手続き完了です。

収集日は最短で申込日の1週間ほど後で、地域ごとに決まった曜日(週2回)となります。
粗大ゴミを所定の場所まで運ぶことが難しい場合は、「持ち出しサービス」も利用可能です。

さらに詳しく知りたい方は「粗大ゴミの出し方」をご覧ください。

 

炊飯器の捨て方まとめ

今回は炊飯器の捨て方を地域ごとの具体例を含めながら紹介しました。
炊飯器のような小型家電には有用な資源が含まれていますので、積極的にリサイクルに協力しましょう。

不用品が他にもあるという場合は不用品回収業者に依頼するのがオススメです。

東京都内または都内近郊にお住まいのかたは、回収パンダにお任せください。
炊飯器以外の不用品もすべて処分することもできます。
回収パンダホームページ