不用品売るめんどくさい

不用品を売ろうと思ったけどめんどくさい人はこの方法で処分しよう!

「いつか売ろう」と思い捨てずに取っておいた不用品。

気がつけばいつまでも自宅に放置されていませんか?

最近では、フリマアプリやネットオークションを利用してオンラインで不用品を売ることもできます。

便利な一方で、梱包や発送の手間、個人間での取引のトラブルなどデメリットも

この記事では、不用品のさまざまな処分方法をご紹介します。

  • 「不用品を売るのはめんどくさい!」
  • 「手間をかけてもお金に変えたい」
  • 「ラクに不用品を手放したい」

など、あなたにピッタリの方法で不用品を処分してスッキリしましょう。

不用品がたくさんあって売りにいけない時の対処法

段ボールの前でスマホを見る女性

不用品が多すぎたり、時間がなくて外に売りに行けない場合もあるでしょう。

そんなときは以下の方法がオススメです。

  • 買取サービスを利用する
  • フリマアプリやオークションサイトで売る

それぞれ解説します。

買取サービスを利用する

「たくさんの不用品を処分したいけどわざわざ売りに行くのが面倒…」という場合にオススメなのが買取サービスです。

買取サービスは主に3種類。

  • 宅配買取サービス
  • リサイクルショップの出張買取サービス
  • 不用品回収業者の買取サービス

すべて自宅にいながら不用品を買取してもらえます。

それぞれメリットとデメリットがあるので、あなたに最適なものを選んでください。

宅配買取サービスは、ネットから不用品の買取を依頼して宅配で発送する方法です。

自分で発送するので自宅に査定スタッフを入れなくて良いのがメリット。

全国どこからでも利用可能で、査定の出張費などもかかりません。

一方、発送する手間がかかるのと、査定完了まで時間がかかるのがデメリット。

また、査定の結果買取不可になりお金にならないことも…。

リサイクルショップの出張買取サービスは、近隣の店舗に依頼して自宅まで査定に来てもらう方法です。

自分で発送しなくて良いので手間や送料がかからないのがメリット。

近くに出張買取サービスをおこなっている店舗がないと利用できない点と、出張費を買取価格から差し引かれる点がデメリットです。

買取できない不用品は引き取ってもらえません。

不用品回収業者の買取サービスも自宅まで査定に来てもらえます。

不用品回収業者の場合、買取できない不用品も回収費を支払えば引き取ってくれるのが最大のメリット。

業者の対応地域内に自宅がないと利用できないのがデメリットです。

不用品回収業者は不用品の回収と買取を組み合わせて利用するのがオススメ。

回収パンダは東京近郊の不用品回収・買取に対応しております。

不用品回収・買取なら即日対応の回収パンダにおまかせください

ヤフオクやメルカリなどのフリマアプリで売る

ヤフオクやメルカリなどを使いネットで不用品を売るのも一つの方法です。

買取サービスと違って自分で売値を設定できるのが一番のポイント。

しかし以下のようなデメリットもあります。

  • 写真撮影や説明など出品作業が面倒
  • 梱包や発送を自分でする必要がある
  • 購入者とのトラブル
  • 売れるかわからない

時間と労力をかけても良いから好きな値段で売りたい、という場合はオススメの方法です。

とくにメルカリは、出品者と購入者が住所を公開せずにやり取りできるサービスが便利。

ネットで知らない相手に自分の住所や氏名を公開するのは抵抗がありますよね。

ゆうゆうメルカリ便やらくらくメルカリ便なら、お互いが安心して利用できます。

メルカリやヤフオクなどネットで売る場合は、送料が安くすむ衣類や小物類、書籍などがオススメ。

逆に大きなものや重いものは送料が高く、梱包も大変なので不向きです。

フリマアプリなどネットで売るのがめんどくさいときの対処法

計算機と虫眼鏡とお金

「ネットを使って何かを売ったことがないから不安」という場合は以下の方法がオススメ。

  • 洋服などは古着屋に持っていく
  • 家具や家電などはリサイクルショップに持っていく
  • 不用品回収業者に依頼する

詳しく解説します。

洋服などは古着屋に持っていく

不用品のなかでも多いのが「洋服」。

あなたのご自宅にも着ていない洋服や靴、バッグなどが眠っていませんか?

古着屋に持っていけば、その場ですぐに査定してもらえます。

ブランド品やアンティークだと古いものでも高値で売れることも。

一方でノーブランド品は新品や未使用品以外は、買取してもらえなかったり数十円にしかならない場合も多いです。

状態の良い洋服や人気ブランドの洋服をお持ちなら、古着屋に持っていくのも良いでしょう。

家具や家電などはリサイクルショップに持っていく

ベッドやタンス、収納ラックなど大型の家具家電は、リサイクルショップで買取査定をしてもらう方法があります。

出張買取と違って出張費がかからないのがメリット。

しかし、店舗まで自分で家具や家電を運搬する必要があるので車が必要になります。

また、せっかく持って行っても査定で値段が付かなければ持ち帰ることに…。

いきなり持ち込むのではなく、事前に店舗に連絡して買い取ってもらえそうか確認するのがオススメです。

不用品回収業者に依頼する

「買取できるものは売って、できないものは回収してもらう」といった便利な使い方が可能な不用品回収業者。

デメリットは回収費がかかることです。

メリットは以下の通り。

  • 自宅まで引き取りに来てもらえる
  • 買取もしている業者なら買取してもらえる
  • 確実に手放せる

回収してもらう不用品のなかで買取できるものがあれば、回収費用から差し引いてもらえるのでお得に利用できます。

不用品回収業者に依頼するときは、買取もおこなっている業者を選ぶようにしましょう。

古い携帯電話の買取はしてもらえる?

いまは使っていない古い携帯電話やスマホをお持ちではありませんか?

新品未使用品や使用年数の少ないものなら、リサイクルショップや不用品買取業者が買い取ってくれる可能性もあります。

携帯電話を売るときには、個人情報が残らないようデータを完全に消去しましょう。

処分する場合もデータ消去は必須です。

また、携帯電話やスマホは「小型家電リサイクル法」で処分方法が定められています。

通常のごみでは捨てられないので注意しましょう。

不要になった携帯電話の処分方法はこちら

洋服など売るのが面倒だから捨てたい人は燃えるごみでOK?

洋服を燃えるごみで捨てられるかは自治体によって異なります。

  • 洋服類はすべて燃えるごみ
  • 下着類や革製品以外の洋服は資源ごみ

など、分別の方法が自治体ごとに決まっているので注意してください。

また、一度に出せるごみ袋の量に上限がある場合も。

洋服を捨てたい場合は、お住まいの地域の分別方法やルールを確認しましょう。

不用品を売ったら税金はかかるの?

基本的には不用品を売っても課税の対象にはなりません

骨董品・絵画・宝石など、30万円以上で購入したものを売って利益がでた場合は税金がかかるので注意しましょう。

また営利目的で販売した場合は課税対象となります。

まとめ

不用品はいつか処分しようと思っていると放置してしまい、いつまでたっても処分できません。

不用品を売るのはめんどくさいと思っている方も、ご自身に合ったサービスを利用することで手間をかけずに手放すことができます。

ネットを利用して売るならフリマアプリやオークションサイト。

発送作業などが面倒ならリサイクルショップや古着屋の実店舗に持っていく。

すべての手間を省いて即日処分なら不用品回収業者に依頼するのがオススメです。

回収パンダでは不用品の買取も積極的におこなっておりますのでお気軽にご相談ください。

回収パンダの無料見積もりはこちら

あなたにぴったりの方法で不用品を手放して、ご自宅の中をスッキリさせましょう!