遺品整理相場

遺品整理の相場は?一軒家だと100万かかる!?一軒家から1Kまでの相場を丸裸にします

突然身内の方が亡くなられたときに困るのが遺品整理です。 遺品整理を行うときには特殊清掃が必要になる場合もあります。 弊社では遺品整理を専門に取り扱っておりますので、 遺品整理や不用品の回収についてお気軽にご相談ください。

⇒無料相談はこちら(お気軽にお電話ください。)

遺品整理を専門業者に頼みたいけれど、100万円ほどかかるのではないか、費用はどうなんだろうなど不安や心配になるかもしれません。 この記事では詳しく遺品整理の相場を解説していきます。

遺品整理にかかる費用の相場を表で紹介(金額が出るものは明示します)

遺品整理の相場は間取りで価格を出されることがほとんどです。 間取りごとの相場を表にして紹介します。

間取り相場
1K約 30,000円~110,000円
1DK約 40,000円~140,000円
2DK約 60,000円~280,000円
2LDK約 80,000円~290,000円
3LDK約 130,000円~500,000円
一軒家約 100,000円~1,000,000円

このように価格幅が非常に大きくなっています。 実際は間取りだけではなく、「どれだけの遺品があるのか」ということがもっとも重要になってくるのです。

一軒家でもモノが少なければ相場より安くなることもあるでしょう。 逆に1Kでモノが異常に多かった場合は相場を上回る金額になることも予想されます。 こういう現実を目の当たりにすると、部屋をきれいにしておくことがいかに重要か理解できるはずです。

遺品整理の費用に含まれる内容としては下記のものがあげられます。

  • 仕分け
  • 分別
  • 搬出
  • 処分
  • オプション

遺品整理業者は残すものと処分するものに仕分けするだけでなく、貴重品探しも行いますので、通帳や故人が書いた遺言書などが見つからない時には便利です。

相場価格に一番大きな違いがあるのが一軒家です。この相場に家屋を解体する費用も含まれます。

また金額の違いは作業人数にも違ってきますので、遺品整理業者が来る前までにできるだけ部屋の整理をしておきましょう。

それだけでも費用がかなり違ってきます。

もし故人の家がゴミ屋敷のようになっていた場合は、相場を超える金額が請求されることもあるはずです。

部屋で亡くなっていたら、特殊清掃も必要になってきますので、さらに費用が高くなります。

オプション内容の一例をあげておきましょう。

  • 遺品の供養、お焚き上げ
  • 特殊清掃
  • 自動車などの処分
  • ハウスクリーニング
  • エアコン取り外し など

実はこのオプション一つをとっても、5~6種類ありそれぞれで金額が変わってきます。

特に電化製品などは大きさによって金額が異なるので、注意しましょう。

オプションの中で一番費用がかかるのが特殊清掃です。

特殊清掃は7万~30万円ほどかかり、範囲によってはさらに高額な費用が発生します。

特殊清掃はその名のとおり「特殊」なので、こちらは専門家に任せるしかありません。

遺品整理の費用相場は?(総額で)

遺品整理高い


遺品整理のみの場合は、2トントラックの台数と作業人数によって料金が変動するようです。

2LDK以上の部屋になると、作業員・トラックの台数も増えるので、費用も増えていきます。

間取りトラック台数料金
1R・1K1台4~8万円程度
1DK~1LDK2~3台8~12万円程度
2LDK3台~15万円~
3LDK3台~20万円~
4LDK3台~25万円~

(表2)

こちらは表1と違い、あくまでも遺品整理のみの金額です。家の解体や車・バイクの処分、特殊清掃などの費用は含まれていません。

故人の遺品が少ないようであれば、この金額でも可能でしょう。

また故人と一緒に住まわれている方もいます。そういった場合には、遺品整理は衣類のみということもあるので、費用がかからないことがほとんどでしょう。

遺品整理の費用を安くする方法とプラスにする裏ワザ

遺品整理安くする

遺品整理の費用を安くするには

  • 大きな家具以外はご遺族が遺品整理を行う
  • ご遺族が家具を解体してゴミ収集日に出してしまう
  • リサイクルショップに持ち込む(引き取ってくれない可能性もあります)
  • ゴミ処理場に持ち込む(重さによって料金が決定)
  • 市役所に引き取ってもらう(有料)

これは遺品整理業者に最低限のことだけを依頼する方法です。

ただリサイクルショップによっては、大きな家具類を取り扱っていないお店もありますので、ご注意ください。

ゴミ処理場に持ち込んだり、市に引き取ってもらう方法は、大型家具の数が多いほどお金がかかります。

またゴミ処理場や市に引取り依頼などを利用する場合、平日のみしか取り扱ってもらえないので注意が必要です。

では、プラスになる裏ワザとはどんなものでしょうか?

最近ではインターネットでのフリーマーケットサイトやオークションサイトが多く存在します。

このネットフリーマーケットのよい所は「取りに来てくれる方にあげます」という「0円」商品も載せられることです。これらを活用すると、意外と簡単に引き取り手が決まることもあります。

もちろん、美品なら値段をつけてフリーマーケットサイトやオークションサイトで販売することも可能です。

【まとめ】遺品整理の相場!100万円かかることはある?

遺品整理安くする

遺品整理は100万円どころかそれ以上の費用がかかることが、おわかりいただけたと思います。

家屋の解体作業を行う一軒家や、特殊清掃などを行う部屋などは、かなりの費用がかかるのです。

とくに特殊清掃はすべての部屋にしなければならないこともあるので、ご遺族が予想する以上の費用が発生する恐れもあります。

亡くなられてからの遺品整理は本当に大変です。

長い間、故人だけが住んでいた家だと、どこに何があるのかわからないということもあるでしょう。

そのようなときには、ぜひ遺品整理業者をご利用ください。

一人暮らしの方や実家が遠方にある方は、年に1~2度くらいしか帰省する機会がないと思います。

お正月休みに実家に場合は、とくに片付けが後回しになってしまいがちです。

しかし遺品整理の費用を抑えるには、日ごろから実家のものを整理し、いらないものを少しずつ捨てていくことが一番大切だと思います。

また残しておきたい遺品が多い場合は、ご親戚や故人が生前お世話になった方々に、形見分けとしてお渡しすると故人様も喜ばれることでしょう。

遺品整理の費用を抑えるポイント

  • 生前中に必要な物だけを残し、不要なものは思い切って捨ててしまいましょう
  • 故人の家がゴミ屋敷のようなっている場合は、まずご遺族が片付るとよいでしょう
  • 専門的なことだけ遺品整理業者にお願いしましょう
  • まだ使える電化製品などはインターネットのフリーマーケットを活用するとよいでしょう

最後になりますが、遺品整理業者や不用品回収業者も許可の申請を行わなければなりません。そのような証明書がない業者を選ばないように、お気をつけください。

わからないことや、ご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはコチラ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です