粗大ゴミの処理にはお金と時間はどれくらいかかる?コストを下げる方法

粗大ゴミの処理にはお金と時間はどれくらいかかる?コストを下げる方法

不用品を粗大ごみで捨てるとき、どのくらいのお金と時間がかかるのでしょうか。

できるだけ費用を抑えつつ、早く手放してスッキリしたいですよね。

この記事では、粗大ごみ処分にかかる時間・費用を解説します。

粗大ごみは場合によっては、不用品業者に依頼するのもオススメ。

記事の後半では、粗大ごみ処分を不用品回収業者に依頼したときのデメリット・メリットをご紹介します。

粗大ゴミ処分にかかる時間は?

粗大ごみ処分にかかる時間は、自治体に申し込んでから回収日まで約1週間〜2週間ほど。

春先や年末などの時期は粗大ゴミの集荷依頼が殺到しやすく、場合によっては1ヶ月以上待つことも…。

粗大ごみを出す場合は、1ヶ月以上の余裕を持って早めに準備するのが安心です。

「回収日まで待たずに処分したい!」という場合には、直接ごみ処理センターに持ち込むことも可能。

粗大ごみの運搬は自分でする必要があるものの、回収日を待たずに処分できます。

また、粗大ごみを直接ごみ処理センターに持ち込む場合、処分費用が安くなるのもメリット。

割引率は自治体によって異なります。

収集する場合に比べ、半額ほどになることが多いです。

注意したいのは、自治体によって粗大ゴミの持込ルールが異なること。

  • 当日持ち込みしてその場でお金を支払う。
  • 事前に受付が必要で、粗大ごみ処理費用も前払いする。
  • 一度に持ち込める個数が決まっている

上記のように、自治体によって規則がまったく違います。

粗大ごみを持ち込む場合は、事前に手順を確認しましょう。

粗大ゴミ処分にかかる費用は?

粗大ごみ処分にかかる費用は、約200〜3,000円。

大きさや素材、各自治体によって金額が異なります。

また、収集所で回収してもらう場合と、ごみ処理センターに直接持ち込む場合でも費用が違ってきます。

粗大ごみ処分費用相場一例。※()は直接持ち込みの金額。

  • 学習机:1,200円(600円)
  • ベットフレーム:1,200円(600円)
  • 二人掛けソファ:2,000円(1,000円)
  • ベンチプレス:2,000円(1,000円)
  • ランニングマシン:2,000円(1,000円)
  • 扇風機:300円(0円)
  • たんす:800円(400円)
  • ベビーカー:200円(0円)

このように、大きくて重量のあるものは高めの金額設定です。

逆に、小型で軽いものは数百円で処分可能。

粗大ゴミ処分を不用品回収業者に依頼する場合のメリットデメリット

粗大ゴミ処分を不用品回収業者に依頼する場合のメリットデメリット

メリット

粗大ごみ処分を不用品回収業者に依頼するメリットは3つあります。

  1. すぐに引き取ってもらえる
  2. 自分で粗大ごみを運ぶ必要がない
  3. 一部の家電など、粗大ごみで捨てられないものも処分できる

1.すぐに引き取ってもらえる

不用品回収業者なら、申し込めばすぐに引き取ってもらえるので、早く手放したい人にオススメ。

粗大ごみだと、持込以外は回収日まで待つ必要があります。

通常は1週間〜2週間ほどで回収してもらえますが、繁盛期は1ヶ月以上待つことも…。

業者依頼なら、素早く確実に対応してもらえますよ。

2.自分で粗大ごみを運ぶ必要がない

大型で重量のある不用品は、動かすだけでも一苦労。

不用品回収業者に依頼すれば、家まで引き取りに来てくれるので、自分で運ぶ必要がありません。

普段重いものを持たない人が運ぼうとすると、無理をしてケガをしてしまう可能性も…。

とくに、マンションやアパートで階段を使う場合、運搬が大変です。

処分したい不用品が大きくて重いものなら、運搬のプロに任せてしまうのがオススメ。

3.一部の家電など、粗大ごみで捨てられないものも処分できる

テレビ・冷蔵庫・エアコン・洗濯機など一部の家電は、「家電リサイクル法」により粗大ゴミとして処分できません。

また、規定サイズを超えてしまうような大きすぎるものも、粗大ごみ受付の対象外。

不用品回収業者なら、粗大ごみで対応していない品も引き取り可能です。

デメリット

不用品回収業者に粗大ごみ回収を依頼するデメリットは1つだけあります。

それは、粗大ごみ処分に比べ費用がかかることです。

例えばシングルベットフレームは、粗大ごみ処分なら1,200円〜ですが、業者依頼だと3,000円〜。

しかし、

  • 粗大ごみの申し込みをして処理券を購入する
  • 回収日まで待つ
  • 収集場所やごみ処理センターまで運搬する

といった手間を省けます。

手間と時間を節約したい方には、コストパフォーマンスが良いと言えるでしょう。

【まとめ】粗大ゴミ処分にかけるのは時間?お金?

粗大ごみ処分は、申し込みから回収まで約1週間〜1ヶ月。

費用は、数百円〜3,000円ほどです。

また、粗大ごみは回収所やごみ処理センターまで、自分で運搬する手間がかかります。

不用品を処分するのに、「時間と手間がかかっても良いから安く処分したい」という場合は粗大ごみ。

「お金は少しかけても、手間と時間をかけずに処分したい」という場合は、不用品回収業者に依頼するのがオススメです。

回収パンダでは、即日対応と安心の低価格で、ご依頼を承っております。

まずは、お気軽にご相談ください。