物干し竿の捨て方ま

物干し竿の捨て方まとめ!粗大ゴミで捨てる?業者に依頼する?

長く使っている間に汚れたり曲がったりしてしまった物干し竿

捨てるといっても長くて大変そうですよね。

買い替えであれば、古いものは引き取ってもらえばいいでしょう。

でも古い物干し竿を処分するだけの場合はどうすればいいのでしょうか?

この記事では、物干し竿の処分方法を解説したいと思います。

物干しざおは粗大ゴミで捨てられる?物干し竿の捨て方3選

物干し竿

重いものではないものの、長くて取り扱いが面倒な物干し竿。

そんな物干し竿の代表的な処分の仕方をご紹介します。

物干しざおを粗大ゴミで捨てる

まずはパッと思い浮かぶ方法として、粗大ゴミとしての捨て方をご紹介します。

各自治体で粗大ゴミの捨て方には少しずつ差はありますが、大まかに流れは大体次の通り。

  • 電話やネットなどで粗大ゴミを申し込む。
  • 料金を確認し、チケット購入など指定された方法で支払う。
  • 指定された日時に指定された場所へ出す。

自宅への引き取りを依頼できたり、料金が後払いだったりと異なるケースもあると思います。

地域ごとでどのくらい違うのかは後ほどもう少し詳しく見ていきますね。

また、気になる料金ですが、物干し竿なら1本数百円程度で済むことが多いようですよ。

物干しざおを不用品回収業者に依頼する

続いては確実に引き取りに来てくれて手軽な、不用品回収業者へ依頼する方法です。

処分するのが物干し竿だけなら料金の目安としては3000円〜5000円程度見ておけば大丈夫でしょう。

地域によっては、業者さんの近所のエリアで無料回収してくれるところもあるようです。

この場合、自治体の処分費用と同額程度の「処分費」だけで処分してもらえるので、数百円程度で済ませることもできるようです。

無料回収エリアに該当する場合は問い合わせてみるのもいいでしょう。

不用品回収業者へ依頼する場合は、必ず事前に料金確認をすることを忘れないようにしてくださいね。

物干しざおを不燃ごみで捨てる

資源ゴミ

ちょっと意外ですが、物干し竿は通常の不燃ごみとして捨てれば料金をかけずに処分ができます。

実は物干し竿が通常ゴミとして出せない理由は「長さ」だけ。

ルール通りのサイズに物干し竿を切断し、安全に結束して出すことができれば十分可能な方法です。

とはいえ、物干し竿はそれなりの直径がありますので、きちんとしたパイプカッターで切らないとうまくいきません。

いくら処分費をかけたくないからと言っても、手元に適切な工具がなければできないですし、慣れていない場合は怪我の元でもあります。

普段からDIYなどでこう言った作業に慣れている人向けの方法と言えるでしょう。

物干し竿の地域ごとでの捨て方

ここまで、物干し竿を処分する代表的な方法についてみてきました。

粗大ゴミや不燃ごみのルールは自治体によっても少しずつ異なります。

詳しくはお住まいの自治体へ問い合わせいただくのが確実でしょう。

ここでは代表的な地域の詳細を調べてみましたので、参考にしてみてくださいね。

横浜市の場合

横浜市の場合、物干し竿は基本的には粗大ゴミ扱いです。

処分費用は2本までで200円だそうです。

横浜市の粗大ゴミの申し込みは以下のような流れでした。

  • 電話、LINE、ネットなどで申し込む。
  • 指定料金を金融機関、コンビニ、郵便局などで納付し、収集シールを受け取る。
  • 受け取ったチケットを貼付して、指定収集日の朝8時までにに指定場所へ物干し竿を出す。

収集場所については申し込みの際に確認があり、自宅の前や通常ゴミの収集場になることが多いそうです。

また雨天でも収集は行われるそうですよ。

不燃ごみで出す場合は、30センチ以下の長さにカットする必要があります。

大阪市の場合

大阪市の粗大ゴミで物干し竿を処分する料金は1本200円です。

申し込み方は横浜市と大きく変わりません。

  • 電話、ネット、FAX、はがきで申し込む。
  • コンビニ、スーパー、郵便局などの指定店舗で「手数料券」を購入する。
  • 購入した「手数料券」を物干し竿に貼付して、指定日に出します。

大阪市の場合、物干し竿の長さが1メートル以内なら資源ゴミとして出すことができます。

短い物干し竿ならこれで出せるかもしれませんね。

ただし長いものを切断して本数が多くなってしまうと、粗大ゴミとして出すように言われることもあるそうです。

福岡市の場合

福岡市の粗大ゴミでは、物干し竿の料金は2本セットで300円とのことです。

申し込み方法は他の都市と同じで、

  • 電話、ネット、LINEで受付。
  • コンビニなどで「粗大ゴミ処理券」を購入。
  • 「粗大ゴミ処理券」に受付番号を記入して物干し竿に貼り、指定日に出す。

という流れでした。

福岡市でも長さが1メートル未満であれば、素材に応じて燃えるゴミや燃えないゴミとして出すことができるようです。

廃品回収業者は危険?

廃品回収業者

物干し竿を処分するとなった時、廃品回収業者が街を流しているのを見かけて気になったことはありませんか?

通りかかった際に気軽に頼むとぱぱっと済んで楽そうですよね。

確かに物干し竿であれば、自分で玄関先で直接業者に渡すこともできます。

余計な料金をふっかけられる心配もあまりなさそうに感じますね。

ですが、彼らの中には無許可で営業している者が少なからずいるということも考えなければなりません。

無許可営業している業者の場合、仮にお安く引き取ってもらったとしても、その後が問題です。

彼らが受け取った物干し竿を適正に処分してくれるのなら何の問題もありません。

ですが、不法投棄や違法な資源転売などに利用されてしまうというリスクがあるのです。

もちろんきちんと営業している業者さんもたくさんいますから、一概に街を流している業者が悪いとは思いません。

ですが、ちょっと通りかかった軽トラがいい業者なのか悪い業者なのかを見分けるのは難しいことです。

業者に依頼する場合は、多少手間でもきちんと事前に調べて問い合わせたり、見積もりを頼むことが大切です。

【まとめ】物干し竿の捨て方

物干し竿を捨てる

物干し竿は頻繁に買い換えるものではありません。

気づいたら思った以上にサビたり曲がったりしてしまっていることに気付くものですよね。

処分する時には自治体の粗大ゴミとして出すか、不用品回収業者へ依頼するのがいいでしょう。

工具の扱いに慣れていれば、短く切って通常ゴミとして正しく分別して出せばコストをかけずに処分ができます。

引っ越しなどで物干し竿の痛みに気づいた場合、処分する時間のゆとりがないこともあるでしょう。

そんな時は古い物干し竿を新居へ持っていって、買い替えて引き取りサービスを利用するのも一つの方法ですよ。

物干し竿は正しく処分して、新しい物干し竿でスッキリ洗濯物を干したいですね。