7粗大ゴミをまとめて捨てる方法は?こ

粗大ゴミをまとめて捨てる方法は?こまめに捨てた方がいいのか?

粗大ゴミを処分する時に、お住いのクリーンセンターを利用する方法があります。

しかし粗大ゴミの量が多い場合は、クリーンセンターでも高額な処分費用がかかることも。

高いと思われている不用品回収業者にお願いした方が、安いこともあります。

また
「まとめて捨てた方が捨てた方がいいのかな?」
「こまめに捨てた方がいいのかな?」

と、悩んでる方もおられるでしょう。 不用品回収業者では「トラック1台分の粗大ゴミ回収」サービスを行っている所も多いので、おとくに可能性もありますよ。

粗大ゴミをまとめて捨てるなら不用品回収業者に頼むのが吉

引っ越しや家の大掃除をした時に出る粗大ゴミ。

きっとあなたが思っている以上の量だと思います。

今では不用品回収業者でも「トラック一台パック」のサービスもあり、同じ粗大ゴミを一つずつ捨てるよりも割安になります。 これは大変嬉しいサービスですね。

また、粗大ごみの中には「可燃ごみ」や「不燃ごみ」なども、含まれているのではないでしょうか。 粗大ゴミの仕分けはかなりの時間がかかります。 粗大ゴミの量が多いほど時間・労力が必要となり、仕分けするだけで疲れてしまったなんてこともあるかもしれませんね。

不用品回収業者に依頼すると「ゴミ」となるものを仕分けせずにそのまま出せるのが最大のメリットです。 当社でも「トラックパック」サービスをおこなっています。

粗大ゴミはこまめに捨てた方がいいの?

お掃除好きな人なら、多くの粗大ゴミが出てくることはないでしょう。

しかし、家電製品や布団などもう使わなくなった粗大ゴミが一つや二つはあるはずです。 そんな時はお住いの自治体のクリーンセンターに持ち込んでしまいましょう。

また、自治体によっては粗大ゴミ回収券を貼って、家の前に置いておくという方法もありますので、ご確認ください。

小型家電や雑ゴミ(布団、新聞紙、服など)の回収日を設定している自治体もあります。 こまめに粗大ゴミを出している方はキチンと解体をして「不燃ごみ」「可燃ごみ」の回収日を利用しているのではないでしょうか。

解体できる粗大ゴミであればゴミ回収日を上手に利用するのがおススメです。

粗大ゴミをまとめて捨てる方法は不用品回収業者に頼む以外にある?

粗大ゴミをまとめて不用品回収業者にお願いする以外にも方法はあるのでしょうか?

量によっては不用品回収業者にお願いすると、あなたが想定していた価格よりも高いと思うこともあるかもしれませんね。 そんな時は少し手間をかけて、出費をおさえる工夫をしましょう。

軽トラック等を借りてクリーンセンターへ持ち込む

まずは粗大ゴミを乗せられるほどの車を用意しましょう。

友人に軽トラックを借りるもよし、レンタカーを利用してもいいですね。

オススメは軽トラックです。 こちらは荷物を乗せる時よりも、クリーンセンターで粗大ゴミをおろす時に使いやすいですよ。 また粗大ゴミの汚れがついても、洗い流せるため何かと役に立つ軽トラックを利用するとよいと思います。

リサイクルショップなどに売れるようだったら交渉してみる

まだ使えるものはリサイクルショップを利用しましょう。 買取価格は安いかもしれません。

しかし「お金を取られるよりは、少しでも収入になれば」と言う人にはオススメです。 そして「家電リサイクル法」によって処分費用がかかる大型家電は、リサイクルショップで買い取ってもらえると助かりますよね。

リサイクルショップへの持ち込みは粗大ゴミの仕分けをして、使用できるかの確認をおこなうなど、かなりの時間がかかることは覚悟しておいた方がいいです。

また、リサイクルショップに持ち込んだものの買い取ってくれなかった場合は、クリーンセンターへ持ち込むしかないということもあります。 今では自宅に来てくれるリサイクルショップもありますので、そちらを利用するのもよいでしょう。

リサイクル業者が自宅に来ても、すべてのものを買い取ってもらえるわけではありません。

その場で査定をするので、販売できるものしか引き取ってもらえないのです。

結果的に粗大ゴミが、あなたの家に残されたままなんてこともあるかもしれませんよ。

【まとめ】粗大ゴミをまとめて捨てる方法はこれがいい!

粗大ゴミの量が多い場合は、不用品回収業者にまとめてお願いするのが一番です。

粗大ゴミの種類を分別をしなくて済む トラック一台パックなどのサービスを利用する あなたが粗大ゴミを持ち運ばなくてもよい 不用品回収業者が回収している途中に粗大ゴミを見つけた場合、一緒に回収してもらえることがある。(とくに、トラック一台パックのサービスなら可能です)

ある程度の見積もりがHPでわかるため、粗大ゴミ回収料金が計算しやすい 中にはこんな事例もありますので、ご注意ください

不用品回収でぼったくり!?

当社では「不用品回収業」の認可を受けていますので、安心してご利用ください。