引っ越し不用品

引っ越しの不用品処分にはどんな方法があるか紹介!量によって処分方法を決めよう

引っ越しが決まると手続きや準備で忙しくなります。

荷造りと一緒に必要になるのが「不用品処分」です。

引っ越し前に「不用品の処分」を事前にしっかりしておくことで、引っ越し費用を削減することにもつながります。

今まで処分できなかったモノを引っ越しのタイミングで、思い切って処分してしまうのも良いきっかけでしょう。

引っ越し不用品処分にはさまざまな方法があり、忙しい方には時間を有効活用できる処分方法もあります。

ではどのような業者に不用品処分を依頼すれば良いと思いますか?

「引っ越し業者」や「不用品回収業者」に不用品処分を依頼したり、「リサイクルショップ」や「フリマ」などに不用品買取を依頼する方法もあります。

それぞれの特徴について知っておくことで、スムーズな引っ越し準備ができるでしょう。

新生活をスタートするときの引っ越し準備に役立つ情報をご紹介します!

引っ越しの際、不用品が大量にあった場合は業者(引っ越し業者か不用品回収業者)に頼むメリットは?

不用品業者メリット

不用品を処分するときは、大型の不用品から処分することをオススメします。

処分に時間のかかる大型の不用品は、引っ越し当日に処分が間に合わないということがないように、引っ越しが決まったら処分する方法を事前に決めておきましょう。

引っ越しの費用を削減したい方は、「不用品買取」を優先に検討されるのも良いでしょう。

引っ越し「不用品買取」については後章でご紹介します。

ここからは引越し不用品を処分するときに依頼する「引越し業者」と「不用品回収業者」の違いについて詳しく解説します。

・引っ越し業者

引っ越し業者は引っ越し作業が専門ではあります。

しかし業者によっては引っ越しのタイミングで不用品回収を行っている引っ越し業者もあります。

家電や家具など不用品回収が可能なものが一部に限られていることが多いのです。この場合は注意が必要になります。

引っ越し業者に依頼される予定の方は、見積もりを依頼をされるときなどに、事前に引っ越し業者に不用品処分のご相談をされると良いでしょう。

料金はかかりますけれど、効率が良く時間や手間を考えると、引っ越しと不用品の回収を一度に済ますことができるのは大きなメリットです。

引っ越し業者は不用品回収業者ではありませんので、本来の引っ越し業者の業務サービスを重視して選ばれる方が多いでしょう。

・不用品回収業者

忙しくて時間がない方や引っ越しの不用品処分に、手間を省きたい方にオススメです!

不用品回収業者に依頼すると、ご自身では持ち運びのできない重たい荷物でも、養生を行ってくれるので建物に傷をつけることなく荷物を搬出してくれます。

そして不用品回収業者の最大のメリットは不用品を回収してくれる対象が、幅広いところが特徴です。

引っ越し業者と異なり不用品回収業者は「不用品回収のプロ」なので、細かな不用品処分の方法や仕分けを考えることなく、安心してお任せできるでしょう。

 

依頼をされる注意点としては、不用品回収を行うには「一般廃棄物処理業許可」が必要となります。

許可を得ずに回収無料をうたい後に高額な料金を請求してくる無許可の業者もあります。

 

不法投棄や不適切な処理を行っているケースもあるため、不用品回収業者に依頼されるときは廃棄物処理法で定められた許可をもつ信頼できる業者に依頼しましょう。

自治体で処分をするときは、回収ルールを守らなければなりません。

回収日が決まっているため指定された日にちに、ご自身で処分する荷物を運び出して、処理場まで持っていく必要があります。

事前予約をしなければ回収してもらえないこともあるので、お住まいの地域のルールに従い処分をしなければなりません。

運び出す労力や時間と手間がかかり、ご負担がかかることもあります。

不用品回収業者の場合は、作業をしてもらう日にちを指定できるため、ご自身のタイミングで引っ越し準備の段取りが可能です。

まとめて処分の依頼をすると費用が安くなる可能性もあるので、事前に「不用品回収業者」に見積もりなどの依頼をしても良いでしょう。

引っ越し当日ではなく、事前に処分ができるため引っ越しの準備もしやすくなるでしょう。

大切な時間を買ってくれるから

引っ越しの準備には時間と手間がかかります。

不用品処分で最も手間のかからない方法は、「引っ越し業者」や「不用品回収業者」に依頼する方法でしょう。

時間を有効活用して、お料金はかかっても大切な時間と手間を考えると依頼してみるのもよいのではないでしょうか。

粗大ごみも深いことを考えず全て処分してくれるから

粗大ごみも持っていってくれる

自治体が行う粗大ごみの回収はプラスチック、金属、木でできているものや、一番長い部分が30㎝を超える大型のごみを「粗大ゴミ」としているケースが多いです。

自治体に回収依頼できないリサイクル対象のテレビや冷蔵庫、洗濯機、エアコンや、捨て方が分からないモノなど不用品回収業者に依頼すると便利です。

引っ越しの準備で時間に追われる中、不用品によって不用品処分先の仕分けを調べるだけでも、大変な作業でしょう。

そんなときは不用品回収業者に依頼すれば心強いです。

⇒不用品回収の相場

引っ越しの際に不用なものは売ることも可能

前章では「引っ越し不用品処分」についてご紹介しました。

引っ越し費用をおさえたい方には不用品は処分だけではなく売ることも可能です。

ここからは「不用品買取」について詳しく解説します。

リサイクルショップに売る

処分する不用品が、買取強化をしている品物の場合などは「高価買取」も期待できるのがリサイクルショップです。

最大のメリットはリサイクルショップのメリットは手軽に利用できるということ。

梱包や発送作業もないため、リサイクルショップに直接持っていけばその場で売却が可能です。

処分する予定だったモノを売ることができれば、エコで経済的な処分ができます。

フリマなどで売る

リサイクルショップに売る

まだ使えそうな不用品があれば、オークションやフリマなどを利用するのもオススメです。

品物の梱包や発送はご自身でする必要があります。スマートフォンがあればいつでも手軽に操作できるのも特徴です。

ただし確実に売れる確約はないため、売れなかった場合の売却方法も考えておきましょう。

引っ越しの際の不用品処理方法まとめ

引っ越しのときに必ず出てくるのが「不用品処分」問題です。

引っ越しには手続きや、仕分け、荷造り、不用品処分など雑多なことが多いため時間に追われます。

引っ越し準備のときに不用品の処分ができていないと、引っ越し先にまで不用品を持っていかなければなりません。

処分する予定だった不用品まで引っ越し業者に依頼することになると、それだけで費用もかかります。

無駄な出費をおさえるためにも、計画的に不用品の処分をしましょう。

不用品の処分には不用品によって決まった処分ルールがあるため、適切な処分をする必要があります。

時間の有効活用と手間を省くためには、プロに依頼するのもオススメです。

また不用品を処分するよりも、不用品買取をした方がお得になるケースもあります。

不用品の処分にはご自身の最適な方法で、業者に依頼される際は、「引っ越し業者」「不用品回収業者」それぞれの特徴を知り、ご自身に合った業者に依頼して、気兼ねなく明るい未来を想像して準備しましょう!