スキー処分

スキー板やスノーボードの板を処分する方法は難しい!?詳しく解説!

冬のスポーツの定番と言えば、スキーやスノーボードですね。

今では趣味として定着しているため、冬はスキーやスノーボード三昧という方もおられるかもしれません。

しかし、スキー板やスノーボードってデザインがとても素敵なので、ついつい買い替えてしまいたくなる、または新しいものをすでに購入されたという人もいるのではないでしょうか?

では、使わなくなったスキー板やスノーボードはどうされていますか?

「処分はしたいけど、どうやって捨てたらいいのかわからない」と自宅に置いたままかもしれませんね。

または「処分したくない」という人もいるのでは?

今回はスキー板やスノーボードの処分の方法を考えてみましょう。

もちろん「処分したくない」人にも必見となっていますよ。

スキー板・スノーボード板の捨て方に違いはある?

スキー板とスノーボード板の処分方法に変わりはないようです。

ではどのように処分したらいいのでしょうか?

スキー板・スノーボード板捨て方5選+<番外編>

スキー板やスノーボードは新しいものを購入しても「捨てたくない」と思っているかもしれません。

しかし、家族から「邪魔になるから捨てて」と言われたり、置く場所がないという理由で仕方なく処分せざるを得ないことも。

どうしても捨てなければならないのなら、あなたの納得する方法で処分してみましょう。

また大切な思い出のあるスキー板やスノーボードを処分せずにすむ方法は?

最後までお読みいただくと、おわかりいただけると思います。

粗大ごみとして捨てる

スキー板やスノーボード用品は、「粗大ゴミ」としてはもちろん「一般ゴミ」としても捨てることが可能です。

一般ごみでの処分は無料なので、処分費用をけずりたい方は「一般ゴミ」として捨てるとよいでしょう。

しかしご自身で処分するとなると、ノコギリで板を切ったり、金具部分を外すなどの手間がかかってしまいます。

粗大ゴミとして出すほうが簡単かもしれません。

不用品回収業者に依頼

不用品回収業者に依頼するに依頼するのもよい方法ですね。

業者によって回収費用はバラバラです。

不用品回収業者なら、金具の取り外しなどもしなくてよいので助かりますね。

ネットオークションやフリマアプリで売る

スキーやスノーボード初心者の人は新しいものを購入するよりも、まずは中古品を探すことがあるでしょう。

ネットオークションやフリマアプリではスキー板やスノーボードは人気商品かもしれませんね。

しかし普通の配達業者では、縦・横・高さの三辺の合計が160㎝以内の商品しか取り扱ってくれません。

スキー板や長めのスノーボードはムリなようです。

どうしてもオークションサイトで売りたい方は、大型専門宅配業者に依頼するとよいでしょう。

リサイクルショップに売る

リサイクルショップに売る方法もあります。

しかしスキー・スノーボード専門店などでも買い取ってくれることもあります。

よい商品やメーカー品だった場合は、専門店で買い取ってもらう方が高値がつくかもしれません。

新しいスキー板やスノーボード購入費用の一部にしたいのなら、リサイクルショップでの価格はあまり期待できないでしょう。

知り合いにあげる

スキー友達

スキーやスノーボードを趣味にしている人の話を聞いて、「やってみたい」と考える人もいると思います。

とくに友人の多くがウインタースポーツにはまっている場合は、わざわざ知り合いに声をかけるまでもないでしょう。

まだウインタースポーツを楽しんだことがない人も、周りに影響され「やってみたい」という気持ちなっているはずです。

そのような人がいたら、ゆずってあげるのもいいですね。

オークションやフリマアプリ、リサイクルショップで売却してしまうと、購入者の顔を見ることができません。

興味がある友人にゆずったら、その方と一緒にまた新しい思い出をゲレンデで作ることもできますよ。

<番外編>どうしても捨てたくない場合には

思い入れがあるスキー板やスノーボード。

やはり手元に残しておきたいと思うのなら、DIYに活用しちゃいましょう。

  • スノーボードに合わせたイスを作り、背もたれにスノーボードの板を使う
  • フックをつけたスキー板を玄関の壁に立てかけて、車のキーや幼稚園バックなどかける
  • キッチンにスキー板やスノーボードを取りつけ、調味料ラックを作る

思い出のあるものをずっと眺めておきたい人は、このようにスキー板やスノーボードを活用してみてはどうでしょうか?

スキー板・スノーボード板を捨てるときの費用まとめ

不用品回収業者に依頼するすれば2000円~5000円ほどで回収してくれるようです。

粗大ゴミとして処分する場合は重量によって費用が異なりますので、お住いの地域にお問い合わせください。

【まとめ】スキー板・スノーボード板の捨て方

スポーツによっては、道具を使うものもあります。長く使うほどその道具の中に思い出が増えていくでしょう。

捨てたくないなら活用してしまえばいいのです。とは言え、かなりの量があれば思い切って処分してしまうしかありません。

今は携帯電話にはカメラもついていますので、処分する前に写真に残しておくといいですね。

これであなたもやっと処分する気になったのではないでしょうか?

スキー板やスノーボードは粗大ゴミとして扱ってくれるので、処分も簡単です。

粗大ゴミを自治体が回収しに来てくれることもあります。

弊社ではスキー板やスノーボードの回収も行っております。回収パンダへ⇒お問い合わせ