引っ越し退去掃除必要

引っ越しするときにベランダなど掃除したほうがいい?しなくてもいいのか?

引っ越し当日、住んでいた部屋の掃除をした方がいいのかなと思う方もいるはずです。

掃除するかしないかで、敷金の返金が変わるかもしれないと悩んでいる方もいるでしょう。

引っ越しの際は、掃除をしなくても大丈夫です。

「入居者の過失」がない限り、敷金はしっかりと戻ってきます。

掃除をしなくてもよい理由と「入居者の過失」にはどのようなものがあるか、解説します。

引っ越しで退去するときは掃除しなくてもよい理由

確かに退去する時には掃除機をかけるくらいの簡単な掃除はしてもよいでしょう。

昔は大家さんや不動産会社がマニュアルを作り、敷金をどれだけ差し引くか計算されていました。

マニュアルの基準が管理している人によって違うため、トラブルも多く見られていました。

最近では退去時に掃除よりも、さらに違う所に気をつけた方がよいでしょう。

敷金を払っていた場合、掃除しないと減らされる?

2020年4月より「改正民法」が施行され、賃貸物件に対するルールが明確化されました。

この法律により、「この場合は管理者負担」「この傷は入居者負担」とはっきりと区別ができるようになったのです。

賃貸契約終了後

引用:法務省

つまり「入居者の過失」でない限り、掃除をしなくても敷金は戻ってくるのです。

またあなたがピカピカにみがきあげても、大家さんや不動産会社はクリーニング業者に依頼をします。

そのため掃除は一切不要と言ってもよいでしょう。

「通常損耗・経年変化に当たらない例」を参考に壁拭きや換気を行うように心がけましょう。

「壁に穴をあけてしまった」場合も「入居者の過失」となります。

敷金を払っていない場合、掃除しないとクリーニング代を払わせられる?

お支払い

最近では敷金・礼金0円賃貸物件も多くなってきました。

引っ越しのさいにかかる費用の負担も減るため今では人気物件ですね。

また最近は家具・家電付きの賃貸物件も多いので、そのような物件を探すと引っ越し費用はほとんどかかりません。

しかし退去時には費用を取られる場合があるのです。

入居時の契約書をもう一度見直してください。

契約書には「退去時のクリーニング代は入居者負担となります」というようなことが記載されているはずです。

普通に生活していて「通常損耗・経年変化に当たる例」のみの場合は、一律の金額のクリーニング代が請求されます。

しかしあなたの過失で家具や家電製品を壊してしまった場合は、クリーニング代以外の費用も支払わなければなりません。

敷金、礼金0円物件は簡単に入居できるのが特徴です。しかし管理者によっては多額の支払いを請求するところもあります。

敷金、礼金0円の賃貸物件で一番大切なのは契約書です。

管理会社ですぐに契約しなければならない場合、内容を把握せずに契約してしまうのでしょう。

しかし今は管理会社にも「契約書の説明の義務」があります。

これは大変に時間がかかりますけれども、入居者にとっては契約内容を知るいい機会なのです。

契約前の説明はしっかりと聞いておきましょう。

ベランダも掃除したほうがいい?

ベランダ

退去時にはベランダも引っ越し準備の始まりです。

ベランダはエアコンの室外機がおいてある場所などに大きな汚れが残る場合があります。

隠れた汚れを取り除いておくと印象もよくなるでしょう。

またガーデニングがお好きな方なら、小さなベランダにもお花をいっぱい育てることでしょう。

捨ててしまう植木鉢、新居に持って行く花などを選びながら片付けるのはとても楽しいものとなりますね。

ここで気をつけてほしいのは「土」です。

ガーデニングは当然のことながら「土」を使います。

ベランダをチェックするなら日ごろはあまり気にならない雨どいです。

土がたまり水はけが悪いと感じていた場合は、しっかりと土を取り除きましょう。

賃貸物件にはお隣さんも住んでおられるので、あなたが引っ越したあとに迷惑をかけないようにしてください。

こちらは「入居者の過失」となりますから、しっかりと敷金から差し引かれます。

【結論】引っ越しで退去するときは基本的に掃除しなくてもOKの場合が多い

管理者が再度クリーニング業者にその部屋の掃除を依頼するため、それほど掃除をする必要はありません。

また「改正民法」により、賃貸物件のルールが明確になったので、掃除をしていないから敷金から差し引いておくと言われることもありません。

「通常損耗・経年変化に当たらない例」も、入居時から気にしておくと防げることもあります。

引っ越しで退去する時は掃除よりも、あなたの過失によって傷つけてしまったところを気にした方がよさそうです。(かくさずに、きちんと管理者に説明してください)

新居への引っ越しは希望がいっぱいになると思います。しかし今まで住んでいた部屋にも思い出がたくさんある方も多いでしょう。

「お世話になりました」という気持ちを込めて、掃除機をかけるくらいのことはやってもいいのではないでしょうか?

それが今までお世話になった部屋への最後の恩返しだと思います。