マッサージチェア 処分

マッサージチェア処分費用は?回収パンダが回収します

マッサージチェアの処分でお困りの方はいませんか?
この記事では、重くて動かすのも大変なマッサージチェアの処分方法を6つご紹介します。

  • 「マッサージチェアを手間なく素早く処分するにはどうしたらいい?」
  • 「自治体の粗大ゴミとして捨てられる?」
  • 「どうしてもお金をかけたくない!無料で処分する方法はある?」

このようなお悩みをすべて解決しますので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

マッサージチェアの処分方法は?無料で捨てられる?

マッサージチェア 処分

マッサージチェアの処分方法を無料のものも含めて6つご紹介します。

最初に結論から言うと、「不要品回収業者に処分してもらう」方法が一番オススメです!
なぜなら、100kg近い重量のマッサージチェアは運ぶのがとにかく大変だからです。
慣れない人が重いものを無理をして運ぶと腰など身体を痛めてしまいがちですよね。
怪我をすると治療費がかさむので、「安く済ませようと思ったのに結局は余計にお金がかかってしまった」ということになるかもしれません。
仕事や日常生活に支障をきたしてしまったら大変です。
少しでも不安のある方は、不要品回収のプロに任せることをオススメします。

不用品回収業者に処分してもらう

【費用:小型・中型3,000円〜、大型6,000円〜】

不要品回収業者に処分してもらう方法は、最も確実で手軽な方法と言えるでしょう。
回収を依頼すれば家の中まで引き取りに来てくれるので、マッサージチェアを自分で運ぶのが不安という方や、忙しくて自分で処分する時間がない方にぴったりです。
費用はかかりますが手間と労力を節約できることを考えると、一番コストパフォーマンスが高い方法かもしれません。

不要品回収業者を利用するメリット

  • 重いマッサージチェアを自分で運ばなくていい
  • 都合に合わせて回収の日時指定ができる
  • 場合によっては買い取りしてもらえることもある

デメリット

  • 費用がかかる

東京都近郊にお住いの方で不要品回収をご希望でしたら、迅速・丁寧・安いがモットーの回収パンダへご用命ください。
買い取り可能であれば、引き取り料金から差し引かせていただきます。
また、マッサージチェアの他にも処分したい家具や家電があるという方にオススメな「積み放題パック」のご用意もございます。

リサイクルショップに売る

【費用:無料(買い取ってもらえたら収入になる)】

不要になったマッサージチェアは、リサイクルショップで買い取ってもらう方法もあります。
もし買い取ってもらえたら処分に費用がかかるどころか、ちょっとした収入になるので嬉しいですね。
ただし、購入から年数が経っていたり、動作不良や傷や汚れのあるマッサージチェアは買い取ってもらうのが難しいでしょう。

  • 製造年から5年以内
  • 傷や汚れ、動作不良がない
  • 有名ブランドのもの、元が高額なもの

これらの条件を満たしているマッサージチェアなら、リサイクルショップで買い取りしてもらえる可能性が高くなりますよ。

リサイクルショップで売るメリット

  • 売れたらお金が手に入る
  • 出張買取サービスのある店だと搬出も行ってくれるので楽

デメリット

  • 自分で店に持っていく場合、持ち運びが大変
  • 状態の良いマッサージチェアでないと売れない

オークションサイトで売る

【費用:梱包材と送料のみ(買い取ってもらえたら収入になる)】

オンラインのオークションサイトで売るもの一つの方法です。
リサイクルショップの買取との違いは、自分で販売価格を設定できることです。
また、リサイクルショップでは買い取ってもらえないような状態のマッサージチェアでも、オークションサイトでは需要があれば売ることができます。
例えば年代物のマッサージチェアを売りたいなら、リサイクルショップでは買い取ってもらえませんが、オークションサイトでなら「レトロなインテリアとして購入したい」という層に需要があるかもしれません。
送料と梱包の手間を考えつつ利用してみましょう。

オークションサイトで売るメリット

  • 意外と高額で売れる場合がある
  • 自分で価格を設定できる

デメリット

  • 写真撮影や落札者とのやりとりが面倒
  • 売れるまで時間がかかる、売れないかもしれない
  • 送料が高額になり梱包も手間がかかる

解体して粗大ごみで捨てる

【費用:1,000円〜2,000円】

粗大ゴミとして自治体に回収してもらう方法もありますよ。
費用は自治体によって異なります。
例えば、東京世田谷区だと2,000円、大阪市だと少し安くて1,000円で回収してもらえます。

注意したいのは、粗大ごみの回収には大きさや重量制限がある場合があるということです。
自治体によって異なりますが、50kgを上限としているところが多いようです。
大型のマッサージチェアを粗大ゴミとして捨てたい場合には解体して規定重量以下にしましょう。
マッサージチェアの解体方法も紹介してあるので参考にしてみてください。

粗大ゴミとして捨てるメリット

  • 費用が安く済む

デメリット

  • 大型のマッサージチェアは解体する必要があり大変
  • 回収日が決まっているのでそれまで待つ必要がある

家電量販店などに捨ててもらう

【費用:6,900円〜】

実はマッサージチェアは家電量販店に回収処分をお願いすることもできます。
店によっては、その店で購入したマッサージチェアのみの回収サービスのところもあるので注意しましょう。

家電量販店に依頼するメリット

  • 回収に来てもらえるので自分で運ぶ必要がない

デメリット

  • 費用がかかる
  • 店によって利用するのに必要な条件がある

ジモティなどを利用する

【費用:無料(買い取ってもらえたら収入になる)】

ジモティーはオンラインの地元の掲示板サイトです。
近所でマッサージチェアが欲しい人を見つけることができるので、自分で運んだり直接引き取りに来てもらえれば、送料もかからず売ることができるでしょう。
ちなみに、売るだけでなく無料で譲ることもできます。
無料であれば多少状態の悪いマッサージチェアでも欲しいという人がいるかもしれないので、費用をかけずに手放したいという方にオススメの方法です。

ジモティーを利用するメリット

  • 自分たちで運べば送料がかからない
  • 売れればお金が手に入る

デメリット

  • 写真撮影や購入者とのやりとりが手間
  • 欲しい人が見つからなければ手放せないので、時間がかかる

マッサージチェア解体方法

こちらの動画では、普及してよく使われているフジ医療器のマッサージチェアの解体方法を解説しています。
マッサージチェアの解体は時間と労力が非常にかかるうえ、怪我の危険もあるのであまりオススメできません。
どうしてもチャレンジしてみたいという方は以下を参考にしてみてください。

マッサージチェアの解体手順

  1. まず上部から分解していく。表面を覆っている布をはぐと中身が出てくるので、スポンジなどは取り外しその他も一つずつ分解する。
  2. 次に横向きに倒して、底部分から分解する。
  3. 座る部分や肘掛のスポンジも取り外し、残った基盤を分解して完了。

解体を行う場合は必ず電源コンセントを抜いてから行ってください。
また、カッターや工具で怪我をしないよう気をつけましょう。部品の中には鋭利なものもあるので注意が必要です。

マッサージチェアの処分に困ったら回収パンダまで!東京都内近郊をカバーしております。

回収パンダは「迅速・丁寧・安い」をモットーに不用品回収を行っています。
対応エリアは東京(一部を除く)、神奈川(一部)、埼玉(一部)、千葉(一部)と東京都内近郊を広範囲にカバーしています。
安心安全なプロの不用品回収をぜひご利用くださいませ。

マッサージチェアは、小型・中型なら3,000円〜、大型のものは6,000円〜でお引き取りにうかがいます!
状態の良いものなら、買取させていただきますのでよりお安く処分することも可能ですよ。
お得な積み放題パックもご用意しておりますので、マッサージチェアの他にも処分したいものがあるという方も大歓迎です。

まずはお気軽にお問い合わせください。

マッサージチェア処分方法まとめ

マッサージチェアを処分する方法を5つご紹介しました。
ご自身の都合に合わせて最適な方法を選んでください。

  • 時間と労力を節約して楽に処分したい→不用品回収業者に頼む、家電量販店に頼む
  • 状態が良いものを売りたい→リサイクルショップやオークションサイトで売る
  • 状態が悪いものを手放したい→ジモティーで引き取り手を探す
  • 安く確実に捨てたい→解体して粗大ごみとして捨てる

手間なく確実に処分できる不用品回収業者を利用するのが一番オススメです。
マッサージチェアを自分で解体するという方は、怪我に十分注意して作業してくださいね。