扇風機は粗大ゴミ?何ゴミで捨てるのか解説!

扇風機は粗大ゴミ?何ゴミで捨てるのか解説!

「不要になった扇風機を捨てたいけど、どうやって捨てたらいいかわからない」とお困りの方はいませんか?

扇風機は折り畳んだりできないので収納スペースを取りがち…。

要らなくなったら早く手放してスッキリしたいですよね。

今回の記事では、扇風機の処分方法を4つご紹介します。

扇風機は何ゴミで捨てるかお悩みの方はぜひ参考にしてみてくださいね。

扇風機は粗大ゴミ!?何ゴミで捨てるべき?

扇風機は

扇風機の各自治体での捨て方

扇風機は粗大ゴミで捨てられます。

粗大ゴミで不用品を回収してもらうには「粗大ごみ処理手数料」が必要で、料金は自治体によって異なります。

粗大ゴミで捨てる手順

  1. 粗大ごみ受付センターへ申し込みをする
  2. 粗大ごみ処理券を購入して貼る
  3. 決められた回収日に粗大ごみを出す

卓上扇風機や小型サーキュレーターなど小さな扇風機は不燃ゴミで回収してもらえる場合もあります。

部屋に置かれた一台の扇風機

規定の大きさの範囲内であれば不燃ゴミで捨ててしまうのがよいでしょう。

自治体によっては不要になった小型電気製品をリサイクルのために資源として回収しているところもあります。

不燃ゴミや資源ゴミとして回収してもらえれば、費用をかけずに処分できるのでオススメ。

ごみの大きさの規定や手数料は自治体によって異なるので、まずはお住まいの自治体のルールを確認してみましょう。

例として横浜市・大阪市・広島市・福岡市の扇風機の粗大ごみ処理手数料とゴミの大きさ規定をご紹介します。

横浜市の場合

扇風機の粗大ごみ手数料:200円

家庭から出されるもののうち、一番長い辺が、金属製品で30センチメートル以上のもの、それ以外(プラスチック商品、木製品など)で50センチメートル以上のものを事前申込みにより、有料で収集しています。なお、市では収集できないごみもあります。

横浜市役所 粗大ごみ処理手数料表(品目別)

大阪市の場合

扇風機の粗大ごみ手数料:200円

粗大ごみとは、家庭の日常生活から出されるごみで、最大の辺または径が30センチメートルを超えるもの、あるいは棒状で1メートルを超えるものです。また、家庭の引越しや大掃除などで一時的に多量に出されるごみについても、粗大ごみで収集します。

大阪市役所 粗大ごみの申し込み方法

広島市の場合

扇風機の粗大ごみ手数料:250円

大型ごみの対象基準は、次のとおりとなります。

・最長の辺の長さ、または最大径が30cm以上のもの

・棒状のもの、または容易に曲げることができる板状のもので、最長の辺の長さが1m以上のもの

・家電リサイクル法対象機器(エアコン、テレビ、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機)は、大きさにかかわらず大型ごみです。

広島市役所 粗大ごみとは?

福岡市の場合

扇風機の粗大ごみ手数料:300円

粗大ごみとは,家具や家電製品などで,指定袋に入らない大きさの物です。

なお,市の指定袋に入る大きさで,片手で持ち上げても袋が破れない重さの物であれば,燃えるごみか燃えないごみとして出すことができます。(1回につき10個まで)

福岡市役所 粗大ごみの出し方


扇風機のゴミで捨てる以外の方法

真正面から見た扇風機

ゴミとして捨てるほかに扇風機を処分する方法を3つご紹介します。

「まだ使える状態のよい扇風機を処分したい」や「扇風機のほかにも捨てたい不用品がある」という場合は、ぜひ以下の方法も参考にしてみてください。

リサイクルショップに売る

動作に問題がなく破損や汚れのない状態のよい扇風機なら、リサイクルショップで買い取ってもらえる可能性があります。

不要な扇風機を売ってお金が手に入れば嬉しいですよね。

使用年数が浅い製品や有名ブランドの製品は買い取ってもらえる確率が高くなりますよ。

また店によっては出張買取に応じてくれるところもあるので、店まで持ち込むのが難しい人は出張買取サービスのあるリサイクルショップを探してみてください。

状態のよい扇風機を手放したい場合にオススメの方法です。

ネットオークションなどで売る

リサイクルショップの他にもネットオークションで不要な扇風機を売る方法もあります。

ネットオークションは、

  • リサイクルショップでは買い取ってもらえない古い扇風機が売れる可能性がある
  • 価格を自分で設定できる

などといったメリットがあります。

押し入れの奥から出てきたような年代物の扇風機でも、レトロなインテリアとして欲しいという人がいるかもしれません。

デメリットは、ネットに掲載する時の写真撮影や落札者とのやり取り、梱包などに手間がかかる点です。

他にも大きいゴミがあるなら不用品回収業者に依頼する

「扇風機のほかにも処分したい不用品がある!」という方にオススメしたいのが不用品回収業者に依頼する方法。

不用品回収業者に依頼すれば家まで引き取りに来てくれるだけでなく、回収日も自分が都合のよい日時を設定可能。

「手間をかけずに処分したい!」という忙しいあなたにぴったりな方法です。

他の方法に比べて費用がかかるのが唯一のデメリット…。

コスパ良く不用品回収業者を利用するなら、お得な積み放題パックがオススメ。

規定の量までは定額料金で捨て放題のお得なプランです。

扇風機の他にも捨てたい不用品がある方にぴったりな処分方法です。

【まとめ】扇風機の捨て方まとめ

扇風機の捨て方を4つご紹介しました。

扇風機のみを処分するならゴミとして捨てましょう。

一般的な扇風機は粗大ゴミとして捨てられます。処分にかかる費用は200円〜300円ほど。

小型の扇風機なら無料で不燃ゴミとして回収してもらえますよ。

状態のよい扇風機ならリサイクルショップに売る方法もオススメ。

手間がかかってもよいならネットオークションで売る方法もあります。

扇風機以外にもひとりで処分するのが難しいものは業者に頼むのがオススメです。

東京都内近郊なら回収パンダが回収に伺います。お気軽にお電話ください^^