引っ越しで大きい冷蔵庫を処分方法

引っ越しで大きい冷蔵庫を処分方法!他の大きい不用品もまとめて処分しよう!

あなたは引っ越しをするとき、いらなくなったものをどうしていますか?

「知り合いに譲る」

「中古品などを回収している業者に頼んで買い取ってもらう」

など、さまざまな方法があると思います。またとくに大きな家電、たとえば冷蔵庫は大きく、一人で処分するにはちょっと大変ですよね。

そんなとき役立つのが不用品回収業者の回収パンダです。

回収パンダでは、冷蔵庫の処分だけではなく引っ越しのときに大量に出る不用品もまとめて回収ができます。

お電話1本で最短即日回収が可能!まずはお気軽に無料見積もりから、LINE・メールでお問い合わせください。

冷蔵庫処分、不用品回収に困ったら回収パンダへ

冷蔵庫は大きいものなので処分費用も気になりますよね。

この記事では、そんなあなたに大きな冷蔵庫を処分する方法についてお教えします!

この記事を読むと、処分の時に困らなくなりますよ!

冷蔵庫処分費用の相場は?

リサイクルの料金は各メーカーごとで料金が異なります。

冷蔵庫の処分には一体どれぐらいの費用がかかるのでしょうか?冷蔵庫の処分には決められた処分の仕方があります。

冷蔵庫は「特定家庭用機器」として指定されている家電です。

家電リサイクル法(特定家庭用機器再商品化法)に基づいた処分が必要になります!家電リサイクル法とは冷蔵庫、洗濯機、テレビ、エアコンなど家庭にある家電製品から資源の有効活用するために制立された法律です。

これらの廃棄する家電から、有用な材料をリサイクルするのです。

「冷蔵庫」はリサイクルの対象機器となります。

【支払う費用=収集、運搬料金+リサイクル料金】

引用:RKC 一般財団法人家電製品協会

※収集と運搬料金については小売業者によって異なります。

【リサイクル料金の例】

冷蔵庫は170L以下3,672円、171L以上4,644円〜目安費用です。

平成29年4月1日現在の価格です。

大手家電量販店の3店のリサイクル料金を調べました。

・大手家電量販店A

引き取る冷蔵庫が170L以下

リサイクル料金約3,700円〜5,600円+収集運搬料1,650円=5,350円〜7,250円(税込)

※上記リサイクル料金はメーカで異なります。

リサイクルに出す冷蔵庫の商品のメーカー名をご確認ください。

引き取る冷蔵庫が171L以上

リサイクル料金約4,700円〜6,100円+収集運搬料1,650円=約6,350円〜7,750円(税込)

・大手家電量販店B

冷蔵庫 170L以下

リサイクル料金約3,700円〜5,600円+収集運搬料1,650円=約5,350円〜7,250円(税込)

冷蔵庫 171L以上

リサイクル料金約4,700円〜6,100円+収集運搬料1,650円=6,350円〜7,750円(税込)

・大手家電量販店C

冷蔵庫 170L以下

リサイクル料金約3,700円+収集運搬料金550円=約4,250円(税込)

冷蔵庫 171L以上

リサイクル料金約4,700円+収集運搬料金550円=約5,250円(税込)

※回収製品のメーカーによって標準料金が異なります。

 

引っ越しで冷蔵庫を処分する方法6選

引越し冷蔵庫処分

不用品回収業者に依頼する

⇒冷蔵庫の処分方法はこちら

 「冷蔵庫、洗濯機など大きい家電を処分したいけれど、家電の処分費用は気になるし、処分するだけではなくてせっかく購入したものなのだからお金にしたい」「売れたお金を新しく購入する家電の購入費用の足しにしたい」

このように考えているそこのあなた!不用品回収業者の回収パンダにお任せください。

回収パンダでは、不用品回収だけではなく遺品整理をはじめ買取も行っています。

処分すればお金はかかりますが、買取してもらえたら節約にもつながり嬉しいですよね。

回収パンダでは洗濯機、冷蔵庫処分をはじめ、さまざまな家電も回収、買取を行っています。

回収パンダの冷蔵庫、その他の回収品目はこちら

一方「無許可」で処分を行う業者がいるので要注意です!無許可の業者に依頼してしまうと処分された冷蔵庫はどのようになってしまうのでしょうか? 不法投棄や不適切な管理、不適正な処理によって火災などが起こった事例も報告されています。

また依頼したときは無料だったのに、あとから高額請求をされた….などのトラブルもあるのです。

廃棄物の収集や処分にはお住まいの自治体の「一般廃棄物処理業」や委託をしている許可が必要となります。

冷蔵庫を処分するときは、信頼できる回収業者に依頼しましょう。

引っ越し業者に処分してもらう

「冷蔵庫を廃棄したいけど、忙しくてお店に持っていけない」

「車がなく、近くに出張買取をしてくれるお店がない」

このような悩みを抱えているそこのあなたには、引っ越し業者に処分してもらうのがオススメです。

沢山ある引っ越し業者の中には、引っ越しをするときにそのついでに不用品を処分してくれる場合があります。

ただ業者によっては、不用品の処分に「オプション」という形で冷蔵庫廃棄費用を追加料金として、設定している業者も中にはあります。

契約内容やオプションが「※」に記入されている場合もあり、よく契約内容を確認してみてくださいね。

引っ越し準備はなにかと大変!即日処分を希望されるときは回収パンダにお任せください。

お電話1本で、自宅まで不用品回収に伺います。冷蔵庫処分をはじめ、そのほかの大量の不用品もまとめてスッキリ片付けられるので

便利です。

フリマアプリやネットオークションで売る

「せっかくスマホを持っているし、スマホを利用して不用品を処分したい」

「業者を呼ぶのも煩わしいから、カンタンに不用品を売りたい」

と考えているあなたはフリマアプリやネットオークションで売るのが良いでしょう。

あなたはフリマアプリといえば何を思い出すでしょうか。

「メルカリ」「BUYMA」などがあるでしょう。

ネットオークションには「ヤフオク(ヤフーオークション)」「楽天オークション」などがありますね。

出品方法はスマートフォンで写真を撮ってアップするだけのサイトが多いため、わざわざ自分でお店に持っていく必要もありません。比較的最近のサービスであることもあり、若い世代を中心として強い人気があります。

メリットとしては、リサイクルショップでは手数料がとられますが、フリマアプリやネットオークションでは売りたい冷蔵庫の価格設定を自分で決めることができるので、リサイクルショップよりも高く売れる可能性があります。

デメリットは個人間でのやりとりになるので場合によっては、購入後に壊れた…などのトラブルになる可能性もあります。

冷蔵庫は大きな家電になるので、送料の負担は売り手側、買い手側どうするのか?などトラブル防止のために事前に必要な事項は確認しておきましょう。

また手軽に出品はできても、冷蔵庫の状態によっては売れる保証はありません!売るまでに時間がかかるケースもあります。

売るためのコツとしては冷蔵庫の出品をする時期を見極めて、冷蔵庫の相場価格を知っておくことや、冷蔵庫の状態を詳細に記載しておくことをオススメします。

キズや凹みがあるときもしっかり記載しておくことが大切です。

ジモティなど利用してゆずる

人と人をつなげるサービスとして「ジモティー」というものがあります。

「地元の掲示板、ジモティー」というコマーシャルで有名なこのサービス。

求人からモノの譲り合いまで、沢山のカテゴリーを取り扱っています。

商品の価格は自分で好きなように決定することができ、比較的自由な感覚で使うことができますよ。

写真を掲載することで、商品のビジュアルを確認出来たり、商品のコンディションを譲り受けたいユーザーが確認することができますよ。

粗大ごみとして出すには注意がいる?

以上に挙げた方法のいずれかで解決できない場合は、粗大ごみとして回収に出しましょう。

でも、大きな家電製品などはいつものように出す燃えるゴミや燃えないゴミとは違い、自分たちの好きなように出せるわけではありません。

これらの家電が自治体が指定するゴミ袋に入らない場合、燃えないゴミとしてですことはできません。

「粗大ごみ」として出す必要があります。粗大ごみとしてごみを出すには、専用のシールを有料で購入し、そのシールをごみとして出す家電などに貼り付けてください。

家電リサイクル法の法律があるため、自治体は粗大ゴミとして冷蔵庫の回収は行っていません!冷蔵庫は「家電リサイクル法対象の家電」であるため、リサイクル法に基づいた処分が必要です。

国が指定している「指定引取場所」で冷蔵庫の処分を行うようにしてください。

自治体に冷蔵を処分したいことを問い合わせると、東京23区の「家電リサイクルの受付センター」に問い合わせをするように案内されます。

お電話での申し込みやインターネットでも24時間受付しています。

処分したい冷蔵庫のメーカー名と内容積が必要なので、事前に調べておきましょう。

冷蔵庫の処分料金は、家電リサイクル料金+収集運搬料金を合計した金額です。

冷蔵庫1台あたり6,700円〜9,700円がおおよその金額です。

ただしメーカーと冷蔵庫のサイズにより料金は異なります。

この料金の中には取り外したり、運び出す作業は含まれていないのでご注意ください。冷蔵庫を取り外したり、移動が必要なときは業者に依頼をしてください。

処分方法については3つ紹介されています。

1、新しく冷蔵庫を購入する場合や過去に購入した販売店がわかるときは販売店に直接、冷蔵庫の引き取りを依頼しましょう。

2、直接冷蔵庫の引取場所に持って行く!この場合は家電リサイクル料金のみで処分ができます。

ご自身で持っていくのでもちろん収集運搬料金は不要です。

冷蔵庫は大きな家電製品になるので、作業をお手伝い頂ける方のも検討できる方法でしょう。

3、家電リサイクルセンターに申し込む

そして自治体ごとに指定する方法で出す必要があるのです。

ごみの出し方は自治体によって異なりますので、詳しいことは自治体に問い合わせてみることをオススメします。

知り合いやSNSを使って、あげたり売ったりする

SNSであげる

洗濯機を捨てるといくらかかるため、アプリやオークションを利用する以外にも、ものを処分する方法は沢山あります。

たとえば、何か欲しいものがないか友人に聞いてみるのも良いでしょう。

引っ越しを控えていて、新しい電化製品を必要としている人がいるかもしれませんよね。

そのような人にとっては、新しく電化製品を買う必要がなくなるので、ありがたく思われるでしょう。

また今はSNSの時代。ツイッターなどで「欲しい人は連絡してください!」とツイートすれば、フォロワーさんの中で手を挙げてくれる人がいるかもしれませんよ。

引っ越しの時に他に処分するものがあったらそれも一緒に処分してもらう

引っ越しをするとき、今まで使っていたものの中で処分するものが必ずと言ってよいほど出てきます。

そのときに思い切っていらないものを処分するのも一手です。

とくに冷蔵庫は大きな家電なので、引っ越しの荷物として持っていくのも一苦労。

そんなときに役立つのが、不用品回収業者に回収パンダです。

洗濯機、テレビ、冷蔵庫処分、大型家電をはじめ自宅にある不用品もまとめてスッキリ片付けられます。

まずはお気軽に回収パンダにお問い合わせください。

できるだけ引っ越し当日に持っていくものを減らし、身軽な状態で引っ越ししてしまいたいですよね。

お願いする引っ越し業者によっては不用品を一緒に処分してくれる業者もあるので、引っ越し業者に確認してみることをオススメしますよ。

引っ越しの時、冷蔵庫を処分する方法まとめ

引越しのとき、冷蔵庫を処分する方法として大きく下記の6つがあることを紹介してきました。

  • 不用品回収業者に依頼
  • 引越し業者に処分してもらう
  • フリマアプリなどで売る
  • ジモティーを使う
  • 粗大ゴミとして捨てる
  • 知り合いにあげる

時間をかけないでお金を使って処分するなら回収パンダにお任せください!お電話1本、最短即日回収が可能です。

お見積りは無料です!おひとりだと大変な配置換えもお気軽にご相談ください。

冷蔵庫の家電回収は、冷蔵庫(165L以上)4,500円〜、冷蔵庫(300L以上)6,000円〜で回収しています。

見積もりが決まったあとも安心の低価格で、追加料金が一切ないのでご安心してください。

時間をかけても費用を抑えたいなら、売ったり、知り合いにあげるのがよいでしょう。

あなたにあった身軽にお引越しの日を迎えましょう!