オフィス移転のメリットとデメリット!

オフィス移転のメリットとデメリット!問題点を消して効果なオフィス移転をしよう

 

「オフィス移転のメリット・デメリットがよくわからない」

「従業員から不満が出ないようにしたい」

「オフィス移転で失敗したくない」

 

こんな悩みを持っていませんか?

本記事ではオフィス移転のメリットとデメリットを理解し、最も効果的な移転ができる方法を紹介しています。

最も効果的にするには、デメリットをなくせばいいんです。

そのためにはメリットとデメリットを把握する必要があります。

より効果的にするために、「不満を持つ人への対処法」についても紹介しています。

従業員からの不満を出さず、最も効果的な移転をしたい方は最後までお読みください。

オフィス移転の6つのメリット

モチベーションアップ!

従業員のモチベーションがあがる

オフィスの空間が広くなったり、オフィス家具が新しいものになると気分があがるものです。

 

オシャレなデザインであれば女性従業員はとくに嬉しいでしょう。

眺めがいいオフィスだったら多くの従業員の満足度を満たすこと間違いありません。

 

通勤時間が短くなる

通勤時間は働くうえで最もムダに感じてしまう時間です。

短くなることで、従業員は1日の時間をより有意義に過ごせるようになります。

企業としても交通費の削減ができるため、大きなメリットでしょう。

駅から近いなど、通勤時間が短くて済めば人材も集まりやすくなります。

イメージアップにつながる

きれいなオフィスだと印象がよいです。

来客される企業さまや、外からオフィスを見る方にも好印象を与えるでしょう。

それにより商談を進めやすくなったり、人材が集まりやすくなる期待もできます。

優秀な人材を確保しやすくなる

就活をしている人材からすると、きれいなオフィスは魅力的に感じるでしょう。

人材が集まりやすくなれば、優秀な人材を確保しやすくなるはずです。

新卒であっても中途採用であっても、快適なオフィスで働くことに憧れています。

コミュニケーションが取りやすくなる

コミュニケーション

最近は海外のカフェをイメージしたようなオフィスが増えていますね。

時代の変化とともに働き方にも変化が起きているようです。

これにより社内のコミュニケーションの向上や、働き方の多様性につながりました。

他の部署との関わりもでき、あらたな情報をインプットすることによって、自身の業務に活6かされる場合もあります。

女性従業員の定着率アップ

女性は男性よりもオフィスの環境への意識が高いです。

おしゃれだったり、きれいなオフィスだと定着率がアップします。

優秀な女性従業員に定着してもらうには、重要な条件となるでしょう。

オフィス移転の4つのデメリット

費用がかかる

オフィスを広くしたり、新築のきれいなものにしようとすれば、賃料も上がり費用は高くなります。

新しくオフィス家具を買うとなれば、より負担は大きくなるでしょう。

中古の家具で揃えたり、リースにするなどして費用を抑える対策が必要になるかもしれません。

準備に手間がかかる

個人で引っ越しをするのとはレベルが違います。

いろいろな備品や書類の山だったり、荷物をまとめたり運んだりと非常に大変です。

その時間は業務も進まない状態となります。

最小限の手間で済ませるのがオフィス移転の大きな課題となるでしょう。

通勤時間が長くなる

従業員が複数名いれば、通勤時間が長くなる方もいるかもしれません。

そうなれば不満をもつことにつながる場合もあります。

不満にならないためにリモートワークの導入などで対策する必要がありそうです。

企業側も働き方について柔軟な考えを持つことが求められます。

モチベーションが下がる従業員もいる

モチベーション下がる

働き慣れた環境から移転することによって、すべての人のモチベーションが上がるとは言いきれません。

デザインやレイアウトがあまりにも派手で、落ち着かないという場合もあります。

従業員の年齢層や環境への傾向から、自分の会社に合ったオフィス選びをする必要があるでしょう。

働きやすさを最優先に考えることで、モチベーションが下がることを防げるはずです。

効果的にオフィス移転をするとどんな効果がある?【目的を明確にする】

企業としては業績を上げるために事業を行っているため、必ずしも広いオフィスに移転するとは限りません。

業績が悪化し、従業員を減らしたり、賃料が安いオフィスに移転する場合もあるでしょう。

以下で移転する目的とその効果についていくつか紹介します。

優秀な人材を採用するため

メリットの部分で説明した通り、きれいだったりおしゃれなオフィスで働きたいと考えている人は多いです。

オフィスが広くて働きやすい環境であれば、自然と人材は集まってきます。

優秀な人材に巡り合える可能性が高くなるでしょう。

従業員が心地のよい環境をつくる必要があります。

業績悪化のため経費の削減

コロナウイルスの影響を受け、廃業に追い込まれた方も数多く存在します。

売り上げが落ちれば、これまでと同じ経費を維持することは難しいです。

人員削減や経費削減のために移転することで、企業の存続する可能性を上げます。

ブランド力を高めるのため

企業にとってブランドとは大きな意味をもちます。

 

大きなオフィスを構えていたり、人材が集まりやすい環境をつくることで、認知度が高まるでしょう。

認知度が高まると社会的な信用も得やすくなります。

 

信用が増せば取引先も増えるでしょうし、事業の幅が広がります。

移転に不満をもつ人への対処法

移転することで得られる会社と従業員のメリットを説明することで、理解も得やすいでしょう。

 

「会社が移転することが不満だ」

「事務所の移転に反対します」

 

という従業員の不満を防げます。

会社のメリットだけではなく、個人がメリットを感じられる内容が存在しなければなりません。

例えば

  • 駅から遠かったオフィスが駅の近くになる
  • 好きなスペースで仕事ができるようになる
  • 通勤距離が遠くなる場合はリモートワークも可能になる
  • 新しいハードウェアで仕事がしやすくなる
  • カフェ感覚で楽しく仕事ができる

不満をもたれる前にしっかりと対策を考えておく必要があります。

移転をする前に十分なヒアリングを行うのも大事です。

移転の情報の周知ができていないと

「移転するなんて聞いていない」

「会社が勝手に決められた」

と考え、離職につながる可能性もあるでしょう。

移転はオフィスだけでなく人も移動します。

同じ企業で働く従業員に不満をもたせないことはとても重要なことです。

 

まとめ

オフィス移転まとめ

オフィス移転には企業ごとに異なる目的があり、それによって得られる効果も違うことがわかりましたね。

大きなオフィスに移転する企業もあれば、小さなオフィスに移転する企業もあります。

どのような目的であれオフィス移転のメリットとデメリットを把握し、効果的な移転をしましょう。

従業員の不満は離職率にも大きく影響しますので、事前の対策はしっかりとおこなってください。