売ったお金税金

買い取ってもらった物は税金の申告の必要はある!?

不用品を買取してもらうとき、金額が大きくなってくると、税金の申告が必要あるのではないかと不安になりますよね。

買取では税金申告が必要であるものと、必要でないものとがあります。

詳しくご紹介します。

買取で税金の申告は必要?

ここからは買取で税金申告が必要なものと、必要でないものについて解説します。「生活動産」扱いのもの対しては、日常生活で必要なものと考えられるため、税金はかかりません。

例えば衣類、時計、家具、通勤車などは、日常生活で必要なものですよね。

そのため生活動産としてみなされるため、税金はかかりません。

しかし、貴金属、骨董品、宝石などは注意が必要です。

これらは生活動産に含まれません。

生活動産に含まれないモノは、買取金額がある一定以上の金額になると、課税の対象となりますので注意しましょう。

例えばブランド品などの貴金属や、宝石の買取で課税対象となる金額は、30万円以上の利益となった場合、課税対象となります。

・課税対象となる利益=売却額−購入した金額と購入するときにかかった経費−特別控除50万円

※利益が30万円以上になった場合、課税対象になります。

金を買い取ってもらったら税金はかかる?

金を買取してもらった場合、買取金が高額になるケースもあります。その場合、税金はかかるのでしょうか。

金の買取には税金がかかります。

買取で得た利益は「譲渡所得」として国税庁で定められています。

ただし金の買取金額の全額が、課税対象になるものではありません。

対象となるのは、特別控除50万円と、金の購入、購入にかかった費用を差し引いた金額の利益に対して、課税がかかります。

所得には以下3つの区分があります。

・譲渡所得

個人で金を所有していて、売るときにかかるのが「譲渡所得」です。

・雑所得

個人が販売目的で継続して金を売り、利益を得る場合は「雑所得」です。

・事業所得

個人ではなく事業として金を売り、利益を得た場合は、「事業所得」です。

金を売り、損失が出た場合、上記所得ごとに決まりは違います。

損失分は控除に回すことができます。

また金を売り高額になった場合は、書類手続きなども複雑になることが多いので、税理士や税務署の専門家に相談するとよいでしょう。

トレカを買い取ってもらったら税金はかかる?

トレーディングカードを買い取ってもらって、得た利益に税金はかかるのでしょうか。

売買目的で得たものは事業所得として考えられます。

趣味で集めたようなトレカは、儲けの利益が出ることは、一般的に稀ですが、買い取ってもらっても非課税です。

車を買い取ってもらったら税金はかかる?
車を買い取ってもらうと、大きな金額が入ってきますが、税金はかかるのでしょうか。

一般的には、車を売って得たお金に対して税金はかかりませんが、税金の申告をしなければならないケースもあります。

車を買い取ってもらったときに、購入金額よりも売却額が上回る場合、譲渡所得税がかかるのです。

その他車の使用用途によっても異なります。

税金は詳しく解説します。

・通勤用 

車を通勤用として使用していた場合は、税金はかかりません。

ただし通勤目的では認められない高級車などは、必要以上の動産であるとして考えられます。

そのため課税対象となりのが譲渡益。

通勤用は、送り迎えや買い物などの利用も含まれます。

・業務用

仕事で業務用として車を使っていた場合、車を売って利益がでるときは譲渡所得とみなされ、所得税がかかります。

ただし50万円の控除を売却金額から引いた額になるのです。

例えば60万円の利益が出たときは、50万円を引いた10万円に対して、税金が課せられます。

注意点は、車の使用期間5年を超えていれば課税対象は半分に減額されます。

・レジャー用

車の売却で、税金のかかるケースは下記のとおり。

  • 趣味で購入したもの
  • レジャー用として使用

これらは日常生活では必要のないものとみられ、所得税がかかります。

ただし売却して、利益が出る場合のみ所得税が課税されるのです。

売却時の金額が購入したときの金額よりも、50万円以上高い場合に所得税がかかります。

歯科金属を買い取ってもらったら税金はかかる?

歯科金属を買い取ってもらって、雑所得が20万円以上の利益となれば、申告する義務があります。

【まとめ】買い取ってもらったものは税金の申告は必要?

不用品を買い取ってもらったら、税金の申告が必要なものと、必要でないものがあります。

下記税金申告が必要なもの、必要でないものをまとめました。

税金の申告が必要なもの

不用品を買取してもらって税金の申告が必要なものは、書画、骨董品、貴金属、宝石などです。

売却額−取得費−特別控除50万円=利益が出た場合は課税対象となります。

計算式にあてはめて、利益が30万円以上となるものは課税対象ですが、だいたいのケースは非課税になることが多いです。

高額な宝石の買取などは30万円以上の利益になる可能性もあります。

税金の申告が必要ではないもの

生活動産は、課税の対象となりません。

日常生活をする上で必要なもので、例えば通勤用自動車、衣類、家具などです。

給与以外に副収入が20万円以上あれば、課税対象となりますが、生活動産に該当するモノの所得は非課税となります。

不用品を処分したいとき、買取も行っている回収パンダに依頼するのオススメです。

回収パンダでは不用品の買取をを最短即日で回収に伺います。

お気軽にLINE・お電話でお問い合わせください。LINEは24時間受付しております。