草加市不用品

【草加市】不用品の買取・回収処分・遺品整理は即日対応可能は回収パンダ!

回収パンダでは草加市の不用品も回収しております。

自治体で捨てられないものや、いますぐ引き取ってほしいものなどがありましたら、回収パンダまでお問い合わせください。

回収パンダの特徴

  • お客様のニーズに合ったプランを提供
  • 即日回収可能
  • 回収時間の相談
  • 少量の不用品も回収可能
  • 階段料金・出張費・作業員追加料金など無料
  • 見積もり無料
  • 不用品についてのさまざまな相談も可能

回収パンダでは遺品整理士の資格もあるので、遺族の気持ちに沿った遺品整理も可能です。⇒回収パンダの詳細を知りたい方はこちらからどうぞ

埼玉県草加市で捨てられる粗大ゴミは?

埼玉県草加市の粗大ゴミは下記のようになっています。

粗大ごみとは、市内の一般家庭から排出される一辺が50センチメートルを超える、または重さが10キログラムを超える家具類のことです。
 例えば、食器棚やタンス、本棚、机、カーペット、ふとん、自転車等が粗大ごみに該当します。
 なお、家電4品目(テレビ、エアコン、冷蔵庫、洗濯機(衣類乾燥機を含む))やボーリングの玉、コンクリートブロック、消火器等の処理困難物、事業活動に伴って排出されるものは、タンスや本棚等の家具類であっても、市ではお引き取りできません

(引用:草加市粗大ごみの出し方

安全に分解できるものであれば、「可燃ごみ」「不燃ごみ」として出すこともできます。

収集方法は「戸別収集」「直接持込」があり、どちらも事前予約が必要です。

同じ埼玉県でも「戸別収集」のルールが違います。

例えば、蓮田城岡衛生組合(蓮田白岡環境センター)では、戸別収集の際に立ち合いが必要です。

  • 蓮田城岡衛生組合(蓮田白岡環境センター):収集時に現金払い
  • 草加市:手数料を記載した納付書で市役所やサービスセンター、金融機関での支払いが可能

戸別収集は1回につき5点までとなっています。

事前予約をしてから、収集までに1ヶ月程度の期間がかかります。

いきなり断捨離をしたくなったり、大掃除をおこなった場合は、回収まで粗大ゴミと共に暮らさなければなりません。

また、せっかく模様替えをしたくて新しいものを買ったけれども、1ヶ月間は模様替えもできませんよね。

このような場合は、戸別収集よりも直接持込の方が早いです。

しかし、サイズが大きいものであれば解体にも時間がかかり、車に乗せることができないなど、悩むことが多くなりそうです。

埼玉県草加市の自治体で捨てられない粗大ゴミ・不用品処分方法3選

どうしても草加市で処分してくれないものもあります。

また、「まだ使えるのに」といった不用品もあるのではないでしょうか。

このような場合は、自治体ではなく不用品回収業者やリサイクルショップの利用をオススメします。

不用品回収業者に依頼

不用品回収業者では回収と同時に買取りもおこなってくれるところがあります。

買取価格を回収費用から差し引いてもらえるため、見積もりよりも回収費用が安くなります。

また「トラック積み放題パック」や、お客様のニーズに合ったプランを用意している不用品回収業者も多くなりました。

気をつけてもらいたいのが「悪徳業者」です。

埼玉県宮代町の公式ページでは実際に「『不要なごみがあれば回収に伺います』といった勧誘の電話があり、宮代町の衛生組合は関与しているのか」といった問い合わせがあったと書かれています。⇒宮代町HP

どこの自治体でも、このような勧誘はおこなっていません。

リサイクルショップに依頼(回収パンダでも出張買取を行っております)

リサイクルショップの出張買取も便利です。

リサイクルショップを利用する時に注意してほしいのが、ショップ選びです。

例えば、高価な外国の輸入家具をリサイクルショップで買い取ってもらいたい場合は、輸入家具専門のリサイクルショップに出張買取をおこなってもらいましょう。

リサイクルショップでは大きな家具は取り扱っていないところもあります。

一般的なリサイクルショップでは衣装ケースや2~3名で使えるテーブルなどは買い取ってもらえるでしょう。

またアンティーク調の家具や和だんすは、高価で買い取ってくれる可能性もあります。

問い合わせの際は、どのような不用品を買い取ってもらえるのかも聞いてみましょう。

回収パンダでも買取をおこなっています。⇒埼玉県の対応エリアの確認はこちらからどうぞ

フリマアプリなどで売る

フリマアプリでは、あまり大きなものは出品していません。

一般的な配達会社はサイズが160cmまでの商品しか取り扱っていないからです。

大型家電や家具をフリマアプリで出品する際は、大型配達会社に依頼しなければなりません。

しかし、フリマアプリは配達会社と提携していることが多く、その他の配達会社では送れないようになっています。

出品する時は、かならずサイズを測ってください。

大型家電や家具は「ジモティー」がオススメです。

購入者が近くに住んでいることが多く、取引も直接引き渡しのため、送料は必要ありません。

遺品整理で不用品回収業者の選び方

遺品整理は、急いでおこなうことも多いでしょう。

遺族にも仕事があり、何日間も休んではいられません。

しかし、遺品整理をおこなってくれる不用品回収業者選びは、とても大切です。

「親切だし、安い」と無許可の不用品回収業者を選ぶこともあるでしょう。

不用品回収業を開業するためには、古物商許可証が必要です。

その他にも「遺品整理士」の資格を持っていると業者をオススメします。

遺品整理士は国家資格ではありません。

そのため、古物商許可証さえ持っていれば遺品整理をおこなうこともできます。

しかし、遺品整理士の資格取得は60%程度の確率という難関なものです。

遺族の気持ちに沿った遺品整理をおこなってくれるため、遺族の気持ちも安らぐことでしょう。

【まとめ】回収パンダは不用品回収・買取・遺品整理までお任せください

回収パンダでは、買取と回収を同時におこなえる不用品回収業者です。

もちろん、遺品整理士の資格も取得しているため、故人様だけでなく遺族の方にも配慮した遺品整理を心がけております。

遅い回収時間が希望の相談も可能です。

他の不用品回収業者で断られた方、不用品回収業者を初めて利用するけれど不安を持っているなど、さまざまな問い合わせにもおこたえします。

お気軽にお問い合わせください。LINEやメールでも受け付けております。⇒回収パンダの問い合わせページはこちらから