1粗大ゴミで食器棚をカンタンに処分する方法

粗大ゴミになった食器棚をカンタンに処分する方法5選!

お引っ越しや買い替えで不要になってしまった食器棚。

食器棚の処分方法として、自治体の粗大ゴミとして出すのがポピュラーですね。

しかし粗大ゴミの場合は、処分手順として、自分で外へ出さないとなりません。

粗大ごみとして処分するときは、比較的安価で処分できます。

事前に予約をして粗大ごみシールを購入して、食器棚に貼り指定された日時に処分する手間がかかります。

他に楽ちんカンタンな処分方法はあるのでしょうか?

こんなとき強い味方となるのが、回収実績豊富な不用品回収業者の回収パンダです。

回収パンダでは最短即日回収が可能!自治体回収と比較すると、手間と時間が省ける点がメリットです。

食器棚棚の他大型家具や、そのほかの不用品もまとめてスッキリ片付けられます。

回収依頼、買取依頼も利用出来て、お客様のご都合の良い日時で回収してもらえます。

回収パンダの詳しいサービス内容はこちら

大量に不用品があるときも安心!トラック詰め放題お得な料金プランも。

回収パンダでは無料見積もりをしています。まずはお気軽にLINE・メールでお問い合わせください。

この記事では食器棚の処分方法を紹介します。

食器棚の処分を考えている方は処分するタイミングで、スムーズに処分できるよう目次をチェックしてみてください。

粗大ゴミだけ?食器棚の処分方法とは?

食器棚

食器棚を新しく購入予定するタイミングで、処分を検討される方が多いのではないでしょうか。

食器棚を処分するにはいくつかの方法があります。

まず冒頭でも触れた粗大ゴミとして出す方法です。

自治体によって細かい違いはあるものの、安価で処分ができるのが特徴です。

ただし自分で持ち込んだり指定場所へ排出したりしなければなりません。

それなりの手間はかかることを覚悟した方がいいでしょう。

費用に余裕があるのであれば、不用品回収業者へ頼むのが一番楽な処分方法です。

回収パンダに依頼するメリットは、お電話1本で最短即日回収が可能!

お忙しい方や、時間と手間を省きたい方、荷物を自分で持ち運びできない方にはオススメ!

処分だけではなく買取もしているため、節約にもつながる可能性があります。

回収パンダでは食器棚の他、自治体では回収できない大型家具や家電などの回収もできます。

回収パンダの回収品目はこちら

とにかく費用をかけたくない場合には、食器棚を自分で解体することで無料で処分することもできるんですよ。

その他スマホでフリマアプリを活用して、ネットオークションやフリマで出品、リサイクルショップでの買取という方法もありますね。

こちらは食器棚の場合は少し利用が難しそうです。

それぞれの処分方法を詳しくみていきましょう。

食器棚の処分方法5選!

食器棚の処分方法はそれなりの大きさがあり、自分で処分するとなるとちょっとした注意と手間がかかりますよね。

結論から言えば、費用をかけられるのであれば、手間は極限まで減らすことができます。

逆に費用をかけたくない場合は、自分で手間をかけることで無料での処分も可能です。

ここからは処分方法ごとに詳しくみていきましょう。

粗大ゴミで食器棚を処分する

まずは粗大ゴミとして捨てる場合です。

事前予約が必要です。

手順は各自治体で、粗大ゴミの申し込みを受け付けてくれる窓口があります。

そこへ申し込みをし、処分費用を確認します。

料金は事前に支払ったり、指定された店舗でチケットを購入したりして前払いします。

食器棚を捨てるまでの流れ

  1. 各自治体の窓口で食器棚の大きさを伝え料金確認
  2. 自治体の窓口や指定店舗で粗大ゴミ処理券を購入
  3. 各自治体の受付センターへ粗大ゴミを捨てる日の予約連絡
  4. 粗大ゴミの食器棚に粗大ゴミ処理券を貼り付ける
  5. 粗大ゴミを捨てる日に指定の場所へ出す

費用の目安としては、高さのない小さなもので数百円程度から。

大型のもので2〜3000円くらいをみておくといいでしょう。

自分で粗大ゴミセンターへ持ち込むことで費用が半額程度まで下がるので、運ぶ手段があればぜひ活用したいですね。

料金を支払ったりチケットを購入した後は、自治体が指定する日時で指定場所へ排出します。

回収してもらう場合は自宅の前へ出しておくのが一般的です。

可燃物として食器棚を処分する

食器棚を解体

お金をかけずに処分したい場合は、可燃物として捨てる方法があります。

ただしこれは、食器棚が木製の場合に限られます。

食器棚を解体し、木の板の束にしてしまうのです。

もともと組み立て式でバラバラにできる場合などはこの方法を試してみる価値はあるでしょう。

くれぐれもご自身で解体するときは注意してくださいね。

可燃ゴミとして木の板を出す場合、大きさに制限があります。

縦横が30センチ程度が上限ですので、大きい板の部分は規定の大きさに収まるようカットしないとなりません。

またネジ類や、扉に使われているガラスなどは対象外です。

それぞれ正しく分別してゴミに出しましょう。

DIYなどで木材の扱いに慣れている人などにはお勧めの方法ですね。

不用品回収業者へ食器棚の処分を頼む

とにかく楽に回収依頼したい場合は、不用品回収業者へ回収依頼するのがおススメです。

費用の目安としては5000円〜8000円程度を見ておくといいでしょう。

不用品回収業者へ頼む場合は、必ず事前に見積もりを取るようにするのが安心です。

特に部屋の中から外へ出すまでの階段の有無や通路の広さなどはきちんと測って相談しておくといいでしょう。

回収パンダでは食器棚の回収を承っております。

お電話1本で最短!即日回収が可能。お忙しい方や、時間と手間をかけたくない方にはオススメ!

料金の目安はこちらのページを参考にしてみてくださいね。

ヤフオクやメルカリで出品して売る

費用をかけない方法としてもう一つ「売る」という方法もあります。

不用品回収業者の回収パンダでは買取もしています。

処分すればお金はかかりますが、買取してもらえたら節約にもつながりますよね。

食器棚以外の回収品目はこちら

フリマアプリを利用するとき、食器棚の使用感があまりなく、キレイな状態であればこの方法を検討してみてもいいでしょう。

ただ食器棚の場合は、扉や中の棚板など、チェックする部分が大変多くあるのが難点です。

現状をきちんと伝えられないまま売りに出してしまうのはリスクがあります。

思わぬところに付いていた傷などで買い手さんとトラブルになるのは避けたいですね。

もう一つ売る方法としてリサイクルショップがありますが、これも難しいと思った方がいいでしょう。

リサイクルショップの場合、ブランドものや一点ものでないと買取が難しいことも多いようです。

もし処分する不用品が食器棚以外にもある場合は、抱き合わせで引き取ってもらえることはあるみたいですね。

家具屋さんや引っ越し屋さんに引き取ってもらう

食器棚を新しく買い換えのタイミングで、新しいものを買った家具店に相談してみると、古い食器棚を引き取ってもらえるケースがあります。

引っ越しのときに処分したい時は、引っ越し業者で不用品引き取りのオプションサービスを持っている場合があります。

有償か無償かはそれぞれですが、買い替えや引っ越しの際にお世話になる業者さんに相談してみるのもいいですね。

急なお引っ越しなどで食器棚の処分に困ったとき、最短で食器棚を即日処分してしまいときは、回収パンダにお任せください。

お電話1本!ご自宅で待っているだけで食器棚が処分できます。

まずはお気軽にLINE・お電話でお問い合わせください。

回収パンダのお問い合わせはこちら

 

【まとめ】食器棚を処分する方法

古い食器棚

食器棚の処分は大きいのでそれなりに大変ですよね。

大きくて自分で搬出できない、面倒だという時は不用品回収業者に依頼するのが手間がなく楽チンです。

回収パンダでは不用品の回収、買取を行っています。

食器棚の他大型家具や、家電、大量のゴミがある場合なども、即日回収が可能です。

まずはお気軽に無料見積もりでお問い合わせください。

回収パンダへのLINE・お電話でのお問い合わせはこちらから

費用をかけたくないときは、粗大ゴミとして処分するのも選択肢のひとつです。

食器棚の場合、売るのは難しいケースが多いので、このどちらかで処分するのが王道になりそうですね。