川島町不用品

【川島町】不用品の買取・回収処分・遺品整理は即日対応可能は回収パンダ!

粗大ゴミや不用品を自治体で処分しようと思ったら、かなりの手間や時間がかかるとお困りの方もいるでしょう。

今回は埼玉県川島町でオトクに処分できる方法を紹介します。

回収パンダでは川島町の粗大ゴミや不用品回収、遺品整理もおこなっています。⇒回収パンダの詳細はこちらからどうぞ

埼玉県川島町で捨てられる粗大ゴミは?

埼玉県川島町で捨てられる粗大ゴミは?

川島町では最大辺の長さが50cmを超えるものが粗大ゴミとなっています。

川島町では戸別収集と自己搬入の2つの方法があります。

自治体によっては土曜日は自己搬入できないところもあります。
このようにカンタンに粗大ゴミの処分ができないこともあります。

しかし、川島町での自己搬入は第1・3・5土曜日の午前中も可能です。

自己搬入は80kg以下の場合は無料、80kgを超えるものは10kgあたり40円が加算されます。

川島町では自治体のクリーンセンターへ自己搬入するのがいいでしょう。

戸別収集は収集日当日に立ち合いが必要となり、料金は当日支払いとなります。

また収集日当日までに玄関先に粗大ゴミを玄関先に移動させる必要があります。

戸別収集は、収集日の指定・収集日当日の粗大ゴミの変更や増減ができない決まりになっているため、自己搬入の方が簡単かもしれません。(埼玉県川島町の粗大ゴミ収集はこちらからどうぞ

埼玉県川島町の自治体で捨てられない粗大ゴミ・不用品処分方法3選

川島町ではスマートフォン専用のゴミ分別アプリがあります。

分別に困るゴミもこのアプリを使えば、簡単に分別ができそうです。

しかし、中には同じものでもゴミの分別が違う場合もあります。

たとえば、車椅子は電動のものと手動のものでは処分方法が異なることもあるのです。

また、アプリを使ってもよくわからないゴミもあるかもしれません。

そのような時はどうすればいいのでしょうか。

不用品回収業者に依頼

粗大ゴミは重たいものも多く、大きいものだと動かすのにも一苦労だと思います。

昔買った大型家具を持ち出そうとしても、他の家具がじゃまで持ち出せないという家も多く処分に困り果てている人もいるでしょう。

どこの自治体でも「家の中には入れないため、玄関先や庭先、収集場所に置いてください」と言われます。

一つの家具にために家族総出で運び出そうと四苦八苦して、結果的に他の家具や壁に傷をつけてしまうということもあるかもしれません。

このような経験をすると、次に自治体の粗大ゴミ収集を依頼する気はなくなってしまうでしょう。

不用品回収業者なら、家に置いている粗大ゴミを持つ必要はありません。

なぜなら業者が家の中まで入って、運び出してくれるからです。

不用品回収業者なら、ゴミの分別や車に入れるための解体などもせずに済みます。

リサイクルショップに依頼(回収パンダでも出張買取を行っております)

リサイクルショップも、さまざまな形に変化しています。

出張買取りはもちろん、最近では着払いで不用品を買い取ってくれるリサイクルショップも出てきました。

このようなリサイクルショップを活用する人も多くなっており、不用品がお金に変わる時代になりつつあります。

しかし、リサイクルショップではどのようなものでも買い取ってくれるわけではありません。

そうなると、家の中にそのまま粗大ゴミや不用品が置かれたままになってしまいます。

買い取ってくれるのはリサイクルショップだけではないのです。

不用品回収業者でも買取を行っているのを知っていますか?

不用品回収業者なら、買取と回収を同時にしてくれるので、1日で家の中が片づきます。

回収パンダでも不用品の買取りを行っています。

もちろん、リサイクルショップで買い取ってもらった後の売れない不用品の回収だけの利用も可能です。⇒回収パンダの埼玉県回収エリアはこちら

フリマアプリなどで売る

フリマアプリ

「購入はしないけれど、フリマアプリを見ている」といった人も多いのではないでしょうか?

フリマアプリは出品者も購入者も楽しめるアプリです。

「未使用品」「数回程度使用」なども記載されているため、ニーズに合ったものが選べます。

また、時には「コレがほしい」と思える商品に出会えることもあります。

同じ商品でも出品者によって価格が違うため、かなり安い価格で購入することも可能です。

出品者側は売れた時の喜びも知ることができる人気のアプリです。

しかし、トラブルになることもあるので、出品者の口コミをしっかりと見てから購入しましょう。

遺品整理で不用品回収業者の選び方

遺品整理には「悲しくてできない」「時間がない」などの理由でできないこともあります。

今では遺族だけが遺品整理をおこなう必要はありません。

「遺品整理士」の資格を持った不用品回収業者に依頼することもできます。

「遺品整理士」の資格は国家資格ではないため、資格を持っていない不用品回収業者でも遺品整理をおこなえます。

遺品整理に「遺品整理士」の資格は絶対に必要ということではないのです。

しかし、遺品整理士は遺品整理のための講座を受け、レポート提出をして取得できる資格です。

レポート提出をしたからといって、誰もがすぐに資格取得できるわけではありません。

「遺品整理士」の合格率は約60%となっています。

遺品整理士は遺品の供養や不用品の処分方法などもしっかりと勉強しています。

不用品回収業者に遺品整理を依頼する際は、「遺品整理士」の資格を提示してもらうとよいでしょう。

【まとめ】回収パンダは不用品回収・買取・遺品整理までお任せください

回収パンダでは「トラック積み放題パック」を用意しております。

さらにお安く利用されたい方は、通常価格よりも7,100円もオトクな1日3組限定ライトパックもございます。(こちらは人気のため、お早めの予約をお願いします)

回収パンダは見積もり無料だけではありません。

他社では加算される「階段料金」「出張料金」「作業員追加料金」も一切不要です。

支払いは現金・クレジットカードだけでなく、PASMO・Suica・ペイペイ(LINE・AUも可能)なども取り扱っております。

遺品整理士の資格を持った回収パンダにお気軽にお問い合わせください。⇒回収パンダのお問い合わせはこちらから