不用品回収相場

不用品回収の相場は高すぎる?粗大ゴミを安く回収してもらうには

引越しや断捨離などで出てしまいがちな、家具家電などの大型の不用品ってどうしていますか?

不用品を回収してもらうには費用も手間もかかるので、頭を抱えてしまいますよね。

不用品を民間業者に回収してもらう場合は、その重量や大きさそして品目から料金が決まってきます。

ベッドのような重いものですと、単品でも3000〜5000円くらいは見積もっておく必要があるのではないでしょうか。

処分品が粗大ごみにもなりうるベッド・ソファなど複数ある場合は、さらに費用が増えることも考える必要があります。

軽トラなどに積み込んでもらうようなサービスを利用して、10000円超えは覚悟しておいたほうがいいということもザラですよね。

不用品をおトクに回収してもらう最大のコツは、業者選びと見積もり比較につきます。

そこで今回は、回収費用の相場を見ながら見積もりで気をつけることをチェックしてみました。

不用品の処分にお困りの方の一助になれば幸いに存じます。

不用品回収の価格相場はいくらくらい?

不要になってしまった家具や家電などの粗大ゴミを一番安く処分しようと思ったら、頼るべきは行政です。

地域の粗大ゴミルールにのっとって処分すれば、かなり安く済むでしょう。

そうは言っても行政に頼むとなると、回収日時を向こうから指定されたり、自分で持ち込む必要があったりします。

小型のものならこの方法がオススメなのです。

しかし大型家具やエアコンなどの重たい家電は難しいですよね。

土が入ったままの植木鉢など、一部の品目では行政が対応してくれない不用品もあるので、こういうものを処分したい場合は頼れません。

そこで民間の業者へ頼みたいなということになります。これもまた料金が結構まちまちで、少しわかりづらいというのが正直なところではないでしょうか。

民間の回収業者の場合、大体のところで品目ごとの単価と、車両単位の単価を持っています。

品目ごとでは、例えば「エアコン5000円〜、ベッドはシングルが5000円」と、種類ごとに価格をきめているのです。

ただし、搬出のための人件費や、場所によっては出張費などの加算がある場合があります。

車両単位の単価設定は処分する不用品の量が多い場合によく使われ、軽トラック1台に満載で●●円などと設定されています。

まずは品目ごとの相場を見てみましょう。

家電製品の回収料金

家電製品の場合、一般家電と家電リサイクル法対象品(エアコン、テレビ、冷蔵庫、洗濯機)とで料金が変わってきます。

⇒家電処分についてさらに詳しく

一部の業者や行政の粗大ゴミでは、家電リサイクル法対象品目を取り扱わない場合もありますので気を付けましょう。

回収業者へお願いする場合の相場は以下を目安にするといいでしょう。
(あくまで目安のため、すべて消費税抜きで表記しています)

品目

処分費用
相場

詳細ページへ

電子レンジ・オーブン

1000円~2000

 

炊飯器・ポット類

500円~1500

 

冷蔵庫・洗濯機

3000円~5000

 

エアコン本体のみ

3000円~4000

 

エアコン室外機込み

6000円~8000

 

テレビ

2000円~5000

 

マッサージチェアなど大型家電

5000円~8000

 

*家電リサイクル法に関連する費用が別途かかる場合がほとんどです。

詳しい費用はこちらのサイトで確認ができます。

一般財団法人家電製品協会 家電リサイクル券センター

家具の回収料金

家具類に関しては純粋に大きさと重さから相場がきまっていることも多いです。

品目

処分費用
相場

詳細ページへ

 

ベッド・ソファ類

 

4000円~
7000円(シングルで45000円)

ベッド処分について
さらに詳しく

ソファ処分について
さらに詳しく

布団
(シングルで1セット)

2000円~3000

 

タンス・机類

5000円~8000

 

椅子

1000円~2000

 

スポーツ用品やレジャー用品の回収料金

壊れてしまったり、使わなくなってしまったレジャー用品なども厄介ですよね。

実は不要になったレジャー用品やスポーツ用品については、リサイクルの需要があるものも結構多いんですよ。

もし状態がさほど悪くないのであれば、回収ではなく買取してくれる業者さんを探してみるのも一つの方法でしょう。

回収業者にお願いする場合、回収料金の相場は以下のような感じです。

品目

処分費用
相場

ゴルフバッグ(クラブ込み)

2000円~3000

スキー・スノボ板

1500円~5000

スーツケース

2000円~3000

自転車

1500円~5000

筋トレマシーン(ルームランナーなど)

4000円~5000

ガーデニング用品(土入りプランターやジョウロなど)

1000円~3000

タイヤ(1本)

1000円~5000

その他デジタル用品

IT関連グッズも普通にゴミに出すのは難しいものがたくさんありますね。

とくにパソコンは法律で自治体の粗大ゴミでも受け付けてもらえません。

2003年10月以降に購入したパソコンでPCリサイクルマークが付いていれば、専門の業者が無料で廃棄・リサイクルしてもらえます。

それ以前の製品ですと有料になり、税込み3300円〜7700円で廃棄してもらうことになります。

ここには大体運搬費も含まれていますので、追加費用は発生しません。

しかし業者によっては梱包材などは自前で用意しないとならないので少し面倒です。

回収業者へ依頼する場合も回収業者が廃棄・リサイクル業者へ廃棄を依頼するケースでは、この料金はかかると思っていていいでしょう。

それ以外の周辺機器や、デジカメやスマホ、携帯音楽プレイヤーなども法律で無償リサイクル・廃棄対象となる品目が多数あります。

自治体によっては回収用のボックスを設置していたりしますし、認定業者でも回収しています。

小さいもので持ち込んだり発送したりする手間をかけられる場合は、役所やお近くの家電量販店などへ問い合わせてみるといいですよ。

回収業者へ依頼する場合は以下のような料金が一般的です。

パソコン・モニターなど

1000円~3000円(廃棄費用別)

プリンター(家庭卓上タイプ)

1000円~3000

パソコンラックなどのOA家具類

2000円~5000

小型家電類
(電話機、デジカメ、ドライヤー、CDプレイヤーなど)

500円~1500

基本料金ってなに!?不用品回収の見積もりで気をつけるポイントとは

ここまで不用品回収の相場を品目ごとにチェックしてみました。

処分したい不用品がある場合、品目で大体の目安はつきます。

しかし、回収業者によっては、品目ごとの単価にプラスして、引き取る際の運搬費や人件費を「基本料金」などと表記して別途請求するケースもあるのです。

こういうタイプの業者の場合、処分にかかる費用の総額は以下のような考え方になります。

例)ソファーを処分したい場合

ソファーの処分費用(目安)

5000

基本料金(一例)

5000

合計

10000円(+消費税)

さらに、ソファーがエレベーターのない建物の上階にあり、階段でおろさないとならない環境だったとします。

この場合、特殊作業のオプション費用が別途かかったり、基本料金に上乗せされ増額されたりすることもよくあります。

また、作業員さんがひとりで対応できるのか、ふたり必要なのかで増額があることもあるでしょう。

これではせっかくお得に処分したくてあちこちの価格表をチェックしてみても意味がないですよね。

このために、事前の見積もりが大事になってきます。

回収業者のサイトなどで料金をチェックする際にも、総額でいくらかかるのかは必ず事前にチェックするようにしましょう。

不用品回収業者の多くではスピード感も重視しているため、連絡を受け引き取りにやってきた際にその場で見積もりし、引き取るかどうかを判断してもらって作業するケースもよくあります。

もちろん価格が折り合わなければ断ることもできます。しかし、せっかくお願いしたのに処分できないのは依頼する方も困ってしまいますよね。

そこで、事前に電話やメールなどで概算など、しっかり確認しておくことをオススメします。

処分したい不用品の内容や量をきちんと業者へ伝え、概算を計算してもらうのです。

この時、エアコンなどのように撤去作業も必要なものになると、それは追加で請求されることがほとんどです。

事前の確認の際にはそう言った特殊な対応が必要かも伝えるようにしましょう。

そうすることで、当日現場での価格の誤差が最小限で済みますので、スムーズに引き取ってもらうことができますよ。

また、処分したい物が大量にある場合は、車両1台に詰め放題で●●円、と言ったパック料金も多くの業者が設定しています。

車両ごと値段設定されているプランを利用したい場合は、とくに事前の見積もりが重要です。

どのくらいの大きさの車両が来てどれくらい詰めるのかは、見解の相違が出がちなポイントでもあります。

しっかり事前見積もりをできれば複数の業者で取って、一番いいと思えるところへ依頼するようにすることで不要なトラブルが避けられるでしょう。

都内近郊の不用品回収は回収パンダにお任せください。

不用品の回収を業者へ頼む場合は、事前の見積もりが大事だということがおわかりいただけたかと思います。

不用品の処分というと、できるだけ安く処分したいと希望される方は当然多いことでしょう。

それと同時に「できるだけ早く処分したい」という要望をお持ちの方もいらっしゃると思います。

このふたつを同時に叶えたいとなると、少しでも安い業者を探すためにあちこち探し回る時間も惜しくなってしまうのではないでしょうか。

結果として不本意な価格であっても、目の前に引き取りに来てくれている業者さんにお願いしてしまうことは実によくあることだと思っています。

弊社、回収パンダは、スピードとコスト、両方の希望を叶えるお手伝いができる確信があります。

まずスピード面では、できる限りの即対応を心がけていますので、ご希望に応じて即日対応も可能です。

次に価格面では、頑張って低価格を実現しています。

弊社HPの料金ページでは、品目ごとの目安料金をなるべく細かく記載するよう心がけていますので、事前のチェックにもお役に立てる自信もあります。

また、お引き取りする不用品の中で買取可能なものがありましたら、買取も積極的に行いますので、その分コストを浮かせることも確実です。

相見積もりで納得がいかない場合もご相談いただければ、親身に対応させていただきます。

もちろん車両積み放題タイプのプランもございます。

弊社のパック料金は、いわゆる「基本料金」もコミコミで設定しておりますので、処分したい不用品の量に応じてご検討ください。

対応できるエリアは首都圏近郊で、このエリアにお住まいであれば、まずはお気軽に弊社回収パンダまでご相談ください!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です