ソファ処分なら回収パンダへ

ソファの処分相場費用はいくら?不用品回収業者に頼んだ場合と粗大ごみで出した場合

テレビを観るときに座ったり、寝転がってソファベッドとしてリラックスしたりと、リビングの主役と言えるのがソファです。
そんな快適なソファですが、家具としては大きく一般ごみとして捨てることができません。

この記事では、ソファの不用品回収の処分方法を5つご紹介します。

「引越しや買い替えで今使っているソファを処分したいけど、どうやって捨てたらいいかわからない」
「一人暮らしで手伝ってくれる人がいなくて運搬が大変!ソファの処分に困っている」
「値段が気になる!とにかく安く捨てたい!」
「出来るだけ手間をかけずに楽に捨てたい」
とお悩みの方はぜひご参考ください!

不用品回収業者の回収パンダではソファの処分や買取サービスも対応しています。

ソファの不用品回収で検討中の方は、無料見積もりや相談もお気軽に問い合わせください。

 

ソファを処分し、収益を出す2つの方法

ソファの廃棄を検討している方、不用品回収をしてもらい処分する方法もありますが、売ってお金に変える買取依頼をする方法もあります。

ここからは、オススメの処分方法を解説します。

ネットオークションで売る

 

昨今需要が高まっているフリマアプリを活用する方法です。

いらなくなったソファを自分でネットークションに出品します。

不用品回収を利用すると処分料金がかかりますが、売れたらお金になります。ネットオークションで売るメリットは、自分で価格を設定できる点と、多少の傷や汚れがあっても買い手が見つかったら購入してもらえる点でしょう。

状態のよいソファーや、ブランド品は高値がつくケースも?!
逆にデメリットは、売れるまでに時間がかかる場合がある点、売れた場合の送料や梱包が大変な点です。

自分で価格を決めたいという人や、時間に余裕があって急いでいない人、梱包の手間も惜しまないという人にオススメの方法と言えます。

リサイクルショップに売る

ソファをリサイクルショップで売る

傷や汚れがない状態の良いソファなら、リサイクルショップで買い取ってもらえるかもしれません。
買い取ってもらえさえすれば引き取ってもらえるので、ネットショップより早く手放せる可能性が高いです。

買取価格の相場は、ソファーの状態によって異なります。

また、リサイクルショップによっては、家まで引き取りに来てくれる出張買取サービスがあるところもありますので、自力で店まで運べないという方にはオススメ!

最近では、家具専門のリサイクルショップも増えてきています。
とくにデザイナーズブランドや有名ブランドのソファを売りたいなら、専門ショップの方がより高値で買い取ってもらえる可能性が高いので、そちらを利用しましょう。

注意したいのは、傷や汚れがあったり、長年使ったノーブランドのソファはなかなか買い取ってもらえないということです。
また、臭いがついたソファも買い取ってもらうのが難しくなります。
家で喫煙するという人や、ペットを飼っている人、焼肉など臭いのつく料理をよくするという方は気をつけましょう。

お金はかかるけど確実にソファを処分する 3つの方法

ソファの不用品回収を検討している方、多少お金はかかっても時間と手間がかからない方法を優先したい!即日処分できるプロの不用品回収業者の回収パンダに依頼したい!極力お金は安く抑えて処分したい!プロに依頼するとスームズに片付き、お悩みもスッキリ解決!おすすめの処分方法を解説します。

不用品回収してもらいたいソファは、ニトリの引き取りサービスを使う

ニトリに便利な家具引き取りサービスがあることをご存知でしょうか。
実はニトリで配送員設置商品の家具を購入すると、同数・同容量までの不要な家具を3,000円(税別)で引き取ってもらえます。
ニトリで購入したいソファがあるという方は、処分サービスを活用しましょう!

ただし、家具引き取りサービスを利用するにはいくつかの条件があったり、地域によっては実施されていないので事前に確認しましょう。

  • 同数・同容量のものだけ
    同容量という点に注意してください。2人掛けソファを購入して4人掛けソファを引き取ってもらうのは、引き取りの容量の方が大きくなるのでできません。3人掛けソファを購入して2人掛けと1人掛けを引き取ってもらうのは可能です。
  • 配送員設置商品でない組み立て商品などは対象外
    組み立て家具のみを配送してもらう場合はサービス対象外です。
  • 引き取りのみの利用は不可
    あくまでニトリで商品を購入した人へのサービスです。
  • 家具引き取りサービスの料金は実店舗で支払う必要がある
    商品をネットで購入しても、引き取りサービス料金は別途実店舗で払う必要があります。

ソファを粗大ごみで出す

ソファは一般ごみとしては捨てることはできませんが、粗大ごみとして自治体に申請すれば処分することができます。
自治体に申し込みをして、有料ごみ処理券を購入しソファに貼り付け、回収日に指定の場所に置いておきましょう。
費用は自治体によって異なりますが、2人掛けソファなら大体1,000円〜2,000円ほどです。

東京でソファの不用品回収を自治体に依頼したとき、費用目安は新宿区のケースが下記のとおり。

【ソファ】
1人掛け用
800円応接用椅子(1人掛け用)
【ソファ】
2人掛け用
1,200円応接用椅子(2人掛け用)
【ソファ】
3人掛け用
2,000円応接用椅子(3人掛け用)
【ソファ】
電動リクライニング付
(1人掛け用)
2,000円 
【ソファ】
電動リクライニング付
(2人掛け用)
2,800円 
ソファーベッド2,000円 

粗大ごみの処理手数料一覧:新宿区より引用

お住まいの地域で費用が異なるので、各自治体に問い合わせをしてみましょう。

自力で回収場所まで運ぶ必要があるので、階段のあるマンションやアパートだと大変かも知れません。
また、粗大ごみの回収日は自治体によって決まっていることが多いので、自分が処分したい日に間に合うか事前に確認するようにしましょう。

ソファを不用品回収業者に依頼すると便利!

不用品回収業者

不用品回収業者に頼めば、お金はかかりますが手間なく確実にソファを処分することができます。
「業者回収は高そう」というイメージがある人もいらっしゃると思いますが、実は自治体に粗大ごみとして出す費用に3,000円ほどプラスするだけで処分が可能!

費用は業者によって異なりますが、2人掛けのソファだと4,500円くらいから引き取ってもらうことが可能です。
自宅まで引き取りにきてもらえるので、一番楽に処分できる方法と言えます。
むしろ時間と労力の節約になることを考えると、一番コストパフォーマンスが高い方法かも知れません。

回収日や時間を指定することができるので、お忙しい方にとってはとても助かります!
また、まとめて回収してもらうことで料金がお得になる場合もあるので、ソファの他にも捨てたい家具やごみがあるという人にもオススメです。

忙しくて自分で処分する暇がない人や、ソファを自力ではなかなか運べない人は不用品回収業者の回収パンダにお任せしましょう!

まとめ

ソファを不用品回収で処分したいとき、おすすめの方法をご紹介しました。

ご自身で運べる荷物の大きさや重さのもの、不用品の量が少ないときは、粗大ごみとして処分するのがおすすめ。

安い費用で処分できます。

持てる大きさではないソファや他にも捨てたい不用品がある場合、荷物を運ぶ労力や手間を省きたい方は、不用品回収業者の回収パンダに安心してお任せください!

不用品の買取・処分はお気軽にお問い合わせください。

 

ご自身の都合や予算に合わせた方法を選んでソファを処分してくださいね。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です