引っ越し不用品

引っ越しのゴミ処分方法は?業者に任せたときの相場は?

引っ越しされる時にもっとも困るのがゴミの処分ですよね。

とくに長年住んでいると、処分するゴミも多くなってきます。

急に転勤が決まり、引っ越し前日まで仕事もあるとなると、引っ越しも大変です。

今回は粗大ゴミの処分方法と回収業者に依頼した場合の費用などを説明していきます。

あなたに合ったゴミの処分方法が見つかるといいですね。

引っ越しのゴミ処分方法厳選7つ

引っ越しゴミ捨てる

今回は引っ越しのゴミ処分方法を7つ紹介します。

1)不用品を回収してくれる業者に頼む

不用品回収業者にお願いするのが、一番確実な方法です。

家電製品だけをお願いすることもできますし、「トラック一台分のゴミ回収」パックなど不用品回収業者でもセットサービスがおこなわれています。

ほとんど捨ててしまいたい場合には、不用品回収業者が見積もりにきてくれますので、ぜひ活用してもらいたいと思います。

回収業者のお願いは引っ越しが決まったら、早めに連絡をつけておくことです。

とくに不用品が多い場合は引っ越し予定日の2~3日前に連絡しても、あなたの指定したい日に回収業は来てもらえないこともあります。

2)お住まいの地域の粗大ゴミセンターに持ち込む・収集してもらう

今ではすべてを「粗大ゴミ」として扱うわけにいきません。

粗大ゴミとして引き取ってもらえない製品も、注意しておきましょう。

政府広報オンライン

引用元:政府広報オンラインHP

「家電リサイクル法」の対象品目はどこの市でも引き取ってはもらえません。

こちらの製品は家電回収ができる証明書を持った回収業者にしか依頼できないのです。

「小型家電リサイクル法」の対象品目は「家電リサイクル法」ほど厳しくありません。

そのためゴミ収集日が設けられている地域もあることでしょう。

もしゴミ収集日が設けられていない地域なら、市役所や市が管理している建物に「回収ボックス」が設置されていますので、そちらをご利用ください。

また新しいものを購入する場合は、そのお店で処分してくれるものもあります。

ただし、家電リサイクル法製品は処分費用がかかるので、注意してください。

粗大ゴミ処分の方法は地域により異なります。

今回は東京周辺を例にあげてみましょう。

東京都

東京都は地区ごとに粗大ゴミ受付センターがあります。

粗大ゴミ受付センターHPにてご確認ください。

神奈川県

また神奈川県では家電等不用品の再利用にも取り組んでいるようです。こちらも活用してみてはどうでしょうか⇒「家電等不用品の再利用の情報

埼玉県

埼玉県では地域ごとにクリーンセンターがあります。

さいたま市のHPを参考にしてみてください。

施設毎ごみ種別制限もえないごみ粗大ごみ搬入
西部環境センター可能
東部環境センター×不可
クリーンセンター大崎可能
桜環境センター可能

千葉県

千葉県はそれぞれの市によって異なるようです。お住いの市のHPをご覧ください。

このように、粗大ゴミ処理は地域によっても違いますので、前もって調べておくとよいでしょう。

「粗大ゴミ」の料金は、それぞれの地域によって異なるようです。

また重量によっては料金が必要ないこともあります。

3)インターネットのフリーマーケットやオークションサイトを利用する

オークションサイト

ネットのフリーマーケットやオークションサイトはとても便利です。

とくに地域密着型のネットフリーマーケットサイトだと、「0円」商品は、ドンドンと引き取り相手が見つかります。

最近はDIYが流行しているので、天板を外したテーブルのパイプ脚だけでも引き取ってもらえますよ。

一方、価格をつけてしまうと購入してくれるまでに時間を要する、購入者があらわれないなどのリスクもあります。

すべての商品が売り切れたなら問題はないでしょう。

もしもあなたが利益を得たいならば、かなり前からフリーマーケットやオークションサイトを活用しておくべきです。

冷蔵庫や家電製品は前日まで使用することになりますから、前日の夕方の時間に取引されるとよいでしょう。

フリーマーケットもオークションサイトも、郵送料は出品者持ちのところが多いで逆にマイナス費用になってしまうことも。

地域密着のフリーマーケットを利用される方が早く処分できると思います。

4)リサイクルショップに売る

こちらは粗大ゴミ、特にまだ使える家電製品やオモチャ、衣類、本、食器、家具類などを売ることができます。

ただしネットフリーマーケットやオークションサイトよりも、引き取り価格はかなり下がります。

また家電製品は使えるものに限るので、長い間使っていない製品は引き取ってもらう前にご自分で確認してください。

家具類はあまり大きなものは引き取ってもらえない場合もありますので、リサイクルショップに持って行く前にはかならずお店に確認しておきましょう。

衣類やおもちゃなどは、汚れているものやお子さんの名前が入ったものは引き取ってもらえません。

こういったものはゴミ収集日に出してしまう方がいいでしょう。

5)ゴミ収集日に出してしまう

お住いの地域のゴミ収集日カレンダーがあったなら、それにそって計画を立てましょう。

とくに衣類は月に一度しか収集されないこともあります。

不用になった食器や鍋なども要チェックです。

また木製の家具は簡単に解体することもできますので、ゴミ袋に入るほどの大きさに解体するのもよいでしょう。

粗大ゴミ処理場に持って行くと有料となります。

手間はかかりますが、少しでも粗大ゴミの処分費用を減らしたいのであれば、解体してゴミ収集日に出すのが一番です。

6)買取専門業者に依頼する

不用品を買い取ってくれる業者もあります。

再利用可能な不用品を買取するため、壊れたものは回収してもらうことはできません。

さらに、買取専門店には特定のジャンルだけ取り扱う業者と幅広いジャンルを取り扱っている業者があります。

特定ジャンルの買取専門業者なら、車やバイク、楽器などを高く買い取ってもらえる可能性もありますね。

ただし、買取専門業者は買い取ったものを中古品として販売しますから、売り物にならないものは引き取ってもらえません。

7)友人や知人にゆずる

もしお知り合いの方の中に「あれがほしい」という場合は、ゆずってしまうのもいい方法だと思います。

ただし、その場合はかならず「ここにこんな傷がある」「扉が開けにくい」など不備な点があることを伝えておきましょう。

衣類はご自分のお子さんよりも小さなお子さんがおられるご家庭にゆずられると喜ばれると思います。

この場合はお子さんの名前が書かれていても、簡単にゆずることができますのでとても便利です。

とくにお子さんの服には思い入れも多く、捨てるよりもゆずりたい気持ちの方が大きいですよね。

子供服はあなた自身から「うちの子が着れなくなった洋服がいっぱいあるから、もらってくれない?」と声をかけてみるのもいいかもしれません。

粗大ごみを捨てたい場合は

引っ越しゴミ
  • 現在お住いの地域のゴミ処理場に持ち込む
  • 木製のものなら解体してゴミ袋に入るほどにしてゴミ収集日に出してしまう
  • 不用品回収業者に任せる

ただし、家電製品の中には「家電製品リサイクル法」で決まった製品があります。

これらの製品は地域では引き取ってもらえませんので、不用品回収業者に連絡しましょう。

「リサイクル法にかかわる製品」の詳細はお住いの地域のHPなどでご確認ください。

「粗大ゴミ」と言ってもいろいろな種類があります。

粗大ゴミを引っ越しする2~3日前にゴミ処理場に持ち込んだものの引き取ってもらえなかった場合は、新しい家まで運ぶはめになってしまう可能性も。

そうなると引っ越し業者のトラックがもう一台必要になります。 もちろん一台追加すると引っ越し費用も高くなってしまいます。

費用の面だけでなく、粗大ゴミまで新居に持ち込まなければならず、それを見るたびにため息が出てしまうでしょう。

引っ越しで出たごみ処分を業者に頼んだ時の相場

最近では不用品回収業者もいろいろなサービスを行っています。

なかにはWeb割サービスをおこなっている業者もあるようです。

Web割なら1000円~5000円ほど料金がお得になってきますので、これは見逃せませんね。

そんな不用品回収業者に引っ越しゴミを依頼する場合は2通りつのタイプがあります。

「家電リサイクル法」の対象品目のみ・大きな家具のみなど決まったゴミを出す場合:こちらはゴミとなる対象品目のみの料金が設定されています。

目安としては1品目500円~3万円といったところでしょうか。

回収業者はあらゆるものを回収してくれ ますので、毛布一枚でも可能です。

また重たい金属製の金庫まで持って行ってくれます。

家中のゴミを回収してほしい場合:こちらはトラックの台数などで料金が決められています。

お仕事によっては、ゴミ収集日を待てないことや持ち込みができないこともありますよね。

そのような場合は必要なものと不用品に分けてしまい、回収業者に一気に回収してもらいましょう。

  • 1K  18000円
  • 1LDK  4万円
  • 2LDK  6万円
  • 3LDK  10万円

といったところです。

家中のゴミを回収する場合は、業者がどれくらいの量なのかを計算して見積もり書も出してくれます。

これはあくまで参考となる目安ですので、不用品が多いほど費用がかかります。

少しでもコストを抑えたいなら燃えるゴミやペットボトルや空き缶だけでもご自分で片付けておきましょう。

引っ越しが決まったらゴミをどうするのかも決めておかないとリスクがある

まずは引っ越しが決まったら、ゴミ収集日を見てください。

洋服や本などは月に1度しか収集してくれない地域もありますので、収集回数が少ないものから片付けていってください。

引っ越し作業はゴミ収集日に沿った計画が必要になります。

その日を逃すと翌月まで収集されないということにもなってしまいます。

しかしあなたは来月あなたはには引っ越しをしています。

そういった場合は引っ越した地域のゴミ収集日まで、待たなくではなりません。

引っ越し後は「これも不要だったな」「あれは引っ越し先には似合わない」と思うゴミが意外と出てきます。

1か月先のゴミ収集日までは捨てられないなんてことにもなりかねません。

一緒に持ってくるしかなった不用品と、新居に住んでから出た不用品を見てため息が出てしまうことでしょう。

そうならないためにも、必ずゴミ収集日を見て計画を立てることが必要です。

引っ越しゴミ回収費用まとめ

引っ越しのための作業はかなりめんどくさいものですよね

おまけに学校に通うお子さんがおられるご家庭は、いろいろな手続きもしなければなりません。

もし引っ越しのために必要ものと不用品を仕分けできる時間がじっくりとある方なら、フリーマーケットやオークションサイトを利用するのもオススメです。

売りたい商品を写真に撮るなどの作業が増えてしまいますけれど、思った以上に楽しくなって仕分け時間が短縮されるかもしれませんよ。

引っ越し作業を早めに計画しておいたなら、このようなサイトを利用してもいいでしょう。

反対に引っ越し準備の日数が少ない人もおられます。

このように大変忙しい方には不用品回収業者に依頼することをオススメします。

プロの手にかかればあっという間!

早く引っ越し作業が終わると思います。

費用をかけたくないなら、そのぶん手間はかかります。手間をかけたくないなら費用がかかります。

あなたはどちらを選択しますか?

どうしても不用品業者にしか任せられない家電リサイクル製品のものは、回収パンダにお任せください。

回収パンダはどんなものでも回収します。⇒回収品目一覧表 ぜひ参考にしてください。

 引っ越しのために不用品回収業者が必要になったらお気軽にお問い合わせください