生前整理やり方

生前整理でやるべきことは何か?またやり方を紹介!

「終活」という言葉が広く認知されるようになりました。

「終活」とはご自身の人生の最後を迎えるにあたり、身の回りの整理や準備をしていくことです。

「生前整理」もまた「終活」のひとつです。

「自分らしく最後を迎えたい…。」最近では30代の若い世代の方から、幅広い世代の方に注目されています。

「生前整理」は決して後ろ向きの行動ではありません。

「生前整理」を元気なうちから準備をしておくことで、さまざまなメリットがあります。

「生前整理」は人生のゴールを迎えるための事前準備。

ご自身の死後に、財産のことなどで遺された家族が揉めている姿など見たくはないですよね。

「生前整理」とは、一体なにからはじめたらよいのでしょうか?「生前整理」のやり方について詳しくご紹介します。

「生前整理」とは?

終活のひとつに「生前整理」というものがあります。似たもので「老前整理」「遺品整理」という言葉も聞かれたことがあるのではないでしょうか?それぞれの違いについてご説明します。

*生前整理とは ご自身が生きている間に、身の回りのモノを整理し処分をしたり遺言書を作成するなど、ご自身の希望を死後に反映させて叶えるために、行う活動のことです。

*老前整理とは ご自身もしくはご家族が、老いてきたらモノの整理や処分をしたり遺言書を作成し、家族の負担を減らすために行う活動です。

*遺品整理とは 残された家族が、誰かが亡くなったあとに、故人のモノを処分したり、相続の手続きをして、故人のモノを片付けるために行う作業です。

「生前整理」と「老前整理」の内容は似ていますが、違いは整理を行う時期と、整理を行う人、整理を行う目的が少し異なります。

一方「遺品整理」については、「生前整理」との違いは亡くなったあとで行われることなので、ご自身の意思とは関係なく、独断で家族や業者で行うところが異なります。

「生前整理」は必要あるのか?

「生前整理」は必要あるのでしょうか?ここからは「生前整理」のメリット、必要性について詳しく解説します。

生前整理はご自身のためだけの行動ではありません。

遺された家族の負担を減らすことでもあるのです。

なんの準備もなく亡くなってしまった方の遺品を整理するのは、精神的にも肉体的にも大きな負担がかかるでしょう。

例えばご自身の財産を死後どのように処分してほしいのか?亡くなってしまってからでは、自分で処分することはできません。

生前に明確にしておかなければ、遺された家族は困ってしまいます。

財産だけではなくモノについても生前に整理をしておくことで、家族の負担を減らすことができるのです。

日本では15歳以上の人は民法上、遺言を有効にすることができます。

遺言を残すメリットは、ご自身の財産を確実に希望通りに処分することができます。

またその他のメリットは、元気なうちに準備をしておくことで、高齢になり仮に判断能力が落ちるようなことがあっても安心です。

そして不慮の事故などでいざ何かがあったときには、ご自身だけではなく、周りの人も「生前整理」をしてくれていたことで助かります。

「30代から生前整理をはじめるのは早すぎない?!」

生前整理はやすぎる?

30代で「生前整理」と聞くとマイナスのイメージにとらえられる方もいるかもしれません。

今、「生前整理」は決して高齢者だけが準備をしておくものではありません。

若い世代の方は身近に「死」と直面したとき、例えば身内の死を看取ったり、病気の方に関わることがあったりした後に、ご自身の死後についても考えられる若い世代の方が増えてきています。

息子さんや娘さんの世代が生前整理をはじめ、親御様世代が刺激を受けて収パンダでは、ベッドマッドレス、ソファー、収納、机、調理家電、冷蔵庫、洗濯機、テレビ、パソコン、スポーツ洋品、カー用品、マッサージ機器、健康機器前向きに生前整理をはじめたというケースもあります。

近年では災害や不慮の事故など…いつどこでご自身の身に何が起きるのかは、誰も分かりません。

若いから大丈夫!ではなく、もしものときに…ご自身の死後のこと、周りのことを考えて準備をはじめておくことは、十分に価値があることといえるのではないでしょうか。

今から身の回りを身軽にして、PCやスマトーフォンのデータ整理なども今からしておく習慣をつけておくと役立つでしょう。

「生前整理」は決して高齢者のものではなく、若い世代から興味を持ち準備するのに早すぎることはないのです。

「生前整理のすすめ方のコツは2点です!」

「生前整理」のすすめ方はどのようにすればいいのでしょうか?「生前整理」で最初にはじめるのが「ご自身の財産」そして「モノ」です。

まずはどれぐらいの「財産」と「モノ」を所有しているのかを把握しましょう。

財産については相続を見据えた上で、「財産目録」を作ることをオススメします。

財産は現金、預貯金、不動産(家、土地)、証券、車などの所有財産を把握して、「財産目録」を作ります。

財産目録を作ることで、不要である財産を把握して処分することもできます。

人が亡くなると相続が起こります。

相続をするときは相続人が財産目録を作成し、相続財産を管理することになります。

どれだけ資産があるのかを調べる調査は、とても作業の手間と時間がかかります。

あらかじめ「財産目録」を作っておくことで、その手間が省けて誰に相続させるのかを生前に考えに、利用しているるきっかけができます。

「財産目録」をつくるメリットは、所有している財産に相続税がどれぐらいかかるのかなどの目安も分かります。

相続税よりも税率が高く設定されている贈与税は、生前贈与により財産を減らした方が場合によっては、「節税効果」が高くなるという可能性もあります。

不安な方は「財産目録」が作成できたら、弁護士や税理士などの専門家に相談してみるのもよいでしょう。

「モノ」については「必要であるモノ」、「必要でないモノ」を整理しましょう。

これは生前整理にかかわらず、片付けの基本でもあります。

けないものではないですが、自分の所有しているものを把握することは大切です。

全てを処分する必要はありませんが、必要であるものを見極めてモノを整理をしましょう。

次の章では「モノの整理」をサポートしてほしい方に役立つ情報をお伝えします。

「生前整理は不用品回収業者にサポートしてもらう?!」

「生前整理」をはじめると身の回りの必要のないモノが出てきますよね。

そんなときの心強いサポートをしてくれるのが不用品回収の「回収パンダ」です。

いつかは処分しようと「放置されているモノ」ご自宅にありませんか?回収パンダでは、ベッドマッドレス、ソファー、収納、机、調理家電、冷蔵庫、洗濯機、テレビ、パソコン、スポーツ洋品、カー用品、マッサージ機器、健康機器など…日用品からサイズの大きな家具まで回収してくれます。

お見積り無料で即日対応してくれるので安心です!「生前整理」といっても全てを処分する必要はありません。譲ったり、寄付をしたりする方法もあります。

また今すぐは捨てられないモノなどもあるかと思います。

そのような場合は1年経ったら見直してみる!というようなご自身で「ルール」を作ってみるのもよいでしょう。

「生前整理」をして身の回りのモノからスッキリしましょう!

そしてパソコンやスマートフォンのデジタル機器の整理は注意が必要です。

デジタル機器には多くの個人情報が含まれています。

たとえば、株やFXなどの資産運用をしていた場合、本人でないと操作ができなかったり、セキュリティーの問題からIDやパスワードが分からなければ、資産を確認することもできないというケースも考えられます。

また一定の期間Googleを利用しない場合に、使っている人のアカウント、デジタルのデーターを自動的に削除してくれるサービスもあるので上手に活用して、デジタル製品の整理は必ず生前整理をしておきましょう。

「生前整理で気をつけておきたいこと」

遺書

*遺言書を作成する

「遺言書」は民放で定められた法的効力を持つ、ご自身の財産について意思を示すことのできるものです。

遺言書がなければ、法定相続分に従った遺産分割が行われます。

そのため必ず作成しないといけないものではないですが、たとえばご自身が相続人以外のお世話になった方に財産を譲りたいと思う時は、遺言書を作成しておかなければ希望の処分はできません。

遺産分割で揉めないためには「生前整理」で法で定められた方法で「遺言書」を作っておくとよいでしょう。

*エンディングノートを作っておく

「エンディングノート」とは大切な方にご自身のメッセージを記すことのできるツールです。

遺言書と違って法的な効力はありません。しかし資産状況やお葬式、お墓のことなど書いておくことで、遺された方に希望を伝えることはできるので、有効活用するのもよいでしょう。

*家族信託を利用する 

ご自身の財産の管理を家族に託すことで、管理や処分を任せることができる「成年後見制度を補う」制度です。

家族信託では遺言では法的効力がない内容の財産処分が可能であったり、節税の効果にもつながることが期待できます。

家族信託を扱う専門家の弁護士や司法書士に相談するとよいでしょう。

「生前整理やり方のまとめ」

「生前整理」は全てを処分しなければならないものではありません。

必要であるモノ、必要でないモノを見極めることが大切です。

「生前整理」をすることで多くのメリットがあることがわかります。

「生前整理」は決してマイナスの作業ではなく、前向きに残された人生をより快適に過ごすためにも、大切な準備なのです。

早くから準備をしておくことで、相続税の節税につながるケースや、相続争いなどでトラブルになることも避けられます。

財産については、死後ご自身の希望を叶えるためにも「生前整理」をしておく必要性があります。

「生前整理」は自分のためでもあり、遺された家族のためにも大切な人生の整理です。

ご自身の歩んでこられた人生を振り返りながら「生前整理」はじめてませんか?