家電処分方法

大型家電の処分方法と費用!引っ越しで不用品処分に困ったときは?

「引越しが決まり家電処分をしたいけど家電を捨てる手順がわからない。」

など、家電処分についてお悩みの方はいらっしゃいませんか?

この記事では、知っていると役立つ「家電を処分する方法について詳しく解説します。

これ読めばすぐに家電処分をするための手配ができるでしょう。

「家電リサイクル券」が必要な家電などについても詳しくご紹介します。

家電を処分する時の注意点

家電を処分する場合、「家電リサイクル法対象品目の家電」と「その他の家電」で処分方法が異なります。

まずは、処分したい家電が家電リサイクル法対象品目に当てはまるか確認しましょう。

家電リサイクル法対象品目を処分する場合、リサイクルする義務があり、規定に従って処分する必要があります。

法を守った適切な処理をしないと、違法行為として罰金や罰則が課せられる可能性もあるので注意してください。

環境保全のためにも、指定家電のリサイクル・処分方法は遵守しましょう。

家電リサイクル法とは?

家電リサイクル法とは?

家電リサイクル法とは

特定家庭用機器再商品化法(家電リサイクル法)は、一般家庭や事務所から排出されたエアコン、テレビ(ブラウン管、液晶・プラズマ)、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機などの特定家庭用機器廃棄物から、有用な部品や材料をリサイクルし、廃棄物を減量するとともに、資源の有効利用を推進するための法律です。

経済産業省:家電4品目の正しい処分早わかり

家電リサイクル法対象家電は以下の4品目。

これらの家電はリサイクルが義務付けられています。

注意点

  • 製造しているメーカーによってリサイクル料金が異なる。
  • 事業所で家電4品目の家庭用機器を使用している場合は家電リサイクル法の対象
  • 家庭で業務用機器を使用している場合は家電リサイクル法の対象外

家電リサイクル法の詳細については、政府広報オンライン「家電4品目は正しい処分を!」も参考にしてみてください。

家電4品目を処分する方法(買い替える場合)

家電を処分するときは「買い替えをするのか」それとも「処分するだけ」なのか、2つのケースで判断します。

同じ品目の家電製品を新しい製品に買い替える場合は、どうしたらいいでしょうか?

例えば冷蔵庫を買い替えるときに、新しく冷蔵庫を購入する販売店で、古い冷蔵庫を引き取ってもらうことができます。

新しい冷蔵庫を届けるときに一緒に古い冷蔵庫を引き取ってもらえるので便利です。

引き取り方法はお店によって異なるため事前に確認しておきましょう。

料金はリサイクル料金と収集運搬料が必要となります。

家電4品目を処分する方法(買い替えずに処分する場合)

買い替えなしで家電4品目を処分する方法は3つ。

  1. 製品を購入した販売店で引き取ってもらう
  2. 指定引取場所に直接持ち込む
  3. 指定の不用品回収会社に引き取ってもらう

まず、処分したい家電製品を購入した販売店で引き取りを依頼する方法があります。

店舗によって引き取り方法が違うので、購入した家電量販店などに問い合わせて確認してみましょう。

指定引取場所に処分したい製品を直接持ち込む方法もあります。

指定引き取り場所に自分で持っていくときは、「家電リサイクル券」の事前準備が必要です。

そして処分する家電製品と支払いを済ませた家電リサイクル券の綴り一式を「指定引取場所」に持ち込むのです。

最寄りの指定引取場所はホームページで調べられます。

手間なく処分したいなら、指定業者に引き取ってもらう方法がオススメ!

家電リサイクル券の販売場所と購入手順

郵便局

家電リサイクル券は「郵便局の貯金窓口」で購入しましょう。

リサイクル券に記入するために、以下の内容を事前に調べておきます。

  1. 製造メーカー名
  2. テレビは画面サイズ
  3. 冷蔵庫・冷凍庫は容量

以上を記入してリサイクル料金を支払います。

次に回収方法を確認します。

  • 電気店に引き取りを依頼する
  • 市区町村に問い合わせる
  • 指定引き取り場所に持ち込みます

近くの販売店で購入された方は販売店にご相談してください。

引き取りの依頼をしたときは、回収業者から「家電リサイクル券」を渡されます。

その用紙に必要事項を記入してください。

引き渡し時には必ず家電リサイクル券の控えを受け取ってください。

リサイクル店販売店検索サイトはこちら

その控えに記されている「お問い合わせ管理票番号」で処分した製品がメーカーに引き渡されたかを確認することがきます。

処分にかかる料金をまとめました。

【支払う費用=収集・運搬料金+リサイクル料金】 

〜リサイクル料金の例〜

リサイクル料金の例

引用元:https://www.rkc.aeha.or.jp/recycle_price_compact.html

RKC 一般財団法人家電製品協会様で紹介されてるリサイクル料金例です。

収集・運搬料金は各小売業者が設定します。

メーカーごとに料金が異なります。

家電4品目以外の家電の処分方法

家電4品目以外の家電の処分はどのようにしたらよいのでしょうか?

例えば電子レンジ掃除機炊飯器など・・・。

このような家電はお住まいの市区町村のルールに従い処分するようにしてください。

処分の方法がわからないときは「小型家電リサイクル法」でリサイクルが行われているので、お住まいの市区町村の廃棄物、リサイクル担当にご相談ください。

パソコンはパソコンの製品メーカーによる回収や、スマートフォンや古い携帯電話は携帯ショップでも回収されています。

家電を売ることで手放す方法

ここからは「家電を売る」方法についてご紹介します。

ネットオークションで売る

不要になった家電を売るとお金に変わるケースがあります。

近年では不要になった日用品などをフリーマーケットアプリやネットオークションなどで、手軽に売ることができると注目浴びることが多いです。

ネットオークションでは商品を探している人が値段を決めるオークション式が主流なので、予想していた金額以上の高値になるケースもあります。

ただしオークションは競って価格が決まるので売れるまでに時間がかかることもあります。

デメリットとしてはメーカー保証がないことで起こりうるトラブルです。

落札したけど、故障していて修理費用まで支払うことになったり、返金を求められるケースなどもあります。

常に出品者側も個人間で売るリスクはあることを知っておきましょう。

商品説明が不十分であったり実際の商品と違ったりすることがないよう、十分に気をつけて出品しましょう。

リサイクルショップなどで売る

日用品などで利用された方もいるかもしれませんが、不要になった商品をリサイクルショップに持ち込んで、買い取ってもらう手軽な方法です。

その場で買取価格の値段がつくので、早くに処分してしまいたい方にはオススメ。

発送するときの梱包なども必要がないので手軽です。

リサイクルショップによっては自宅まで引き取りにきてくれるショップもありますのでお近くのお店を探してみても良いでしょう。

買取価格はネット販売よりも安くなるケースが多いです。

ただし家電に関しては、年式や動かないものなど買い取ってもらえないケースもあるので、事前にお店に確認することをオススメします。

知り合いに譲る

処分をする家電を有効活用するひとつとして、知人に譲ったり売るケースもあります。

個人間のやりとりですが、お知り合いの方であれば、何かあったときでもトラブルなく売ることができるでしょう。

不用品回収業者に依頼するときは絶対注意すべきこと!

不用品回収業者に依頼をするときは注意が必要です。

安いからといって、無料回収をうたっている業者に依頼をしたら「無許可」だった・・・などというケースもあります。

無許可業者に不要な家電を処分などすると、どうなるのでしょうか?

適正な処理(法を守った)ができているのか確認ができないため、「不法投棄」「不適正処理」「不適正な管理」によりさまざまなトラブルが発生します。

粗大ゴミや廃家電が無許可の廃棄物業者により回収されて不法投棄された事例が報告されています。

不適正処理では、環境対策を何もしないで廃家電を破壊すると、鉛やフロンガスなどの有害物質が放出され環境汚染につながります。

家庭のゴミを回収するには「一般廃棄物処理業許可」や委託が必要です。

例えば「産業廃棄物処理業許可」これは工場や企業の廃棄物を処理するための許可です。

このようなちらしで「家庭のゴミを回収できる」などとうたったところに依頼をしてしまうと…山奥に不法投棄されたり、廃棄したものが発火して火災が発生したりという不適正な管理によるトラブルになる可能性もあります。

無料といってあとから高額料金を請求されるケースも!そのような悪質業者によるトラブルが発生しなように、信頼できる業者に依頼しましょう。

【まとめ】不要になった家電を片付けて処分する方法

処分する家電があれば、まずは対象品目を確認して、回収方法を確認しましょう。

不要になった家電は正しくリサイクルをすることが義務づけられています。

また悪質業者に依頼すると、どのようなことが起きるのか、トラブルの報告事例をもとに注意すべき点もご参考頂けたことでしょう。

回収パンダ」は不用品回収・買取サービスを安心してご利用いただける会社です。

悩んだらまずはご遠慮なく、お気軽にご相談ください。お見積もりを無料で承っております。