【入間市】不用品の買取・回収処分・遺品整理は即日対応可能は回収パンダ!

入間市で不用品の回収や買取・遺品整理にお困りの方は、回収パンダにお任せください。

回収パンダのお問い合わせはこちら

不用品や遺品整理を行った際の粗大ごみは自治体で回収してもらうと費用を抑えることができます。

  • これは粗大ごみだろうか
  • どのように収集してもらえるのか
  • クリーンセンターへの持ち込みは可能なのか

などの悩みがあるかもしれません。

今回は入間市で捨てられる粗大ごみと捨てられないごみを調べてみました。

埼玉県入間市で捨てられる粗大ゴミは?

入間市で捨てられる粗大ゴミ

洗濯機・冷蔵庫・テレビ・エアコンは国の定めにより自治体では処分できない決まりとなっています。

このような大型家電は一定の資格を持った業者に依頼しなければなりません。

購入した家電量販店、不用品回収業者は処分する資格を持っています。

また入間市では市の条例により下記のものはクリーンセンターでも処分できません。

ピアノ、自動車部品(タイヤ、バンパー、マフラー等)、耐火金庫、浴槽、浄化槽、大型金属類(ポンプ、モーター、鉄柱、鉄棒等)、ボイラー、門扉、レンガ、コンクリート、ブロック、自動販売機、ワイヤ等、臼、看板(営業用大型)、切り株(木の根)、コピー機(業務用)、芝刈り機(エンジン付き)、据置ストーブ(重量の大きいもの)、製氷機(業務用)、太陽熱温水器、陳列棚(業務用)、麻雀台(全自動)、畳、バイク

引用:入間市の粗大ゴミの出し方

これらは「入間市廃棄物の減量および適正処理に関する条例」で決まっています。

大型家電だけでなく、市が処分できないものはどうすればいいのでしょうか。

入間市では処理困難物は民間の専門処理業者を紹介してくれるようです。

しかし、委託業者によっては都合いい日が選べないこともあります。

たくさんの処理困難物があれば、早く処分し家をすっきりさせたいと思うでしょう。

委託業者は処分費用を払わなければなりません。

処理困難物と言ってもまだ使えるものもあります。

もしも不用品や処理困難物を買い取ってもらえるなら、嬉しいのではないでしょうか?

とくに遺品整理で出てくる不用品は、処理に困るものが多いでしょう。

入間市から紹介された専門処理業者では料金が高くなることもあります。

埼玉県入間市の自治体で捨てられない粗大ゴミ・不用品処分方法3選

入間市では小さな家電製品は粗大ごみと不燃ごみに分けられます。

  • 粗大ごみ:炊飯器は1升(10合)炊き・30cm以上のぬいぐるみやクッション
  • 不燃ごみ:炊飯器は1升(10合)炊き以下・トースター・電気ポット

ぬいぐるみやクッションを30cm以下に裁断した場合は、可燃ごみとしても出せます。

粗大ごみ・不燃ごみ・可燃ごみなど、同じものでもごみの分類が違ってくるのです。

入間市に引っ越してきたばかりの人や、故人が入間市の住人であると、遺族は戸惑うかもしれません。

このような場合はどうすればいいのでしょうか。

不用品回収業者に依頼

粗大ごみ以外で処分する方法5選

不用品回収業者では、さまざまなプランが用意されています。

不用品の量が多い場合は「トラック積み放題パック」というお得なプランも用意されています。

遺品整理にはこの「トラック積み放題パック」プランがオススメです。

最近ではWEB割りを行っている不用品回収業者もあるので、調べてみるといいでしょう。

回収パンダでもWEB割を行っています。

更に一日限定3組様限り、更に安くなるプランも用意しています。⇒詳細はこちら

不用品回収業者の最大の魅力は不用品回収はもちろん、買取を行ってくれることです。

遺品整理になると、家電製品や家具・寝具なども処分することがあります。

遺族が不用品だと思っていたものが「買取対象」の品であることも。

全ての不用品回収業者が買取を行ってくれるわけではないので、「不用品回収業者 買取」で検索してください。

もちろん、回収パンダでも買取を行っています。

リサイクルショップに依頼(回収パンダでも出張買取を行っております)

近くにリサイクルショップがあれば持ち込みも可能です。

またリサイクルショップでは出張買取も行っているところもあるので、こちらもネットで探してみるといいでしょう。

リサイクルショップではアンティーク家具や家電などは高くで買い取ってくれる可能性もあるので、不用品だからと思わずに査定をしてもらってください。

ただし、気をつけてほしいことがあります。

リサイクルショップは値がつかないものは、持って行ってくれない可能性もあります。

リサイクルショップへ持ち込んだ際も、同じように引き取ってもらえないこともあるでしょう。

そうなると、不用品回収業者に再度依頼しなければなりません。

フリマアプリなどで売る

携帯やパソコン1つで出品できるフリマアプリは欲しい人が見つけられるアプリです。

売れるまでに多少の時間がかかりますが、出品者が売りたい価格をつけられることがメリットでしょう。

価格があまり高いと売れないので、「儲けよう」という考えは捨ててください。

大きな品物は送料が高くなり、サイズが160cm以上のものは配達してくれない業者もあります。

クロネコヤマトや郵便局のような普通の配達業者では無理です。

そうなると大型のものを配達してくれる業者を探さなければなりません。

大きいサイズのものや送料が高い場合は、「ジモティー」というフリマアプリがオススメです。

こちらは、買いたい人が出品者の指定した場所まで取りに来てくれます。

しかしフリマアプリはトラブルになることもあり、その場合は仲介してくれる人がいません。

フリマアプリはあくまでも個人とのやり取りになるのです。

トラブルを回避するためにも、商品の傷や落ちない汚れは画像に載せ、商品紹介でも記載しておきましょう。

電化製品は動くかどうかの動作確認も済ませてから出品してください。

遺品整理で不用品回収業者を頼む場合の注意ポイント

遺品整理には「遺品整理士」がいる不用品回収業者がオススメです。

不用品回収業者ではホームページを持っている所も多く、「遺品整理士資格取得」と書かれてます。

この遺品整理士の資格は番号で表されていますので、すぐにわかります。

不用品回収業者を開業するには「古物商許可」というものが必要です。

これは、不用品回収業者の所在地の警察署が管轄している許可です。

この許可ももちろんホームページに記載されています。

古物商許可も番号が書かれているので、遺品整理士の資格とあわせて確認しましょう。

もし、ホームページを持たない不用品回収業者なら、契約前に必ず資格や許可証の提示を求めてください。

遺品整理士の資格は国家資格ではないので、古物商許可だけでも行うことができます。

しかし、「遺品整理士」の資格は、遺品整理の知識や法律などを学んで取得します。

合格率は65%前後と言われているので、しっかりとした資格と言えます。

古物商許可をもらっていない無許可業者です。

不用品の回収後は不要なものは不法投棄される恐れがあります。

そのような無許可の業者を出さないためにも「古物商許可」や「遺品整理士」といった許可証や資格証があるのです。

遺品整理を不用品回収業者に依頼する場合は、2~3社に見積もりをだしてもらいましょう。

料金だけでなく、作業内容もチェックしてください。

不信感のある業者との契約は結ばないことです。

【まとめ】回収パンダは不用品回収・買取・遺品整理までお任せください

遺品整理は遺族にとってかなりつらいものになります。

また遺族だけで行う遺品整理は時間もかかり、下準備から始めなければなりません。

故人宅が賃貸住宅なら、遺品整理士のいる不用品回収業者にお任せした方がいいでしょう。

回収パンダでは遺品整理士の資格も取得しており、遺族の気持ちに沿った遺品整理を行います。

不用品の回収はもちろん、買取まで行いますので、安心してお任せください。

即日対応も可能です。

お問い合わせはLINEやメールでも行えます。

遺品整理や不用品に悩んだ時は、お気軽にお問い合わせください。

回収パンダのサービスについてはこちら