自転車処分方法は?費用はどれくらいかかって防犯登録はどうする?

自転車処分方法は?費用はどれくらいかかって防犯登録はどうする?

粗大ゴミで捨てる以外にも自転車を処分する方法があります。

  • 知人に譲る
  • 時間をかけずに不用品回収業者に処分してもらう
  • 自転車屋さんで処分をしてもらう
  • リサイクルショップ、ネットオークションなどを活用し売却する

さまざまな方法や選択肢があります。

自転車の処分費用もさまざまです。それぞれの費用と処分方法、自転車のホイールの処分費用などもご紹介します。

自転車を手放す場合、防犯登録は必ず削除しなければなりません。抹消や変更の方法についても詳しく解説します。自転車処分方法で困ったときのご参考にしてください。

自転車処分前に必ず防犯登録を解除しよう!

防犯登録は各都道府県の単位で運営しているため全国共通ではありませんが、自転車を手に入れたら、防犯登録をしている方は多いと思います。

盗難されたときに必要な情報のため、罰則の規定はありませんが、法律により義務化されています。

自転車の処分が決まったら必ず防犯登録の解除をしなければなりません。

処分するものだから放置していてもいいだろう。と甘い考えでいたら処分したあと、トラブルになるケースがあります。

自転車を処分する前に防犯登録抹消の手続きをするようにしてください。

また知人などに譲渡するときや、リサイクルなどで他人が同じ自転車を使用する可能性があるときは、防犯登録の解除が必要です。

防犯登録の解除を怠ると、所有していた自転車が犯罪に使われたとき、トラブルに発展する場合もあります。

自転車の所有者が変わるときは、新たに防犯登録の手続きが必要です。

自治体で粗大ゴミとして回収してもらうときも、防犯登録は抹消しなければなりません。

なぜなら自転車を回収されるまえに盗まれてしまう可能性もあるからです。自転車を処分するときは防犯登録を抹消しましょう。防犯登録には有効期限があります。登録した翌年のはじめから10年間です。

10年を過ぎるとデータは抹消されてしまいますので、もしも期限が切れてしまっているときは手続きは必要ありません。引き続き自転車を使用するときは、必ず自転車防犯登録所で手続きを行ってください。

自転車処分方法6選

自転車の処分が決まり、防犯登録の抹消手続きも済ませれば自転車の処分方法について検討しましょう。

処分の方法はさまざまあり、自転車の状態にもよりますが処分だけではなく、リサイクルショップなどで売却するという手もあるのです。

ここからは自転車の処分方法オススメ6選をご紹介します。処分に悩んでいる方は、ご自身に合った処分方法のご参考にしてください。

不用品買取業者に引き取ってもらう

不用品買取業者に依頼するメリットは費用がかかっても、早く処分ができる!

時間と手間をかけたくない方にオススメです。

複数自転車を所有していて、まとめて処分をしたい方にも便利です。

また依頼するときに自転車だけではなく、他の不要なモノも一緒に処分してしまいたいなどの希望があればまとめて回収もしてくれます。

回収パンダは東京都内近郊であればどこでも引き取りをしてくれます。

不用品回収業者に依頼するときの注意点は、無許可で営業している悪質な回収業者に依頼しないことです。

適切な処分がされず不法投棄をしている事例もあります。

また無料回収を謳って、あとから高額な請求をしてくる悪質なケースもあります。処分するときは一般廃棄物収集運搬許可が必要となるため、許可を受けた信頼できる回収業者に依頼しましょう。

新しい自転車と自転車屋さんで交換

手間のかからない処分方法で、新しい自転車の購入が決まっている方は、自転車屋さんで一緒に処分をしてしまう方法がオススメです。

自転車屋さんによって処分費用もさまざまです。

イベント期間中で無料で回収しているケースや、お店に持ち込んで新しく自転車を購入したとき、処分のみのときなど1台あたり決まった料金がお店で設定されているので、購入する自転車屋さんで事前に確認してみるとよいでしょう。

チェーン店の自転車屋さんなどは、自転車防犯登録所でもあるので引き取りをするときに、防犯登録抹消の手続きが一緒にできます。

知り合いにあげるか売る

知り合いに自転車を譲るメリットは無料で処分ができます。もしくは知り合いであっても売るという方法もあるでしょう。

処分する予定だった自転車をまた有効活用していただけると、処分する側も嬉しいものです。知り合いに譲るときの注意点としては、防犯登録の抹消手続きを忘れずに行いましょう。

所有者と自転車が紐づけられているため所有者が変わるときは手続きが必要です。そのあと譲られた新たに自転車を所有する人が、防犯登録の手続きをしましょう。

粗大ごみで捨てる

自治体で粗大ごみとして自転車を処分する方法です。

各地域の粗大ゴミ受付センターに電話をして予約をするのが一般的です。

インターネットで受付をしている自治体もあります。

処分する予約ができたら、お近くのコンビニやスーパーなどで粗大ゴミ処理券のシールを購入しましょう。

指定された自転車の場所にシールを貼り、指定された日時に自転車を持っていき処分します。

多くの場合は自転車の処分費用がかかり、自転車サイズにより値段も変わります。自転車の収集が終わるまでは大切に処理券の控えは保管しておきましょう。

自治体の処分方法はシールを購入し、指定された日時に処分しなければならない手間はかかります。粗大ごみを処分するのは有料ですが、処分費用が安いのがメリットです。

リサイクルショップに売る

自転車を処分するときお金に変える方法のひとつが、リサイクルショップに売る方法です。

自転車を持ち込んで査定してもらい、その場でお金になります。

ただし自転車の買取専門店ではないので、自転車の知識があまりないことから、自転車の状態で査定される傾向にあります。

機能性のよい自転車やブランドの価値がある自転車は、自分が希望する価格は望めない可能性もあるので、ご自身に合った売り方を検討しましょう。リサイクルショップに自転車を売るときの注意点は、必ず防犯登録の抹消手続きをしておきましょう。

リサイクルショップを利用するメリットは自転車を処分する費用がかからないことです。最近では自宅に出張で買取回収してくれるリサイクルショップもあります。

フリマアプリやネットオークションで売る

ここ最近利用者が増えてきたフリマやネットオークションで自転車を売却する方法です。

スマートフォンひとつあれば、自宅にいながら手軽に出品できます。

売却を急いでいない方にオススメの方法です。予想していた以上の値段で売れるケースも。

デメリットは相場を知って売らないといつまでたっても売れない可能性もあります。個人間でやりとりをするので、トラブルになるケースもあります。

配送代の負担はどうするのか、購入したあとのトラブルを避けるためにもできるかぎり自転車の状態を詳細に記載しておく必要があります。汚れやキズなどはしっかりと記載しておきましょう。

買い手が引き渡したあと新たに防犯登録ができるように、売却前には防犯登録の抹消を忘れずに手続きしておきましょう。

自転車の処分費用相場は?

自転車の処分費用の相場は処分する方法によって異なります。

無料で処分できるケースは知人に譲ったり、リサイクルショップを利用するのも手です。

自治体の粗大ごみで処分をするときは自転車の大きさによって前後します。

約400円〜、自転車屋さんで処分するときは自転車を新しく購入するのか、処分のみなのかで処分する料金が変わるケースがあります。

約1,000円〜、不用品回収業者を利用するときは業者さんによって料金が異なりますので、無料見積もりなどをしてくれる業者さんに依頼してみましょう。

自転車のホイールの処分方法と費用相場

自転車のホイールを処分したいときは、粗大ゴミとして処分することができます。

ただしお住まいの地域の粗大ゴミのルールに従って処分をしなければなりません。

料金と合わせて確認しておきましょう。また自転車のホイールの処分以外のモノもまとめて処分したいときは、不用品回収業者に依頼すると便利です。手間もかからず一度で処分することができます。料金は業者さんによって異なりますので、事前に相談しておくとよいでしょう。

自転車を処分したら防犯登録はどうする?

自転車を処分するときは、トラブルに巻き込まれないためにも必ず防犯登録の抹消手続きを行いましょう。

処分したあと所有していた自転車が犯罪などで使用されていたら、後々トラブルになるケースがあります。防犯登録の抹消手続きは、お住まいの近くの防犯登録所で必要書類を持参の上、手続きができます。

お住まいの地域の自転車防犯協会のホームページで確認しましょう。

【まとめ】自転車の処分方法

自転車を処分するとき費用を出して手間をかけず処分するか、時間はかかっても売却するかご自身に合った方法で自転車を処分されるとよいでしょう。

無料で処分したいときは、知り合いに譲って活用していただくとよいでしょう。処分するのを急いでいないときや、少しでもお金に変えたいときはフリマやネットオークションを利用したり、リサイクルショップなどで売却するのも選択肢のひとつです。

新しい自転車を購入予定なら自転車屋さんで相談する。処分料金が有料であっても処分したいときは、粗大ごみで捨てる。忙しい方や時間と手間を省いて、早く自転車を処分したいときは、不用品回収業者に頼むと便利でしょう。ご自身に合った方法で自転車は処分しましょう。