引っ越し時、シャンプーなど液体物の梱包方法は?漏れないようにするために!

「引っ越しのとき、ポンプ式シャンプーやボディソープってどうやって梱包したらいいかわからない…」
「荷物の中でこぼれたら嫌だな」

などと考えたりすることはありませんか??

引っ越しの荷造りのとき意外と困るのが、食器用洗剤、漂白剤、シャンプーやコンディショナー、ボディソープ、洗濯剤、柔軟剤などの洗剤類、液体の梱包です。

固形石鹸などの梱包は基本的に固形ではないため、液体などが漏れ出す心配はありませんが、

とくにポンプ式のものは、少し押しただけで中身が出てきてしまいますよね。

梱包がきちんと出来ていなかったら、荷物の中でこぼれて他のものを汚してしまうかもしれません。

梱包が面倒で、使いかけのポンプ式の液体は捨ててしまうという方もいると思います。
しかし、お気に入りのシャンプーや、まだ残量が多いものを捨ててしまうのはもったいないです!

この記事では、シャンプーなどの液体類の正しい梱包の仕方についてわかりやすく解説します。
捨てずに新居に持っていくのに参考にしてみてくださいね。

引っ越しのときに、まとめて断捨離したい!これはどうやって捨てるの?処分方法に困った時や、ゴミの分別が面倒だけど、こんなものもまとめて処分してしまいたい方は、回収パンダにお任せください!回収パンダでは不用品回収、買取を行っています。

まずはお気軽に無料見積もりを!LINE・メールでお問い合わせください。

回収パンダへのお問い合わせはこちら


引っ越しをするときポンプ式シャンプーやリンスの梱包方法は?


引っ越しをするとき、ポンプ式シャンプーなどの液体の梱包方法困りますよね。

固形石鹸やキャップやふた付きのボトルだったら、しっかりと締めたら漏れる心配はほぼありません。

心配な方はポリ袋に入れてダンボールに入れるのがよいでしょう。

問題は【ポンプ式】の場合です。

ちょっとした衝撃で中身が出てしまうポンプ式でも、きちんと梱包すればこぼれる心配なく持ち運べます。

方法は簡単!
ポンプのヘッド部分を下まで押し込み、右に回して締めるだけです。
こうすることで「購入時の状態に戻す」ことが出来ます!
店頭に並んでいるポンプ式のシャンプーと同じ状態にしてください。


しかし、泡で出てくるタイプのポンプ式などは、上記の押し込み+右回しではロックが掛からない場合があります。

この場合も同じく「購入時の状態に戻す」ようにすればOK!

店頭に並んでいる泡で出てくるポンプ式ボトルは、ポンプの首の部分にプラスチックのストッパーがついていますよね。

購入時に付属しているプラスチックのストッパーを捨てずに持っている人はそれを使いましょう。

でもほとんどの人が捨ててしまっていると思います。

そんな場合は代用品を使いましょう!

具体的には、「厚紙を適当な大きさに切ってホッチキスやテープで止める」です。

簡単にプラスチックのストッパーの代用品になり、ポンンプが下がらなくなるので中身が出てくる心配がありません。

厚紙にはティッシュ箱などが使えます。

シャンプーやリンスなど液体は捨てるのもあり?

シャンプーやリンスなどの液体類は、思い切って捨てるのも一つの方法です。

「引っ越しの荷物をできるだけ少なくしたい」という人や「いま使っているシャンプー類が残り少ないので捨てたい」という人は引っ越しの機会に処分しましょう。

捨てる際、ごく少量の液体のシャンプー類や洗剤はお風呂場や台所の排水口にそのまま流して大丈夫です。
少量であればもともと下水に流すものなので問題ありませんね。

しかし、一度に大量のシャンプー類や洗剤を排水口に流すのはやめましょう!
環境に悪いですし、排水口のつまりの原因になります。

まずはお住まいの自治体のゴミの分別方法を確認してください。

プラスチック容器が「燃えるゴミ」扱いなら中身が入った容器もそのまま可燃ゴミで捨てられます。

プラスチック容器が「燃えないゴミ」や「プラスチックゴミ」で分別されている場合には、中身は可燃ゴミ、容器はプラスチックゴミに分別して捨てましょう。

 

料理に使った油を捨てるのと同様に、ビニール袋に新聞紙や古布を入れ、そこにボトルの中身を出して液体を吸わせるようにします。

注意して欲しいのは、酸性やアルカリ性の液体洗剤を捨てる時です。

ラベルに「混ぜるな危険」と書かれている通り混ぜると有毒物質が発生しますので、捨てる時も混ざらないよう注意してください。
一つの液体は一つの袋に、と別々に分けて処理すると安心ですね。

このような処分方法もありますが、引っ越しの準備はなにかと時間もかかり忙しい!

そんな方にオススメの方法が不用品回収業者を活用する。

回収パンダでは、ゴミの分別は一切不要で、引っ越しのときに不要なものもまとめて処分してくれます。

自治体回収では粗大ごみとして回収してもらえないものや、自宅にある不用品を処分できるので強い味方です。

粗大ごみ・その他の回収品目はこちら

自治体回収では、自治体のルールに従って処分しなければなりませんが、回収パンダではご都合の良い日に、まとめてスッキリ処分できます。

時間と手間をかけたくない方や、不用品が大量にある方はオススメ!

 

引っ越しをするときにポンプ式シャンプー・リンスはダンボールにどういれる?

引っ越しの荷造りでポンプ式シャンプーやリンス、ボディーソープ、漂白剤、トイレ用洗剤などの液体容器を段ボールに入れるとき、万が一こぼれても大丈夫なようにビニール袋に入れてからしっかりと口を閉じましょう。

ポンプ式の容器は上で紹介した方法でロックしてから梱包してください。

酸性やアルカリ性の洗剤は混ざると有毒物質が発生するので、必ず別々のビニール袋に入れるようにしましょう。
入れる段ボールを分けるのが一番安心です。

水まわり品のわかりやすい梱包の仕方を紹介している動画です。
こちらも参考にしてみてください。

まとめ

引っ越しのとき、ポンプ式シャンプーやコンディショナー、洗剤などの液体容器も梱包をしっかりすることで新居に持っていけます。

ポンプ式のボトルは、押し回し+右回しでロック可能。

泡で出てくるハンドソープ類の容器は、ストッパーを首の部分にかますことでロックしましょう。

店頭で購入時に付属しているプラスティックのストッパーがあるひとはそれを使い、ない人は厚紙などで代用できます。

荷物を減らしたい、新居では新しいものを使いたいなどの理由でシャンプー類を捨てたい方は捨て方に注意してください。

プラスティックを可燃ゴミとして出せる自治体なら、中身の入った容器ごとそのまま捨てられます。

プラスティックを分別して捨てる必要があるならまず中身の液体を処分しましょう。

 

その時ごく少量であれば排水口に流して大丈夫ですが、大量を流すと環境に悪いだけでなく排水口が詰まる原因になるのでやめてください。
油を捨てる時と同様に、新聞紙に吸わせればOK。


捨てる時も梱包する時も、酸性とアルカリ性の洗剤は必ず混ざらないよう注意してくださいね!

まとめて処分してしまいたい方は回収パンダにお任せください。

回収パンダでは自治体回収できない不用品や、引っ越しのとき断捨離で大量に処分したいときも、まとめて処分できます。

ゴミの分別も不要で、時間と労力などの手間を省きたい方にはオススメ!

回収パンダの詳しいサービス内容についてはこちら

まずはお気軽にLINE・電話でお問い合わせください。