布団の処分方法

布団の処分方法まとめ!粗大ごみ扱いになり無料で処分するのは難しい?

「布団ってどうやって処分したらいいの?」とお困りの方はいませんか?

この記事では、布団の処分方法を5つご紹介します。



買い換えなどで不要になった布団はかさ張って場所を取りがちですよね。
早めに処分してスッキリしましょう!

布団の処分方法は?

布団を処分する方法は5つあります。

無料で処分できる方法から、売ってお金にする方法、手間をかけずにすぐに処分する方法までご紹介します。
ご自身の都合にあった方法で布団を処分しましょう。

燃えるゴミで出せる?

布団の処分方法

【無料】

実は、布団は燃えるゴミとして一般ごみで捨てられます。

一般ごみとして処分できるので一切お金はかかりません。

ただし、一般ごみにはサイズ規定があるため、布団を小さく切る必要があります。

自治体によって異なりますが、通常一般ごみとして出せるのは30cm〜50cmまでとなっているでしょう。

それ以上の大きさになると粗大ごみとしてしか回収してもらえません。

「布団を切るのって難しそう…」と思う方もいるかもしれませんが、意外と簡単に裁断できます。

布団を切るには、普通のハサミでまず布団の側を切り、そこから中身の素材を取り出していきます。

取り出した中身をまたハサミで小さく切ったら終わりです。

手順は簡単ですね。しかし、飛び散った布団の中身を掃除するのが大変なので、手間と時間はかかりあまりオススメできる方法ではありません。

「どうしても無料で処分したい!」という方はチャレンジしてみてください。

粗大ごみで出す【300円〜500円

布団は自治体の粗大ゴミとして出すことができます。

一般ごみで出す時のように小さく切る必要がないので、楽に処分することができますね。

費用は自治体によって異なりますが、300円〜500円くらいのところが多いです。

布団を粗大ゴミとして出すには、まず自治体の受付センターへ電話かインターネットで申し込みましょう。

次に、最寄りの「有料ごみ処理券取扱所」で有料粗大ごみ処理券を購入します。

購入した有料粗大ごみ処理券に必要事項を記入し、布団に貼り付け、回収当日の指定時間までに収集場所へ持っていきましょう。

自治体の受付状況によっては、申し込みから回収まで1ヶ月以上待たなければならない場合もあるので、急いで捨てたいという方は注意してください。

また、収集場所まで布団を持っていくことが困難な場合には、家まで引き取りに来てもらえるサービスもあります。

「65歳以上の高齢者」「障がい者のみの世帯で身近な人の協力が得られない方」などの条件があるので確認しましょう。

家まで引き取りに来るサービスがない自治体もあります。

そんな時は、家まで確実に引き取りに来てくれる不用品回収業者に依頼しましょう!

不用品回収業者に頼む

【1,500円~(シングル布団)】

不用品回収業者に頼むもの一つの方法です。

費用はシングル布団で1,500円〜、ダブル布団で2,000円〜となっています。
粗大ごみで捨てるより少し費用がかかります。

家まで引き取りに来てくれるので手間がかからないのと、回収の日時を指定できるのが利点です。
手早く労力なく布団を処分したい方にオススメの方法ですね。

また業者によっては、まとめてたくさん捨てるとお得になるプランがあります。
布団の他にも処分したいものがある方は、この機会にまとめて処分し、スッキリしてはいかがでしょうか。

東京近郊にお住いでしたら、ぜひ回収パンダをご利用ください。
まとめ捨てがお得な「積み放題パック」をご用意しています。
不用品を処分してスッキリしたい方のご相談をお待ちしてます。

リサイクルショップに売る

【無料(売れればお金になる)】

リサイクルショップで売る方法もあります。

買い取ってもらえたらお金になるのが嬉しいですね。
お店によっては訪問買い取りしてくれるところもあるので、自分で持ち運ぶ必要がありません。

しかし、リサイクルショップでは基本的に、新品か未使用のみの買い取りとなっています。

使用した中古品を売るのは難しいので注意しましょう。

フリマアプリなどで売る

【無料(売れればお金になる)】

フリマアプリで売る方法もあります。

リサイクルショップで買い取ってもらうのと違って、価格を自分で設定することができるのが利点です。
また、リサイクルショップでは中古品を売るのは難しいですが、フリマアプリなら「中古品でも欲しい」という人が居れば売れる場合もあるでしょう。

一方で、写真撮影や購入者とのやり取り、梱包の手間が必要です。
サイトに掲載してから売れるまで時間がかかることも多いので、手早く処分したい人には向かない方法です。

布団の処分費用の相場は?

布団の処分費用の相場は、0円〜1,500円です。

無料で処分できる方法は、お金がかからないぶん手間と時間がかかります。

布団の処分方法まとめ

  • 無料】燃えるゴミで捨てる
    メリット:無料で一般ゴミとして捨てられる。
    デメリット:布団を切る必要があり手間がかかる。
  • 【300円〜500円】粗大ゴミとして捨てる
    メリット:安く捨てられる。
    デメリット:回収日が決まっている。場合によっては1ヶ月以上待つ必要がある。収集所まで持ち運ぶのが大変。
  • 【1,500円〜】不用品回収業者に頼む
    メリット:家まで引き取りに来てくれるので手間がかからない。他のものをまとめて捨るとお得になる場合も。
    デメリット;費用がかかる。
  • 【無料(売れればお金になる)】リサイクルショップで売る
    メリット:お金が手に入る。
    デメリット:新品未使用品でないと売るのが難しい。
  • 【無料(売れればお金になる)】フリマサイトで売る
    メリット:お金が手に入る。
    デメリット:売れるまで時間がかかり、送料も必要。

費用と手間を考えると、粗大ゴミで捨てる方法か、不用品回収業者に頼む方法がオススメです。
「回収日まで待つ余裕があって収集場所まで布団を持ち運べる方」は粗大ゴミを、「すぐに手軽に処分したい・布団を持ち運ぶのが難しい方」は不用品回収業者を選びましょう。