実家の片付けはいつからやるべき

実家の片付けはいつからやるべき?実家に住むなら早くすべきか?

「実家の片付けはいつからすればいいだろう」

「片付けるタイミングがわからない」

本記事にたどり着いたかたは、このような悩みがあるかと思います。

ご両親が生前のときか亡くなってからか、悩むかたは多いでしょう。

結論からいうと「生前」におこなうことを強くオススメします。

ご両親がご健在のうちにしておかなければ、後からおこなう手続きが大変です。

この記事を読むことで、実家の片付けをするタイミングとそのメリットがわかります。

「お宝」が出てきたときに、どこに売ればいいかなども紹介しているので最後まで読んでください。

実家の片付けはいつすべき?

実家片付け

ご両親がご健在かどうかで片付けのやり方が違います。

ご健在のときの片付けは「生前整理」です。

お亡くなりになっているときは「遺品整理」といいます。

では、どちらのタイミングで片付けをおこなうべきか見ていきましょう。

ご両親がご健在の場合

ご健在であれば、「必要なもの」と「不要なもの」を確認できるので仕分けがスムーズです。

高齢者の中には「もったいない」と感じるかたも多くいらっしゃいます。

その場合はなかなか片付かないかもしれません。

「思い入れがあって捨てられない」というのは、多くの人が経験していることでしょう。

思い入れがあるものは後回しにして、時間をかけて整理する必要があります。

ご両親がお亡くなりなっている場合

両親が亡くなっている場合

お亡くなりになっている場合は、「必要なもの」と「不要なもの」を確認できません。

ご自身の判断で片付けられるので、片付けが終わるのは早いでしょう。

ですが、高価なものなどは片付けに困ることもあります。

場合によっては相続争いに発展するかもしれません。

生前にある程度は両親と片付けていたり、相続関係の話もしておきましょう。

亡くなってからでは手間がかかる手続きなどもあります。

例えば以下の手続きなどです。

  • 賃貸物件の退去
  • 車の名義変更もしくは廃車
  • 銀行口座

管理会社に手続きが必要なものは手間がかかりやすいです。

さらに銀行口座は利用者が亡くなったとわかった時点で凍結されます。

そのあとはキャッシュカードや印鑑があり、暗証番号がわかっている状態でも引き出せません。

必要な書類も多く、かなりの手間がかかるでしょう。

実家を片付けて【お宝】が出てきて売りたいときはどこに売る?

片付けをしていると高価なものが出てくることがあります。

そういったものを売るときは査定をしてもらう業者に注意が必要です。

専門知識がない業者では、安く見積もられるかもしれません。

例えば高級腕時計が出てきた場合、時計の買取を専門にしている業者に査定してもらうと高値がつきやすいです。

見つけたものによって査定してもらう専門業者を探しましょう。

数社の買取価格を一括で査定してくれるサイトを利用することで、高値で売れやすくなります。

価値がわかっている場合は、ネットでご自身で価格を決めて売るのもアリです。

おすすめ価格査定サイト

お宝を売ったあとは、残った不用品を回収業者に依頼しましょう。

回収パンダ」では不用品の回収をおこなっています。

地域【最安値】に挑戦中ですので、他社より高い場合はご相談ください。

無料見積もりはこちらから「お問い合わせ

生前整理・終活のメリットは?

生前整理

「終活」とは人生の最期に向けておこなう活動です。

その活動の1つが生前整理になります。

終活をするメリットは以下の3つです。

  • 亡くなったあとの家族の負担を減らす
    エンディングノートに自分が認知症になった場合や亡くなったあとの希望を書いておくことで、家族の負担を減らすことが可能です。
    遺書を書いておけば身内の相続争いを防ぐこともできます。

 

  • 家族と話すキッカケができる
    亡くなったあとの話や病気になってからの話は、家族に受け入れられない場合もあるでしょう。
    ですが、お互いの意見を話しておくことで残りの生活もスッキリした気分で送れます。

 

  • 残りの人生の過ごしかたを決めて前向きに生きられる
    これまでの人生を振り返り、残りの人生でやりたいことや目標をもつことで前向きになれます。
    漠然と感じる不安も終活を通して解消できるでしょう。

生前整理・終活は何歳からはじめるのがベスト?

生前整理いつからやる?

何歳からはじめるのがベストかは、人によってタイミングが違います。

まずは老後をどう過ごすか、残りの人生をどう過ごしたいかを考えてください。

旅行をしたい人もいれば、のんびり過ごしたい人もいます。

経験がないことに挑戦したい人もいるでしょう。

自分がなにをしたいかで必要となるものが異なります。

旅行をたくさんするには、終活を30代から始めて多くの資金を貯めたいところです。

老後をのんびり暮らすため、終活として40代から資産運用を考える場合もあるでしょう。

運動することに目覚め、カラダを鍛える終活を50代から始めるかたもいます。

つまり自分がどのような将来を過ごしたいかです。

今は目標がないかたも、将来のために資金を蓄えておくといいでしょう。

【まとめ】実家の片付けはいつやるべき?

実家の片付けはご両親がご健在のうちに、早めに取りかかることをオススメします。

今後について話すことで、コミュニケーションをとれる大切な時間です。

ものによっては手放すのに時間がかかる場合もあるでしょう。

早めに片付けに取り組むことで気持ちを整理しながら、少しずつ前向きになれます。

亡くなってからの手続きや相続についても、しっかり話しておくことが重要です。

ご自身が生前整理や終活をするタイミングは、残りの人生をどのように送りたいか考えて決めましょう。