犬ゲージ処分方法

犬のゲージ処分の仕方と解体方法!粗大ゴミになる?

使わなくなったペットのゲージは家の中に置いておくと場所を取るため、「処分したい」と考えている方もいると思います。

ペットのゲージは燃えるごみ?それとも不燃ごみ?もしかしたら粗大ごみになるのかと、どの「ごみ」に分類されるのかわかりづらいですよね。

また犬やウサギなど動物の種類によって、ゲージの素材も違いがあり、処分に悩まれる方もいるでしょう。

実はペットのゲージはサイズや使われている素材によって、各自治体の処分方法が異ってくるのです。

「せっかく解体したのに」「可燃ごみでは持って行ってくれないの!?」とならないためにも、ペットのゲージの処分方法をしっかりと知っておきましょう。

今回は小型犬やウサギ用のサイズから大型犬サイズまで、ペットゲージの処分方法をご紹介します。

ペットゲージは分別は?燃えるゴミで処分できる?

自治体の多くは「ペットゲージ」を粗大ゴミとして扱っています。

ペットのゲージをクリーンセンターへの持ち込むか、粗大ごみ回収券を購入して個別回収してもらうなどの方法があります。

しかし、ペットのゲージは粗大ゴミとは限りません。

素材によっては「燃えるゴミ」として処分できるのです。

処分方法を知らないと、余計な出費がかかることにもなります。

ペットのゲージを「粗大ゴミ」として処分する前に、まずはお住いの自治体に確認しましょう。

ペットのゲージを粗大ゴミで処分するといくらくらい?

まずは横須賀市のペットのゲージの処分方法をご紹介します。

ペットのゲージが木製やプラスチック製のものあれば、50cm以下のものは「可燃ごみ」の対象となります。

それ以上のサイズのペットのゲージは、個別回収かクリーンセンターへの持ち込みとなっており、10Kgで150円の手数料がかかります。

個別収集をご希望であれば、横須賀市にご確認ください。

また、金属を使っているペットのゲージは「集団資源回収の『缶以外の金属』」の日に回収してもらえます。

このように、ペットのゲージのサイズ・どのような素材を使っているかによって捨て方を分けている自治体もあります。

他市ではペットのゲージを粗大ゴミとして処分する場合は

  • 府中市⇒200円~500円
  • 新宿区⇒400円(ペット小屋は除く)
  • 横浜市⇒500円

となっています。

東京近郊のペットのゲージ処分は、200~500円が相場のようですね。

大阪府では「粗ゴミ」と「大型ゴミ」に分かれている自治体もあるようです。

「粗ゴミ」は無料、「大型ゴミ」は有料となります。

「粗ゴミ」と「大型ゴミ」の違いはサイズとなっています。

そのため、ペットゲージは「粗ゴミ」「大型ゴミ」のどちらかに分類され、サイズでゴミの種類が変わってくるようです。

もちろん、犬用のゲージのみではなく、ウサギやモルモットのゲージなども含みます。

ペットのゲージを解体すれば「可燃ごみ」として処分できるところもあるので、お住いの自治体に確認してください。

ペットのゲージの解体方法は?

ペットのゲージは、簡単に解体できますよね。

市販のペットのゲージは、底の部分とオリの部分が取り外せるようになっています。

とくに小型犬やウサギ、モルモットのゲージなら、解体は数分でできるでしょう。

底はプラスチック、オリはスチールなどでできていますので、まずは二つを別々に解体するだけです。

ペットのゲージのスチールの部分は折りたたむこともできますので、あとは自治体で決まっているゴミの日に出しておしまいです。

もしもオリの部分がゴミ袋に入りきらない場合は、カットしましょう。

木製のペットのゲージはノコギリ一本で解体できるので、ゴミ袋に入るほどの大きさに解体すれば「可燃ごみ」として出すことができます。

こちらは解体作業に少し時間がかかると思います。

しかし、処分費用がかからないため、オトクな処分方法ともいえるでしょう。

問題は大型犬のゲージです。

大型犬のゲージは鉄などを使って作られているものが、多いと思います。

大型犬のゲージを手作りされた方は、作った工程を理解しているため、解体にそれほど時間がかからないでしょう。

しかし市販のペットのゲージを解体するのなら、金属用のノコギリを使い、一本一本カットしていかなければなりません。

かなりの労力を使う作業となることがわかりますね。

その後も、ゲージに使われていた素材の種類の分別もあります。

解体作業や工程、時間を考えると、不用品回収業者にお願いするのがオススメです。

不用品回収業者なら解体作業もいらず、そのまま引き渡してしまいましょう。

困ったときは回収パンダにお任せください【東京都内近郊】

もしも、解体する時間がなかったり、仕事のため平日にクリーンセンターに持ち込めないとお困りの方は、不用品回収業者を利用するのもいいですね。

回収パンダでは、大型のゲージはもちろん、ウサギやモルモット、ハムスターなどのゲージも回収しております。

東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県のエリアにお住いの方は、ぜひ回収パンダをご利用ください。