7粗大ゴミをまとめて捨てる方法は?こ

粗大ゴミをまとめて捨てる方法は?こまめに捨てた方がいいのか?

「粗大ごみをまとめて捨てたいけどこまめに捨てた方がいいの?」

とお悩みの方はいらっしゃいませんか?

粗大ごみを処分するには、自治体の粗大ごみ回収を利用したり、ごみ処理施設に持ち込む方法があります。

しかし、自治体の粗大ごみ回収には数量制限があったり、粗大ごみの種類によっては捨てられない場合も…。

そんな場合は、不用品回収業者に依頼する方法がオススメ。

この記事では、粗大ごみをまとめてお得に捨てる方法をご紹介します。

粗大ゴミはこまめに捨てた方がいいの?

道端に置かれた粗大ごみ

粗大ごみを一番安く処分する方法は「自治体の粗大ごみや不燃ごみで捨てること」です。

自治体によっては粗大ごみの回収が無料のところもあるので安く処分できます。

しかし、以下に当てはまる場合は自治体の粗大ごみ処分はオススメできません。

  • 処分を急いでいる
  • 一度に大量に捨てたい
  • 大きな家具を捨てたい
  • 粗大ごみで捨てられない不用品を処分したい

自治体のごみ回収は指定日まで待つ必要があったり、一度に回収できる数に制限があるほか、大きさや重量制限がある場合も…。

また、一部の家電製品などは回収してもらえないので注意しましょう。

粗大・不燃ごみのルールや処分料金は自治体によって異なるので各自ご確認ください。

こまめに捨てるなら、自治体の粗大・不燃ごみを利用するのがオススメ。

一方で、一度にまとめて捨てたい場合は自治体の粗大ごみ回収は不便です。

粗大ゴミのまとめ方は?

自治体の粗大ごみ(戸別回収)で捨てる場合、粗大ごみはまとめておく必要があります。

例えば、布団は畳んで紐で十字に縛る、透明のビニール袋に入れるなど。

「長辺が90cm以内になるようにまとめる」というように、大きさを制限する場合もあります。

自治体によってまとめ方に違いがあるので、お住まいの地域の行政ホームページなどでご確認ください。

粗大ごみ(戸別回収)で粗大ごみをまとめる理由は、主に収集員が運びやすいようにするためです。

大きすぎると収集車に乗らなかったり持ち運びが大変になるので、回収してもらえません。

お住まいの自治体のルールを確認して、粗大ごみのまとめ方・出し方を確認しましょう。

粗大ゴミをまとめて捨てるなら不用品回収業者に頼むのが吉

少量の粗大ごみなら自治体の粗大ごみ回収を利用するのがオススメです。

しかし、以下に当てはまるなら不用品回収業者に頼むのがいいでしょう

  • 粗大ごみが大量にある
  • 粗大ごみで捨てられない品目・大きさ・重さの不用品を捨てたい
  • すぐに処分したい

不用品回収業者なら粗大ごみで捨てられない不用品も回収可能。

トラック積み放題プランのある不用品回収業者を選べば、大量の粗大ごみもお得に処分できます。

また、回収を申し込めばすぐに対応してもらえるので、すぐに処分したい方にもオススメ。

回収パンダでは、トラック積み放題プランのほか、お客様の不用品の量に合わせたプランも多数ご用意しております

不用品の買取もおこなっておりますのでお気軽にご相談ください。

回収パンダの「粗大ごみ積み放題パック」ご利用方法はこちら

粗大ゴミをまとめて捨てる方法は不用品回収業者に頼む以外にある?

ごみ処理施設の外観

粗大ごみをまとめて捨てるなら、不用品回収業者に依頼するのが手間がかからずオススメです。

しかし、手間をかけてもいいからもっと安く処分したいという場合は以下の方法もあります。

  • 自治体のごみ処理施設に直接持ち込む
  • リサイクルショップに買取査定を依頼する

それぞれ説明します。

自治体のごみ処理施設に直接持ち込む

自治体の粗大ごみ回収は、一度に回収できる量に制限がある場合が多いです

しかし、戸別回収では個数制限があっても、自分でごみ処理施設に直接持ち込むなら無制限だったり上限が増えることも。

持込の個数制限がない場合は、ご自身でごみ処理施設に持ち込むのも一つの方法です。

持込の場合、戸別回収より処理料金が安くなるのも嬉しいポイント。

自分でごみ処理施設に持ち込むデメリットは、

  • 車がないと運べない
  • 自分で重い粗大ごみを運ぶのが大変
  • 平日の営業時間内に持ち込む必要がある

など。

東京都練馬区を例として挙げると、粗大ごみ持込のルールは以下のようになります。

(2)持込みの場合 (収集料金の半額になります)

・お車で持ち込まれる場合は自家用車またはレンタカーで、2トン車までです。
・1回にお持ち込みいただける個数は15個までです。
・持込みは一世帯あたり年度内3回(4月から3月まで)までご利用いただけます。

練馬区役所:粗大ごみについて

練馬区は粗大ごみの持込ルールが厳しく、「1回に捨てられるのは15個まで」「一世帯あたり年度内3回まで」となっています。

このように、ごみ処理施設に直接持ち込む場合も個数制限があり、まとめて捨てるのが難しい地域もあるので注意しましょう。

粗大ごみのルールは自治体によって異なるので、お住まいの地域の情報をご確認ください。

リサイクルショップに買取査定を依頼する

もし処分したい粗大ごみが状態の良いものなら、リサイクルショップで買取査定をしてもらうのもいいでしょう。

店舗まで持ち込む手間はかかるものの、「少しでもお金になれば」と言う人にはオススメです。

壊れたものや使用年数が長いものは買い取ってもらえない可能性が高いのでご注意ください。

店舗まで運ぶのが難しい場合は、買取出張サービスを利用する方法もあります。

出張費用がかかるうえ、買取不可になったら引き取ってもらえないのがデメリット。

確実に粗大ごみを処分したいなら不向きな方法です。

【まとめ】粗大ゴミをまとめて捨てる方法はこれがいい!

粗大ごみをまとめて処分したいなら、不用品回収業者に依頼するのがオススメです。

処分費用は自治体の粗大ごみで捨てるよりかかるものの、積み放題プランのある業者を選べばお得に利用することもできます。

不用品回収業者を選ぶときは悪質業者にご注意ください。

不当に高額な料金設定・作業後の追加料金の請求・粗大ごみの不法投棄などトラブルが報告されています。

不用品回収でトラブルを避けるための業者選びの方法

回収パンダは、明瞭な料金形態なので安心してご利用いただけます。

トラック積み放題プランもご用意しておりますので、大量の粗大ごみ処分もおまかせください。

ご相談やお見積もりは無料で承っております。

まずはお気軽にご相談ください。

回収パンダへのお問い合わせはこちら