布団を捨てる時期はいつ

布団を捨てる時期はいつが適切?まとめ方も合わせて紹介!

今では布団の機能性も充実してきましたね。「暖かさレベル」を星で表している掛け布団もあります。

ふと「布団ってどうやって捨てたらいいんだろう」と今まで使っていた布団が、押し入れの中に残されていませんか?

「布団の買い替え時期がわからない」とずっと同じ布団を使っている方もいるかもしれません。

今回は布団を捨てる方法と、捨てる時期についてお話しします。

布団の捨てる時期・タイミングはいつがベスト?

布団の種類には羊毛、羽毛、綿、ポリエステルのものがあります。

綿、ポリエステル、羊毛の場合は敷き布団で3年、掛け布団で5年が寿命だと言われています。

羽毛の場合は5~10年が目安です。

しかし手入れによって布団の寿命をちぢめてしまうこともあります。

使っている人が「もう買い替え時だな」と思うサインがあるようです。

見た目の捨て時サイン

羽毛布団の場合、羽毛が飛び出ている様子がみられたら、生地に穴や破れが生じている可能性があるため、捨て時のサインです。また、羽毛布団は空気の層を作ることで高い保温性を維持しているため、へたってしまうとその機能が十分に働かなくなります。布団のボリュームが減っていたり、ふくらみが偏ったりしているときも、処分を検討するタイミングといえます。

使用感の捨て時サイン

使用感で判断できる捨て時サインは、使っていて保温性が衰えたと感じたり、体にかけたとき重いと感じたり、においが気になるようになったりしたときです。

保温は布団の役割なので、保温性が失われた場合は寿命と判断できます。また、体に布団をかけたときに重いと感じた場合、布団の詰め物が汗や皮脂などを吸い取り、蓄積して重くなっている可能性があります。特に、羽毛布団の場合は、汗や皮脂などを多く吸った羽毛が独特なにおいを発することもあるので、捨て時サインとなります。

(引用:ビーナスベッドのライブラリー

なんとなく捨てる時期がわからず、ずっと使い続けていた布団。

布団の方から「そろそろ捨てる時期ですよ~」というサインが出ていたんですね。

寝具は体を休めるものですから、このサインが出てきたら迷わず買い替えてしまいましょう。

布団を捨てるときのまとめ方は?

自治体の多くは布団を「粗大ゴミ」と分類しています。

しかし「粗大ゴミ」にもサイズの規定があるのをご存じですか?

長さ90センチ以内、直径40センチ程度が「粗大ゴミ」のサイズです。

しかし布団はそのままではこのサイズになりません。仮に上手くたためたとしても、時間の経過とともに「粗大ゴミ」サイズにされた布団が元のサイズになってしまう可能性が大きいです。

とくにマットのような敷き布団ならクルクルまとめても、「さぁ寝てください!!」と言わんばかりのサイズに戻ってしまいます。

「粗大ゴミ」サイズにするには、しっかりとヒモでしばり布団をそのサイズにしてしまいましょう。

布団を小さなサイズにする方法も動画にされていますので、参考にしてください。

 

お見事ですね。

しかし一人では大変そうでした。

その他の方法も紹介しておきましょう。

  • 小さくカットする
  • 圧縮袋を利用する

布団をカットすると、中で繁殖を続けていたダニがカーペットや大切なペットの体にもぐりこむ恐れがあります。こちらの方法はあまりオススメできません。

圧縮袋を利用したら一人でも簡単に粗大ゴミサイズにできそうですね。

またひもしばる場合は、三つ折りにして、十字結びで「粗大ゴミサイズ」となるようです。

布団を捨てる時はどう捨てる?

さぁ次は布団の捨て方です。

上記の動画のように上手にゴミ袋サイズに入れてしまえば簡単でしょう。

粗大ゴミではなく「燃えるゴミ」として出せてしまいます。これはお金がかからずいい方法だと思います。(お住いの自治体によっては布団は「粗大ゴミ」として出してくださいという所もありますので、かならずお問い合わせください。)

しかしあのような道具がどのご家庭にもあるわけではないので、「粗大ゴミ」として捨てる方法がいちばんです。

自治体によってはリサイクル券を事前購入し、規定サイズにまとめた布団の上に貼り回収してもらいます。

自治体によって異なるので、かならずあなたのお住いの自治体にお問い合わせください。

また、その他にも布団の処分の方法があります。⇒くわしい処分方法も参考にしてください。

まとめ

今回は「布団の買い替え時期と粗大ゴミとして出す方法」だけを取り上げました。

買い替える時期は以下のようなポイントになっています。

  • 綿、ポリエステル、羊毛の場合は敷き布団で3年、掛け布団で5年が寿命
  • 羽毛は5~10年が寿命
  • 羽毛が布団から飛び出してきたり、ボリューム感が失われた時
  • 布団から臭いがしてくる
  • 布団をかけた時に重みを感じたり、温かさを感じなくなった時

布団はあなたの体調を整えるための寝具です。

朝起きた時に、スッキリ感がない場合は布団を変えてみましょう。

またどうしても大切にしたい布団(とくに綿布団)は、「綿入れ」をおこなってくれる職人さんもいますよ。

そちらを利用するとフワフワな布団で返ってきます。

布団は古くなるとダニのすみかとして、好条件がそろっているのです。

ずっと敷きっぱなしの布団は、寿命の前にダニやカビだらけになってしまいます。

ダニやカビは日ごろから布団の手入れをしておくと防ぐことができます。

  • 時々コインランドリーでの洗濯や乾燥機を利用する
  • 毎日ふとんをたたむ習慣をつける(※1)
  • 晴れた日に布団を干す
  • ベッドのマットに風を通す(窓を開けるだけで十分です)
  • シーツはこまめに交換する
  • 掃除機についている「布団専用」のローラーを使用し、掃除機をかける

(※1)人間は寝ているうちにもかなりの汗をかきます。そのため起きてすぐに布団をたたむと、湿気がこもってしまいます。10分ほど放置してからたたむ、すぐにたたみたい人は布団をパタパタとして空気を送り込み、湿気を取り除いてからたたむとよいです。

これはダニを退治するためでなく、布団を長く使えるようにするコツでもあります。

布団はあなたの体調を整えるための大切なものです。

布団を大切に取り扱うことで、あなたの睡眠の質があがるかもしれません。