【マットレス】ポケットコイル・ボンネルコイルの処分方法は?【無料で捨てる方法も紹介!】

【マットレス】ポケットコイル・ボンネルコイルの処分方法は?【無料で捨てる方法も紹介!】

「マットレスを捨てたいけど粗大ゴミで捨てるしかないのか…」

「無料で捨てる方法ってあるのかな」


とお悩みの方はいませんか?



マットレスは折りたためないものも多く部屋のスペースを取りがちです。

処分すると決めたらできるだけ早く手放してスッキリしたいですよね。

今回の記事では、ポケットコイルやボンネルコイルといったマットレスの処分方法や、引き取りサービスを利用した場合の相場などをご紹介します!

無料でマットレスを処分する方法もご紹介するので参考にしてみてくださいね。

ポケットコイルマットレスの処分方法は?

ポケットコイルマットレスは、独立した小さな袋にコイルが一つずつ包まれた構造になっています。

ふんわりとした柔らかめの寝心地が特徴の日本人にとくに人気の高いマットレスなので、使っている人も多いのではないでしょうか?

そんなポケットコイルマットレスの処分方法を2つご紹介します。

粗大ゴミとして出す

ポケットコイルマットレスは粗大ゴミとして捨てられます。

お住まいの自治体の粗大ゴミ回収日や費用、収集場所、日時を確認しましょう。

自治体により価格は異なります。シングルマットレスだと1,000〜2,000円くらいが相場となります。

メリット

粗大ゴミで捨てるメリットは安く捨てられるということです。

デメリット

  • 回収の日時が決まっている
  • 収集場所まで持っていく必要がある
  • 粗大ゴミ券の購入などが手間
  • 自治体によってはマットレスの回収を行っていない

粗大ゴミでの処分は安く捨てられるのが魅力です。

しかし、収集場所まで自分で持っていく必要があります。

ポケットコイルマットレスは重量が18kgほどあるので持ち運ぶのは意外と大変。

マンションやアパートなど階段を利用する場合や、粗大ゴミの収集場所まで遠い場合はかなり労力がかかるでしょう。

また粗大ゴミは収集日が決まっているので「すぐに処分したい!」という人には不向き。

捨てる粗大ゴミに貼り付ける”有料ごみ処理券”を購入するのも、自治体によっては市役所までいく必要があったりと手間がかかります。

自治体によってはスプリング入りのマットレスの回収自体を行っていないので注意してください。

不用品回収業者にたのみマットレスをもっていってもらう

不用品回収業者に引き取ってもらう方法もあります。

費用は他の方法に比べて高くなるものの、家まで引き取りに来てくれるので大変便利です。

メリット

  • 家まで回収しに来てくれる
  • すぐに引き取ってもらえる
  • 他にも捨てたい物がある場合お得なパックを利用できる

デメリット

  • 費用がかかる
  • 業者がぼったくることもある

不用品回収業者にお願いすれば簡単に手間なくマットレスの処分ができます。

家まで引き取りに来てくれるのでマットレスを自分で運ぶ必要がありません。

体力に自信のない人や手伝ってくれる人がいない人、階段のあるマンションやアパート暮らしで持ち出しが大変な人にオススメ。

また、すぐに引き取りに来てくれるので仕事が忙しくて時間がないという人にもぴったり。

まとめてたくさん回収依頼すると安くなるプランがある不用品回収業者もあります。

マットレスの他にも捨てたい不用品がある人はこの機会にお得に処分するのもいいですね。

ボンネルコイルマットレスの処分方法は?

ボンネルコイルマットレスのコイルが2つ並んでいる

ボンネルコイルマットレスは昔からよくあるタイプのマットレスで、一定の間隔で並んだコイル同士をワイヤーで上下左右に連結した構造になっています。

面で身体を支えるので布団に近い寝心地が特徴で、他の種類のものに比べると安価な商品も多いため愛用している人も多いでしょう。

そんなボンネルコイルマットレスを処分する方法を2つご紹介します。

新品のマットレスを購入する時に店に処分を頼む

店によっては新品のマットレスを購入すると古いマットレスを引き取ってくれます。

新しいマットレスを購入する予定の人は、購入予定の店にマットレス引き取りサービスがあるか確認してみましょう。

店舗によって異なりますが無料で引き取りサービスを利用できる場合もありますよ。

メリット

  • 無料で引き取ってもらえる場合がある
  • 新品を配送時に古いマットレスを引き取りの場合自分で運ぶ必要がない

デメリット

  • 新品に買い替える時にしか使えない
  • 店によっては引き取りサービスがない

新品のマットレスを購入する必要があるものの、条件が揃えば無料で古いマットレスを処分できます。

マットレスの買い替えを検討している人でいま使っているマットレスを捨てたいという人は、引き取りサービスのある店を選ぶのがオススメ。

ごみ処理施設まで持って行く

自治体のごみ処理施設に自分で持ち込めば、粗大ゴミとして出すよりも少し安く処分できます。

しかしマットレスは普通乗用車で運ぶのは難しいため軽トラックなどをレンタルする必要があります。

軽トラの半日レンタルの相場は5,000円ほどで、安く処分するために施設まで持って行くのに車代で逆に高くなる場合も…。

マットレスが乗せられる大きな車をお持ちの方にはオススメの方法と言えます。

メリット

  • 処分費用が回収の粗大ゴミより安くなる

デメリット

  • マットレスが乗る大きさの車が必要
  • レンタカーを使うと逆に高くつく
  • 自分で運ぶのが大変

マットレスを無料で捨てるには?

マットレスを無料で捨てるには、先ほど紹介した「新品のマットレスを購入する時に店に処分を頼む」の他にも一つ方法があります。

それは自分でマットレスを解体して一般ごみとして捨てる方法です!

小さくすれば一般ごみとして捨てられるので無料で処分できますよ。

しかし、相当な労力と時間がかかるのであまりオススメできる方法ではありません。

「どうしても無料で捨てたいから解体してみたい!」という方は下記の方法を参考にしてみてください。

使用する道具

  • カッター
  • 布用断裁バサミ
  • ニッパーやペンチ(小さな金具を取り外すのに使う)
  • ボトルクリッパーやワイヤーカッター(太い鉄フレームを切るのに使う)

解体方法

  1. マットレスの側面をカッターで切って中身を出す
    中身は綿・ウレタン・不織布・フェルト・コイルスプリング・鉄フレームなど。
  2. 自治体のごみの分別に従って素材を分別する
    ポケットコイルスプリングマットレスの場合コイルが一つひとつ袋に入っているので取り出していく。鉄フレームもごみ袋に入る大きさに断裁。

コイルスプリングを使用したマットレスの解体は想像以上に大変です。

自分で解体すればタダで捨てられるとは言え、労力と手間を考えるとコストパフォーマンスは悪いと言えるでしょう。

ボトルクリッパーやワイヤーカッターなどの工具を持っていない人は揃えるのにお金がかかります。

マットレス引き取りサービス相場は?

マットレスを運ぶ不用品回収業者

不用品回収業者のマットレスの引き取りの相場は、シングルサイズ3,500円〜、ダブルサイズ5,500円〜です。

粗大ゴミとして捨てる方法に比べると少し高いものの、家まで引き取りに来てもらえるので便利です。

回収日をこちらの都合に合わせて設定できるので忙しい人やすぐに手放したい人にもオススメ。

費用対効果を考えると実は一番コストパフォーマンスの高い処分方法と言えるかもしれません。

マットレスを交換する時期の目安は?

マットレスの交換時期の目安は素材によって異なります。

一般的にポケットコイルは8~10年、ボンネルコイルは6~8年が寿命と言われています。

この年数より短くても以下に当てはまる場合は買い替えを検討しましょう。

  • 反発力がなくなった
  • 寝ている部分が凹んできた
  • カビが発生している
  • バネの軋む音が大きくなった

【まとめ】マットレスの処分方法は?

ポケットコイルやボンネルコイルのマットレスの処分方法を紹介しました。

  • 粗大ごみとして捨てる
  • 不用品回収業者に依頼する
  • 新しいマットレスを購入するときに店に引き取ってもらう
  • ごみ処理施設に持ち込む
  • 解体して一般ごみとして捨てる

重くて大きなマットレスを自分で運ぶ必要がない「不用品回収業者に依頼する」か「新しいマットレスを購入するときに店に引き取ってもらう」がオススメ。

新しいマットレスは購入しないという人や、引き取りサービスがない店でマットレスを購入する人は不用品回収業者を利用しましょう。