洗濯機処分方法

洗濯機の処分方法の間違えたらNG!料金の相場まとめ

「古い洗濯機を新しく購入したい」「今使っている洗濯機を処分したい」「洗濯機が壊れてしまった」と、さまざまな理由で洗濯機を捨てることを考えておられる方もいるでしょう。

また洗濯機の処分を考えているけど、洗濯機の処分方法はどのようにすればよいのか、どこに連絡したらよいのか、洗濯機の廃棄料金がわからないとお悩みの方もおられるでしょう。

洗濯機のような大きな家電は、自分で運ぶのも大変ですよね。実は洗濯機の処分は簡単にはできないのです。

そんなとき強い味方となるのが、不用品回収業者の回収パンダです。

回収パンダでは、洗濯機処分だけではなく、そのほか自宅にある不用品をまとめてスッキリ片付けてくれます。

回収パンダの回収品目はこちら

今回はお悩み別でいらない洗濯機の処分方法を検討していきましょう。

 

 

洗濯機が粗大ごみで捨てられない理由は家電リサイクル券が必要だから?


リサイクル券が必要

2001年4月1日より「家電リサイクル法」が導入され、今までは粗大ごみ扱いとされてきたエアコン・テレビ・冷蔵庫・冷凍庫・洗濯機の4品目が「家電リサイクル法」に特定家庭用機器として指定されました。

もしも、あなたが洗濯機を捨てるときは、「家電リサイクル券」を購入し処分業者に依頼する必要があるのです。

家電リサイクル券システムには「料金販売店回収方式」と「料金郵便局振込方式」の2方式があります。

不用品回収業者や家電量販店の場合は「料金販売店回収方式」なので、引き取ってもらう際に用紙に記入し、洗濯機リサイクル料金と処分料金を一緒に支払うだけでよいのです。

しかし果たして洗濯機が粗大ゴミで捨てられない理由はそれだけでしょうか?

「家電リサイクル法」により4品目を処分できるのは、許可を持った業者のみとなったのです。

今では市や地域のゴミ処理場に「粗大ゴミ」として洗濯機を持ち込むことはできません。

個人として処分された場合は「不法投棄」となり、厳しい罰則が設けられていますので絶対にやめましょう。

洗濯機の処分方法5選!カンタンに捨てる方法はコレ

5つ

「不法投棄」など考えなくても、洗濯機の処分はいろいろな方法があります。

洗濯機を捨てるといくらかお金はかかりますが、

洗濯機を売るという選択肢もあり、中にはあなたにお得になる方法も。

簡単に処分できてしまいますので、ぜひ参考になさってください。

洗濯機を不用品回収業者に頼む

洗濯機の廃棄方法に困ったら不用品回収業者の回収パンダにお任せください!

こちらは多忙な毎日を少している方のおススメの方法です。

お電話1本で洗濯機、冷蔵庫など家庭にある不用品をまとめて処分できます。

急なお引っ越しや不要な洗濯機が何年も自宅に置かれている場合、洗濯機の買い替えを検討中の方は回収パンダに依頼しましょう。

回収パンダでは不用品回収のほか買取も行っております。

回収パンダの家電買取はこちら

リサイクル料金と処分費用を支払えば、あなたのするべきことはなくなります。

また回収してくれる日時もあなたの都合で決めることができるので、計画も立てやすいでしょう。

ただし、無許可営業をおこなっている回収業者もありますので、「安いから」「洗濯機を無料で回収してくれるから」といった理由で依頼するのはやめてください。

あとでトラブルに巻き込まれる恐れがあります。

業者選びは慎重におこなってください。

弊社ではこのようなタイプの洗濯機を回収しております。

  • 洗濯機(5.kg以下)  4,900円~
  • 洗濯機(8.0㎏以下)  5,400円~
  • 洗濯機(8.1㎏以上)  5,900円~
  • ドラム式洗濯乾燥機   7,500円~
  • 衣類乾燥機       4,900円~

    ※価格はメーカーによっても異なります。

これ以外のタイプも回収させてもらいますので、一度ご相談ください。⇒回収・料金一覧表

新しく買うときに引き取ってもらう

買取

洗濯機を新しいものに変えようと思っている方にはオススメです。

洗濯機を購入する予定のお店に相談してみましょう。

洗濯機を取りつける時に、同時に引き取ってもらえます。

古い洗濯機が新しくなった瞬間に嬉しくなってしまいますね。

新しい洗濯機が来る当日まで古い洗濯機が使えますので、洗濯物が多いご家庭にはとくにおススメの方法でしょう。

こちらもリサイクル料金と処分費用はかかります。

<番外編>

最近では購入しなくても、引き取ってくれる電化製品量販店も出てきました。

「家電リサイクル法」ができたときに、「家電量販店が引き取りサービスをしてくれると楽なのに」と思っていた消費者は多かったと思います。

しかし家電量販店へのメリットは、あまりなかったのかもしれません。

新しいものの購入を考えていない時は、回収業者探しも一苦労でしたね。

それがやっと家電量販店でも引き取り可能となってきました。

「ケーズデンキ」のリサイクル回収です。

  • 買い替えでないと、出張料金がかかる。
  •  一部、製造メーカーリサイクル料金が海外製品の場合異なることがある。
  • 「収集・運搬料金」は地域によって異なる。

などの条件はあります。

しかし「家電リサイクル法」によって処分できないものや、商品を購入しなくても引き取ってもらえるサービスはありがたいですね。

なによりもさまざまな手間をはぶけるのがオススメの一つです。

まだまだ洗濯機の引き取りだけをおこなってくれる家電量販店は少ないようで、洗濯機の買い替え前提のときにお得に処分できます。

将来的には家電量販店で引き取りだけおこなってくれるようになるといいですね。

ケーズデンキではオンラインショップでおおよその処分費用がわかります。⇒ケーズデンキオンラインショップHP リサイクル回収

自治体の指示に従って捨てる

  • 洗濯機を購入した店舗がわからない
  • 引越しなどで購入店舗が遠方になってしまった
  • 引き取りを依頼するのが困難

このような方にはこちらがオススメです。

とくに小さなお子さんがおられるご家庭は、ご自分で回収業者を調べるのも一苦労だと思います。

そんなときは行政の力を借りましょう。

まずは市区町村に問い合わせると処分方法を教えてもらえると思います。

 

市区町村によっては自治体が代行で引き取ってくれるところもあるようです。

自治体が代行を行っていない場合は、引き取り可能な小売店や許可業者の紹介などもしてもらえるでしょう。

※古い洗濯機を処分費用(リサイクル料金・運搬料金など)は、紹介された回収業者に支払うことになります。

ネットオークション・フリマアプリで売る

フリマアプリ

「まだまだ使える洗濯機を処分するのはもったいない」という方には売却してしまうのもオススメです。

ネットオークションやフリマアプリを活用して売却してしまいましょう。

洗濯機を安く買いたい人はかならずいます。

フリマアプリやオークションサイトにはそれなりのデメリットもあります。

洗濯機は大きくて重たいものなので、普通の配達業者では運んでもらえないのです。

そのため、大型荷物配送業者を探さなければなりません。洗濯機の送料はいくらかかるのか事前に調べておきましょう。

また大型荷物配達業者は費用もかかるうえ、梱包もかなり大がかりなものになります。

ほとんどのフリマアプリやオークションサイトでは売却したい方が費用を負担します。

そのような費用込みでフリマアプリに洗濯機を売りに出した場合は、かなり高額な価格設定をしなければなりません。

残念ながら、高額な中古品はほとんど売れることがないと思います。

オークションサイトでも同じです。

きっとあなたが思っているほどの金額で買い取ってくれる人は見つからないでしょう。

利益を優先すると、売れ残ることがあります。

地元密着型のフリマアプリを利用すると、欲しい人が取りに来てくれるので、あまり高額な価格設定をしなくても売れる可能性は大きいです。

「まだまだ使えるのに家族が増えたために洗濯機を買い替えた」という方は、迷わずに「0円」価格にしてしまいましょう。

この「0円」価格なら、高い確率で引き取り相手が見つかること間違いなしです。

ただし、電化製品の取引はトラブルが発生しやすいもので、その点に注意してアプリやサイトを活用してください。

洗濯機を必要としている身近な人にあげる

洗濯機プレゼント

たった数日でも洗濯機がないと、洗濯に困ってしまいますよね。

洗濯機は廃棄費用がかかるので、欲しい方に譲るのもひとつの方法です。

この方法はあなたの都合に合わせて引き渡すことが可能です。

新しい洗濯機を購入してから引き渡したい、引っ越し前日にゆずりたいという人にはオススメでしょう。

洗濯機は高価なものなので、あなたの周りにも欲しがっている人はいるかもしれませんよ。

せんた

ただし、身近な人に家電製品をあげる時は要注意です。

たとえば、あなたの親切心でゆずったはずの洗濯機にすぐ異常が見つかった場合や洗濯物がかび臭いなど、ちょっとしたことで今までの人間関係がくずれてしまうことになるかもしれません。

ゆずる前に軽く洗濯機をチェックしましょう。

また洗濯槽クリーナーを利用し洗濯槽をきれいにしておく、汚れている部分を拭くなど、一工夫してみましょう。

  • 洗濯中に止まってしまうことがときどきある
  • 干した洗濯物がなんとなくかび臭く感じる

など、しっかりとした理由で買い替える場合は、あげる・売却するなどと考えずに処分してもらいましょう。

ドラム式洗濯機と縦型洗濯機の処分方法に違いはある?

ドラム式も縦型洗濯機も私たちがおこなう処分方法は同じです。

しかしドラム式洗濯機の方が処分費用が高くなってます。

処分費用の差額が7000円という回収業者もあるようです。

リサイクル券料金はメーカーによって決められているようなので、参考にされてみてはどうでしょうか。

またリサイクル券の料金だけでなく、大きさによって処分費用が違ってきます。

間違ったリサイクル券を購入するとご利用になれませんので注意してください。

リサイクル券一覧表はこちら⇒家電リサイクル券センター

【まとめ】洗濯機処分方法まとめ!東京近郊で捨てるなら回収パンダへ

洗濯機を処分する方法をお伝えしてきました。

洗濯機はタンスや本棚のように個人で解体できるものではないので、回収業者を利用するのがオススメ!

回収パンダでは、最短即日回収が可能!まずは無料見積もりからお気軽にLINE・メールにてお問い合わせください。

洗濯機の処分は回収パンダへ

また洗濯機は見えない部分が多くあるので、個人間での売却やゆずる方法は慎重のにチェックをおこなってください。

少しでも不安になられた方は、売却などの方法ではなく回収業者に処分をお願いしましょう。

また「家電リサイクル法」は業者だけではなく所有者にもかかわってくる法律ですから、適切な方法で処分をおこなってください。

廃棄物処理法の許可を得ていない回収業者には、家電製品を絶対に引き渡さないでください。家庭から排出された家電を回収する事業者は、廃棄物処理法に基づく「一般廃棄物収集運搬業の許可」または「市町村の委託」が必要です。
「無許可」の回収業者が、排出者に高い費用負担を求めるなどのトラブルも発生しています。

また、一部の家電製品にはフロンガスや鉛・ヒ素などの有害物質が含まれているため、法律で定められた適切な方法で処理する必要がありますが、「無許可」の回収業者は適正な処理を行っているかどうか分かりません。「不法投棄」「不適正処理」「不適正な管理」が行われ、環境汚染・破壊や大規模災害につながる可能性があります。

引用:政府広報オンライン

洗濯機は「家電リサイクル法」の品目の一つとなっています。

「家電リサイクル法」は地球環境を考えた取り組みですので、あなたが洗濯機などを処分するための費用は「将来の子どもたちのための投資だ」と考えてください。

洗濯機を処分するには、リサイクル券・処分費用・出張料金などが含まれます。

  1. リサイクル券は洗濯機の製造メーカーよって価格が変わる
  2. 回収業者によって処分費用と出張料金は決められている
  3. 同じメーカーであってもサイズによって費用が異なる
  4. 総額どれくらいになるのか、簡単な見積もりをお願いする
  5. 当日、急に別途料金が発生する場合もあるのかなども聞いておく

洗濯機の処分費用とは別に料金が発生するすることもありますので、回収業者に依頼する時はしっかりと話を聞いてみてください。

また、いまだに「無許可」の回収業者が多いのも事実です。

「無許可」の回収業者によっては、必要が部品だけ取り出して「不法投棄」というところもあります。

あなたが選択を間違えてしまったために、地球環境に影響を及ぼしているかもしれませんよ。

そのようなことがないように、家電リサイクル品目を回収業者に処分してもらう時には、かならず許可証を提示してもらいましょう。

処分費用だけで回収業者を決めてしまった場合は、出張料金も加算される恐れがあります。

弊社のHPでは回収地域や、回収できるものとその費用を載せていますので、ご参考にしていただければ幸いです。

お見積もりも無料ですので、お気軽にお問い合わせください。⇒回収パンダHP

冷蔵庫の処分をお考えの方はこちらの記事もお役に立ちます⇒冷蔵庫処分方法