古い携帯の処分方法4選!

古い携帯の処分方法は!?データは消去できない!?

使っていない古いタイプの携帯(いわゆるガラケー)が引き出しの中で眠っていませんか?

携帯電話を処分するときには個人情報となるデータをしっかり消去することが重要

この記事では、古い携帯の安全な処分方法4選をご紹介します。

充電器を無くしたから電源が入らなくてデータ消去できない」といった場合に対応できる方法もご紹介します。

古い携帯電話を処分するときの注意点

古い携帯電話を処分するときは以下の2点に注意してください。

  • 個人情報となるデータを消去してから処分する
  • 法律で決められた方法で処分する

携帯電話のデータを消去せずそのまま廃棄すると、個人情報を盗まれる可能性があるので危険です。

電話番号・メールアドレス・氏名といった連絡先はもちろん、写真やWeb閲覧履歴などもすべて消去しましょう。

また、携帯電話は「小型家電リサイクル法」によって処分方法が定められています。

小型家電リサイクル法は、デジタルカメラやゲーム機等の使用済小型電子機器等の再資源化を促進するため、主務大臣による基本方針の策定及び再資源化事業計画の認定、当該認定を受けた再資源化事業計画に従って行う事業についての廃棄物処理業の許可等に関する特例等について定めた法律です。

環境省:小型家電リサイクル法 ~法律の概要・関係法令~

携帯電話は廃棄ではなく適切なリサイクルが促されています。

小型家電リサイクル法に違反した方法で廃棄すると、30万円以下の罰金が課せられるのでご注意ください。

資源を再利用するため法律に乗っ取った方法で処分しましょう。

古い携帯の処分方法4選!

古い携帯の処分方法4選!

古い携帯電話はデータをきちんと消去したうえで、法律で決められた方法で処分しましょう。

ここからは、携帯電話を安全に処分する方法を4つご紹介します。

au・ソフトバンク・ドコモなどメーカーに処分してもらう

古い携帯電話は、メーカーに引き取り処分をしてもらうことができます。

au・ソフトバンク・ドコモの場合、処分料金は無料。

メーカー処分では適切にデータ消去してもらえるので安心です。

また、基本的にどのメーカーも他社の携帯電話でも処分してくれます。

処分を申し込むには店舗まで携帯電話を持っていく必要があるので、ご自宅から近いメーカーを利用するのがいいでしょう。

各メーカーの対応の違いは以下をご覧ください。

ソフトバンクの場合

ソフトバンクでは、ショップに持ち込めば機種の自社・他社メーカーを問わず無料で引き取ってくれます。

ワイモバイルやmineoなど、実店舗数が少ない会社の携帯でも回収してもらえるので便利ですね。

Q 使わなくなった携帯電話や電池パックの処分を検討しています。リサイクルはしていますか?
A 携帯電話の本体・電池パック・USIMカード・充電器類は、ブランドやメーカー、新旧機種を問わず回収しています。ソフトバンクショップまでお持ちください。

ソフトバンク:よくあるご質問

店舗に持ち込んだ際には、スタッフが個人情報が消去されているか確認します。

ご自身で事前にデータ消去をおこなうことが難しい場合は、スタッフに操作してもらい消去することも可能。

あらかじめ携帯電話を充電して電源が入るようにしておきましょう。

店舗でも充電はしてもらえますが、時間がかかるうえ、あまりに古い機種だと店舗に対応する充電器がない場合があります。

その場合はデータ消去せずに処分という形になります。

ソフトバンクでは、「ケータイパンチ」という破砕機器を使用。

目の前で電源ボタンに穴を開けて携帯電話が起動できないようにしてくれます。

auの場合

au店舗(au Style/auショップ・トヨタ au取扱店)では、メーカーや機種を問わず携帯電話の回収を行っています。

携帯電話・PHS事業者は、環境を保護し、貴重な資源を再利用するためにお客さまが不要となってお持ちになる電話機・電池・充電器を、ブランド・メーカー問わず上記マークのあるお店で回収し、リサイクルを行なっています。不要な電話機・電池・充電器をお持ちのお客さまは、最寄のauショップ/au Style・トヨタ au取扱店までお持ちください。

プライバシー保護のため、電話機に記憶されているお客さまの情報 (電話帳・通信履歴・メールなど) は事前に消去願います。

au:リサイクルへの取り組み

ウィルコムのガラケーなど古い機種でも回収してもらえます。

注意したいのは、携帯電話内の情報の消去はあらかじめ自分でやっておく必要があること。

データの消去方法がわからない場合は店頭でスタッフに操作してもらうことも可能です。

ドコモの場合

ドコモでは、店舗でも常時回収に加え、イベントや施設でのケータイ回収サービスを行っています。

様々なイベントや施設などで不要ケータイ電話の回収を実施し、ケータイリサイクル活動を行っています。今後も、各種イベントや施設などでケータイリサイクル活動を行ってまいりますので、みなさまのご協力をお願いいたします。なお、ドコモショップでも常時回収を行っておりますので、不要となったケータイがございましたら、お近くのドコモショップへご持参ください。

docomo:不要になった携帯の回収

回収手続きに必要な書類などは無いので、店舗に持ち込めばすぐに処分してもらうことが可能。

ドコモでは回収前に自分でデータを消去しておく必要があります。

家電量販店での回収

一部の家電量販店でも携帯電話の無料回収サービスを行っています。

  • ケーズデンキ
  • ヤマダ電機
  • ビックカメラ
  • ヨドバシ

など。

すべてのメーカー・機種の携帯電話を引き取ってもらうことが可能。

データ消去や粉砕機器を使った物理損壊の手順は、携帯メーカー店舗に持ち込むのと基本的には同じです。

携帯メーカー店舗より家電量販店が行きやすい場合は、家電量販店で回収してもらっても問題ありません。

古い携帯の処分は回収パンダなど回収・買取業者に依頼

携帯電話の処分は、不用品買取業者に依頼するのも一つの方法です。

未使用品や状態の良い携帯電話なら、買取してもらえる場合もあります。

回収業者ならデータを適切に処分してくれるので、個人情報の漏洩などの心配もありません。

自宅まで引き取りに来てもらえるので手間がかからないのも嬉しいポイント。

一方でデメリットは回収費用がかかること。

また、携帯電話のみの回収の場合、出張費用が必要になったりして割高になることも…。

不用品回収業者に携帯電話の回収・買取を依頼するなら、携帯電話以外の不用品と合わせて申し込むのがお得です!

回収パンダでは、不用品の量に合わせたさまざまな料金プランをご用意しています。

少量の不用品なら「ライトパック」、大量の不用品なら「トラック積み放題パック」など。

不用品回収と合わせて不用品の買取も積極的におこなっています。

相談やお見積もりは無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

回収パンダのご利用の流れやお得プランはこちら

自治体で捨てる

携帯電話は自治体でも無料で捨てることができます。

ほとんどの自治体では「回収ボックス」を役場や公共施設内に設置し、携帯電話を含めた小型家電の回収をおこなっています。

稀に回収ボックスを設置しておらず、不燃ごみで捨てる自治体も。

自治体によって携帯電話の捨て方は違うので、事前に役所ホームページなどで確認しましょう。

自治体の回収ボックスや不燃ごみで捨てる場合、携帯電話のデータは自分で完全に消去しておく必要があります。

データが残った状態だと悪用される危険性があるのでご注意ください。

データの消去方法は機種によって異なるので説明書やメーカーのホームページで確認しましょう。

また、ユーザー側の操作ではデータが完全には消去できない場合もあります。

不安な方はキャリア店舗に持ち込むか回収業者に依頼するのが安心ですね。

古い携帯電話のsimカード処分や電源が入らない場合の対処法

充電中の携帯電話

simカードとは携帯電話に挿入されている小型のカードのことです。

simカードには契約者情報や画像・動画データなどの個人情報が記録されています。

携帯電話を処分するときには、simカードから個人情報が漏れないように処理しましょう。

ハサミやシュレッダーで物理的に破損してから捨てるようにします。

携帯会社によっては、契約解除後にsimカードの返却が必要な場合があるので注意してください。

まずは、契約書やキャリアのホームページを確認して、simカードの返却の必要があるか確認しましょう。

また、携帯電話本体に記録されているデータもすべて消去する必要があります。

連絡帳の電話番号や氏名・メールアドレス、画像や動画フォルダはもちろん、使用者本人のユーザー情報も消去しましょう。

本体の操作方法は機種によって違うので、説明書を参考にするかメーカーに問い合わせてください。

充電器を無くして電源が入れられない場合は、本体のデータ消去ができません。

その場合は、専用の機械を使って本体の電源ボタンに穴を開け、物理的に破壊して個人情報を取り出せないようにする方法があります。

電源が入らないなどの理由でご自身でデータ消去できない場合は、携帯メーカー店舗や家電量販店への持ち込み、不用品回収業者に依頼する方法をご検討ください。

【まとめ】古い携帯の処分方法まとめ

古い携帯電話の処分方法は4つ。

  • メーカーで回収してもらう
  • 家電量販店で引き取ってもらう
  • 回収業者に依頼する
  • 自治体で処分する

古い携帯電話には個人情報が入っているので、データをきちんと消去してから処分する必要があります。

simカードを抜いて処分し、本体に残っているデータも忘れずに消去しましょう。

メーカーや家電量販店回収・回収業者に依頼してもらう方法なら、電源が入らない携帯電話でも確実にデータを破棄してもらえるので安心です。

携帯電話以外にも捨てたい不用品がある場合は、不用品回収業者に依頼するのがオススメ。

回収パンダでも、古い携帯電話を含めた不用品の回収・買取を承っております。

お見積もりは無料ですので、ぜひ一度ご相談ください。

回収パンダへの相談・無料見積もりはこちらからどうぞ(LINEや電話にも対応しております)