不用品売るめんどくさい

不用品を売ろうと思ったけどめんどくさい人はこの方法で処分しよう!

いつかは処分しようと思っていた不用品、気がつけばいつまでも自宅に放置されていませんか?

最近では、個人で売り買いするオークションやフリーマーケットがふえてきましたが、梱包、発送がめんどくさくて、個人間のトラブルも心配。

「不用品を売るのはめんどくさい!」そんな方にオススメの家に居ながら一度に処分できる方法や、少し手間はかかっても不用品を少しでもお金にかえたい方まで、不用品を処分する方法をご紹介します。

不用品がたくさんあって売りにいけない時の対処法

「不用品はたくさんあって処分したいけど、一歩も外に出たくない。」事情があり売りにいけないときや、めんどくさいとき、手間がかからず処分できる方法があります。

「宅配買取サービス」です。事前に不用品を入れるダンボールや申し込み用紙を取り寄せて、集荷を依頼し処分する方法です。

買取サービスのメリットは、お忙しい方でも家から出なくて処分できる点ではないでしょうか。

お店によってはキャンペーンをして買取強化をしているブランド専門店や、アパレル関連の商品に力を入れているお店など、特徴がそれぞれ異なるためご自身の売りたい不用品に合ったお店を探すと良いでしょう。

宅配買取を依頼するときの注意点としては、買取ができない商品があります。

事前に調べて依頼するようにしましょう。

ネットを使ってものを売ったことがない時の対処法

ネットを使って不要品を売るのはめんどくさい!

そんなとき便利な処分方法があります。

詳しく解説します。

洋服などなら古着屋さんにもっていく

古着屋さん

不用品のなかでも多くなってしまうのが「洋服」です。

体型が変わったり、好みが変わる、流行りのデザインではないなど、さまざまな理由により処分する洋服の量はふえてきます。

お店にもよりますが、買取の値段がつかないものまで無料で引き取ってくれるところもあります。

せっかく処分するつもりで持っていったのに、売れずにまた持って帰るのは面倒ですよね。

自分にとっては不要品であっても、必要とされている方がまた利用してくれるかもしれません。

いらなくなっと洋服は古着屋さんを活用しましょう。

大きいものだったらリサイクルショップにもっていく

リサイクルショップ

ベッドやタンス、収納ラックなど大型の家具はリサイクルショップで処分することをオススメします。

フリーマケーットなどは、荷物のサイズが大きいと送料も高くなってしまいます。

ネットで売る場合はすぐ買取先が見つからないケースもあるので、直接不用品をリサイクルショップに持ち込めるようでしたら、その場で買取をしてくれるリサイクルショップを利用すると良いでしょう。

不用品回収業者に頼む

自治体のゴミ回収は回収日が決まっていて、ゴミの分別をお住まいの地域のルールに従って処分しなければなりません。

ゴミの分別をせずに一度にスッキリ処分をしてしまいたい!

そんな方にオススメするのが「不用品回収業者」です。

大きなモノを自分で処分するときは、不用品を解体したり、搬出をして運搬するのに大変な労力がかかります。

不用品回収業者を依頼するメリットは、ご自身の希望した指定の日にちに、まとめて即日処分してくれる!自治体では回収できない「家電リサイクル対象物の家電」なども処分できます。

回収する料金はかかりますが、不用品の量が多い方や、お忙しい方、分別の手間などを考えると不用品回収業者はとても強い味方となるでしょう。

洋服など売るのが面倒だから捨てたい人は燃えるごみでOK?

洋服を処分したいとき、燃えるゴミに捨てていいのでしょうか?

自治体により分別の方法は異なりますが、基本的には「燃えるゴミの日」に処分して、問題ありません。社会貢献をして処分されることを検討されている方は、寄付することで処分もできます。

ご自身にとってはいらなくなった洋服でも、不用品の洋服を必要とされている方がいます。

施設や、国際寄付団体などに寄付してもよいでしょう。

不用品をヤフオクなどフリマアプリを使って売りたいけど面倒な人は?

ヤフオクやフリーマーケットを使用して不用品を売りたいけど、少し面倒に感じている方は、オークション出品の代行サービスがあります。

出品作業を丸投げでお任せできます。

事前に必要書類を取り寄せて、売りたい不要品をダンボールに詰めます。

自宅に集荷に来たら荷物を渡して、落札されるのを待つだけ。

フリーマケットのメリットはスマートフォン1台あれば出品できる手軽さです。

利用者も多いため出品した瞬間に売れるケースもあります。

最近では出品の手間を省くために、出品する商品のバーコードを読みとり自動で商品情報を入力してくれたり、個人間のやりとりを安心して行うために匿名配送なども利用できます。

不用品を売ったら税金はかかるの?

税金

基本的には不用品を売っても課税の対象にはなりません。注意点としては、骨董品、絵画や宝石など30万円以上で購入して、それを売り利益を得た場合は税金がかかります。

また営利目的で販売した場合は課税対象となるので注意しましょう。

まとめ

不用品はいつか処分しようと思っていると放置してしまい、いつまでたっても処分できません。

不用品を売るのはめんどくさいと思っている方も、ご自身に合ったサービスを利用することで手間をかけずに手放すことができます。

まずは必要とされている方に譲ったり、寄付をするのも選択肢のひとつでしょう。

またスマートフォン1台あればできるフリマアプリも手軽にはじめられます。

売れない場合はリサイクルショップや古着屋さんに持っていく。

めんどくさい手間や時間を省いて、即日処分してしまいたい方は不用品回収業者にお任せする!

ご自身に合った処分方法でご自宅の中をスッキリさせましょう!