パソコ処分方法

パソコン処分の仕方でオススメなのは?データは消した方がいいの?

⇒東京都内近郊のパソコン処分は回収パンダにお任せください。

「古くなったパソコンを処分したい。」

買い替えであればあまり悩むことのないパソコン処分。古いものを処分だけしたいときはどうすればいいのでしょう。

パソコンは資源有効利用促進法によってリサイクルが推進されているため、燃えないゴミや粗大ゴミで気軽に出すことができません。

仮にゴミで出せたとしても、パソコン内部に眠っている情報をきちんと消去しないと危険ですよね。

そこでリサイクルを行ってくれる業者やメーカーに引き取ってもらうことになります。

しかし頼む先によっては自分の手間も増えてしまうことに。

今回は、楽にパソコンを処分したい人にオススメな処分の仕方をチェックしてみましょう。

処分をする前に知っておきたいこともシェアしますので、参考にしてみてください。

パソコンの処分の仕方!楽でオススメな処分方法は?

パソコンはゴミとしては出せないため、気軽に処分ができないというイメージがあります。

費用に関してだけ言えば無料で回収してもらえるケースがとても多いです。

このため廃棄に関するコストはあまり心配する必要がないのが救いですね。

でも使わなくなったパソコンの中身は、連絡先や古いメールの履歴といった漏れたらマズい情報だらけ。

パソコン処分で失敗しないためにも、どうやって処分するのが安全なのかをみていきましょう。

不用品回収業者に依頼する

不用品を回収してくれる業者であれば、パソコンの処分もお手の物というところが多いので頼みやすいと言えるでしょう。

パソコンだけを専門に回収するような業者もありますし、回収費用が無料という業者も見受けられます。

不用品回収業者に依頼するときは、サービス内容を事前にしっかり確認するようにしてください。

廃棄の際にデータ消去まで引き受けてくれるのか、依頼者側で初期化されたパソコンだけを引き受けてくれるのかなど、サービス内容がそれぞれ異なるからです。

回収費用は無料のところからタワー型のものでも数千円程度を見ておけば大体納まるでしょう。

自治体の回収サービスを利用する

続いて自治体のサービスを利用する方法です。

細かい利用のルールはそれぞれの地域で異なってきます。

小型家電やノートパソコンなどを無料で回収してくれるサービスを行っている自治体が多くあるのです。

中にはデータ消去まで行ってくれる自治体もあります。

しかし回収から専門業者へ委託して、データ消去を行うまでのタイムラグや紛失・盗難のリスクは考えた方がいいでしょう。

自治体のサービスを使っての廃棄は、事前に自分でパソコンのデータをすべて削除するなど、安全に対処できることを前提に利用するのがいいと思います。

またデスクトップパソコンのモニターや、一体型のパソコンなど大型のものは受けてもらえないことがほとんど。

したがって、大型のパソコンを処分するのには向いていないといえますね。

メーカーに引き取ってもらう

パソコンメーカーは最初にご紹介した資源有効利用促進法という法律によって、自社のパソコンを回収しリサイクルする義務を持っています。

このためどこのパソコンメーカーでも、依頼すれば自社メーカーのものは引き取ってもらえるのです。

処分したいパソコンが平成15年10月以降に発売されたもので、PCリサイクルマークがついているものならば、無償で回収してもらえます。

パソコンが古いものだったりマークがついていない場合は、ノートパソコンで大体3〜4000円程度の別途費用が発生しますので注意しましょう。

メーカー回収のを利用する際、パソコンの付属品(電源ケーブルなど)がそろっている必要もあったり送料もかかったりと、メーカーによって対応がまちまちな部分があります。

このためデータ消去に関することも含め、処分前に条件をよく確認してみるといいと思いますよ。

パソコン処分は「棄てる」だけじゃない?「売れる」なら売ってプラスにしよう!

処分したいパソコンがまだきちんと動くというときは、中古品として売るという方法もあります。

処分を頼んでもコストはさほどかかりません。もし売れればプラスになるので嬉しいですよね。

とくにノートパソコンの場合は、動作に問題がなければ大抵の場合買い取ってもらえます。

買取価格も期待できる場合としては見た目がきれいな状態であったり、メモリを積み足してスペックを上げてあるパソコンです。

残念ながらデスクトップ型はやや人気薄になってきています。

処分したいのがノートパソコンでしたら売却の検討はありだと思います。

どのようなところで買い取ってもらえるのかを見ていきましょう。

パソコン買取業者に売る

パソコンを買い取ってくれる中古ショップや買取業者はたくさんありますので探すのは容易だと思います。

しかしデータ消去の保証や回収引き取りサービスなど、お店によって請け負ってくれるサービスが異なります。

このため、どのお店に売るかを決めるのは少し大変かもしれませんね。

一般的には年式の新しいものほど高値で売ることができます。

多少古くてもノートタイプできちんと動作するものであれば大丈夫。

買取成立の可能性は高いと思って大丈夫でしょう。

ただし大量に出回っているメジャー機種で廉価版の場合は、タダ同然というケースも見受けられます。

心配であれば処分したいパソコンの機種名や型番から、買取価格がどのくらいになるかをネット上で検索してみてください。

相場がだいたいつかめますし、実際に買い取ってもらう際の見積もりをチェックするのにも役立ちますよ。

型の古いデスクトップ機などで買い取ってもらえない場合でも、リサイクルや部品取り目的で買い取ってくれる業者もあります。

この場合買取価格はそれなりに低くなりますが、古いパソコンでは処分にコストがかかることもありますので、お得な処分方法と言えるでしょう。

買取業者に依頼するときは業者側でデータ消去を請け負ってくれるケースでも、可能であれば自分で事前に消去しておくのがオススメです。

お店に自分で直接持ち込むのであればあまり心配はないかもしれません。

しかし宅配などで送る時などは紛失のリスクなどが考えられるからです。

オークションサイト・フリマアプリで売る

業者に頼らず自分でネットオークションに出したり、フリマアプリを利用して引き取り手を探すという方法もあります。

送料を負担してもらったり引き取りに来てもらうことを条件にすれば、こちらの発送にかかるコストも無くすことができますね。

自分は単に不用品を引き取ってほしくて出品したけれど、思わぬ高値で取引が成立することもあるかもしれません。

落札する側にとっては宝物クラスだった、というケースですね。

こちらも事前に同じ機種の出品があるか検索してみれば、人気があるのかどうかもわかり参考にできるでしょう。

ただしこの方法ですと、落札者や取引成立相手に直接パソコンを受け渡すことになります。

このため事前の初期化やデータ消去などは、すべて自分で行う必要があります。

古いパソコンのリセットをする自信がない人には、この方法はおすすめできないので注意してください。

買い替えのときはメーカーや家電量販店に引き取ってもらおう

買い替えまたはパソコンを買う際に家にすごく古い使っていないパソコンがあった、という場合に試したいのが下取りです。

壊れていないとか周辺機器がそろっているかなど店舗によって条件は異なります。

条件をクリアすれば下取りに応じてもらえます。

家電量販店の下取りでは下取り代金を新しいパソコンの代金から引いてくれたり、ショップのポイントにしてくれることもあるのです。

処分するパソコンが購入するパソコンと違うメーカーでも大丈夫なので利用しやすいですね。

買い替えが同一メーカーであれば、メーカーにも下取り依頼ができますよ。

こちらも新品を割り引いてくれたり、メーカー独自のポイントを付与してくれたりなどで還元してもらえます。

メーカー下取りでも故障していないかなどの条件はあります。買取業者で値段がつかない機種であっても値段をつけてくれることもあるのです。

多少でも買い替えの助けになるのは嬉しいですよね。

パソコンを処分する際の注意点と処分前にやるべきこと

さてここまで処分方法をいろいろみてきました。たびたび「データ消去」「初期化」ということを注意してきました。

使わなくなったパソコンの内部にはさまざまなデータが入っています。

中でも気をつけたいのが過去のメールのやりとりや写真など、知らない人に流出したらまずいデータ類ですね。

パソコンを処分する際にはそれらのデータをきっちり完全に消去する必要があります。

買取業者などで消去を請け負ってくれるサービスも存在します。

しかし必ずしも任せきりにするのがいいとはいえません。

たとえば自治体の回収サービスでデータ消去サービスがあるからと、何もしていないパソコンを回収ボックスに入れたとします。

ところがその回収ボックスから専門業者へ受け渡す際に紛失や盗難があったとしたら?

データ消去をしてもらう前のパソコンが誰かの手に渡ってしまうことになり大変危険ですよね。

パソコンのデータが流出してしまうと、被害者は自分一人ではなくなってしまいます。

メールの履歴が残っていたら、メールを送った相手にも被害のリスクがあるのです。

できるだけ自分の手元で、しっかりデータ消去をするのが安全と言えますよね。

そこでここからは、パソコン処分前に必ず行っておきたい「データ消去」のやり方を見ていきましょう。

パソコンのデータをバックアップ

パソコンを完全にリセットする前に、必要に応じてデータのバックアップを取りましょう。

買い替えの時でしたら新しいパソコンに移す必要があるデータ類ですね。

Windowsパソコンの場合は、「Windows転送ツール」というOSに組み込まれた機能がありますし、Macでも「移行アシスタント」という機能でデータを移し替えることができます。

差し当たってデータを移す先の新しいパソコンがない場合は、外付けのハードディスクやUSBメモリなどの記録媒体にバックアップをとっておきましょう。

残しておきたいデータが写真だけとか自分で作ったファイル類だけということなら、必要なファイルだけを記録媒体にコピーしておけば大丈夫です。

メールの設定など環境も含めて残しておきたいときは、転送ツールの機能を使ってバックアップを作成しておくといいでしょう。

古いパソコンでとくに保存しておくべきものがないときは、この手順はスキップしても大丈夫です。

ですが使ってなかったとは言え、思いがけない写真などが残っているかもしれません。

いらないからとそのまま消去してしまうのではなく、一度チェックしてみてから決めてもいいでしょう。

故障などでパソコンが起動しない場合は潔く諦めるしかないですね。

完全データ消去して初期化する

必要なデータをバックアップしたら、今度はパソコンに残っているデータを完全に削除する必要があります。

データを消すというと、ファイルをゴミ箱に入れてゴミ箱を空にすればいいと思うかもしれません。

さらには初期化してしまえば全部キレイスッキリ!になるのではとも思いがちですね。

実はデータをゴミ箱経由で消してもパソコンを初期化しても、あなたが使っていたデータはパソコン内に残り続けます。

もちろん初期化してしまえば表面上は使えなくなります。

しかしあなたが使っていたデータが復元されてしまうリスクは残ったままです。

漏洩(ろうえい)を防ぐためには、きっちりと完全データ消去を行ってから初期化をする必要があります。

Windowsの大手メーカーのパソコンやMacにはデータ消去の機能が組み込まれていますので、これを使うのが一番手軽でやりやすいでしょう。

Windowsのパソコンは、メーカーによってツールの呼び方や使い方も違ってきます。

わからない時は取説を確認してみたり、メーカーのサポートに聞いてみるといいですよ。

Macならアップルのサイトに消去方法が載っていますので参考にしてみてください。

自分のパソコンにそういうツールが入っていない、または自作PCなので入っていないという場合はデータ消去用のアプリを使います。

フリーソフトも有償のソフトもあります。

違いは処理スピードや使いやすさなどの面で、フリーだからきちんとデータが消えない、ということはありません。

これらのソフトを使うメリットとしては、パソコンがなんらか故障していて起動しないという場合でも使えるものがある点です。

たとえば「ターミネータ10plus データ完全抹消」というソフトは有償でCD-ROM版ですと5000円ほどするのです。起動しないパソコンや外付けのハードディスクなども消去できることで人気があります。

電源は入るけどWindowsが立ち上がらないというときにはこういうソフトを探してみてください。

さらに電源すら入らないというパソコンであっても、ハードディスクの中のデータは生きています。

解体してハードディスクだけ取り出せば、そのデータを復活させることができてしまうので危険です。

こういう時はハードディスクを物理的に壊すことになります。

物理的破壊はなかなか大変なので、請け負ってくれる不用品回収業者さんなどにお願いするのがいいでしょう。

データを完全に消去できたら初期化して工場出荷状態に戻します。

これもメーカーのツールで対応できますし、市販のツールで消去した場合でもパソコン購入時のセットアップ用CDなどが残っていれば可能です。

下取りや買取、オークション出品などに回したい場合は必ず初期化してください。

廃棄するだけであればデータ消去だけでも大丈夫です。

パソコンのバッテリーはどうやって捨てる?

パソコンの処分方法を見てきました。

ここで忘れがちなのが付属品や周辺機器です。

パソコン本体とモニターには家電リサイクル法(特定家庭用機器再商品化法)の制限があります。

キーボードやマウスなどはゴミとして出せるケースがほとんど。

自治体のゴミルールを確認して適切な方法で処分してください。

ここで気をつけなければいけないのはバッテリーです。

ノートパソコンの場合、バッテリーが取り外せるものも多くありますよね。

また、予備のモバイルバッテリーなども持て余してしまいがちな周辺機器と言えるでしょう。

バッテリーも通常のゴミとしては出すのが難しいアイテムなんですね。

そこでバッテリーはどのように処分するかというと、これもリサイクルに出すことになります。

一般社団法人JBRCというところでリサイクルを管理していて、ここで指定されているメーカーのバッテリーであれば回収してもらえます。

回収方法はJBRCで指定されている家電量販店などに設置されたリサイクルボックスへ投入するだけ。

対象メーカーとリサイクルボックスのあるお店はJBRCのサイトで調べられますし、お近くの家電量販店で聞いてみるのもいいでしょう。

サイトで調べたお店に出向いた時にリサイクルボックスが見当たらないケースもよくあります。これは不法投棄を防止するためお店側が見えるところに置いていないことが多いからです。

こういう時はお店の方にバッテリーを回収してほしいと申し出れば受け取ってもらえますよ。

パソコンの処分方法まとめ

 

今回はパソコンの処分の仕方をチェックしてきました。

古くなって使わなくなってしまったパソコンは回収業者や専門業者、またはパソコンのメーカーに依頼して処分してもらいます。

コストをかけたくなければ無料引き受けをしてくれる業者を探す必要がありますのでやや手間かもしれません。

ノートパソコンや小型のパソコンなら、自治体でも無料回収してもらえるかもしれませんので聞いてみるのもいいでしょう。

まだきちんと動くパソコンでしたら、中古ショップに売りに出せば費用もかけずに済みますし、もしかしたら少しリターンがあるかもしれないのでお得ですね。

どのような処分方法でも大切なのは処分する前のデータ消去です。

きちんと消去してくれる業者さんにお願いするか、自分で消去するかで迷うかもしれません。

でも最近のパソコンなら組み込まれたツールで自分でもできるので、業者さんに出す前に自分でもリセットしておけば安心ですね。

パソコンだけでなくバッテリーなどの周辺機器も、ルールに沿ってきちんと処分するようにしましょう。