賃貸マンション・アパートで更新やゴミ捨てな

賃貸マンション・アパートで更新やゴミ捨てなど引っ越しが間に合わない場合の対処法は?

引っ越しが決まると、さまざまな手続きが必要になります。

賃貸の解約手続きだけではなく、電気、ガス、水道、住民票の変更手続きについての記載があると、インターネットの回線、学校の入学式などの行事ごとに間に合わないなど、賃貸を解約するとき、注意するポイントがたくさんあります。

賃貸マンションやアパートで更新の前に引っ越しをしたいけど、間に合わない!そんなとき更新料は支払わなければいけないのか?ゴミだしはどのようにしたらよいのか?そんなときに役立つ対処法をご紹介します。

賃貸マンション・アパートで更新まで引っ越しが間に合わない場合、数日でも更新料払わないとだめ?

だめ

家賃1〜2ヶ月分の更新料が相場です。

引っ越しを検討している方は、更新料のかかる前に引っ越しをしてしまいたいと思われる方は多いでしょう。

引っ越しが間に合わず、数日で退去する場合でも更新料は支払わなければいけないのでしょうか?

原則的には、解約した日が更新日を1日でもすぎるようなことがあれば、更新料は支払わなければなりません。

契約書を確認すると、更新料支払の件についての記載があるはずです。

ただし例外で間に合わないなどの理由で更新月からすぐに引っ越し予定の方は、大家さんと管理会社を通じて交渉した場合、更新料は免除いただけるケースや、月割りなどに更新料をしていただける場合もあります。

大家さんとの交渉次第なので、一度相談してみてもよいでしょう。

大切なポイントは解約をするときにトラブルがないように、管理会社とこまめな連絡をしておくことが重要です。

ここからは、解約をするときの手続きをご紹介します。

スムーズに解約をするためにもご参考にしてください。

 

引っ越しが決まったら、「契約書」を確認してください。

部屋を借りるときに「賃貸借契約書」を交わします。

 

紛失してしまった方は、管理会社に連絡をして、書類をとりよせましょう。

ここでの注意点は、部屋を探すときに依頼した「不動産会社」と契約、解約手続きをする「管理会社」は別の会社であるケースがあるため、事前に確認しておきましょう。

よくあるマンションによくある掲示板などに書かれているのが「管理会社」であることが多いです。

・解約の内容をチェックする、チェックポイントは解約を「いつまでに?」「どのようにして?」通知するかがポイントです。

「いつまでに」は30日前までに、1ヶ月前までに、60日前までになど、期日はそれぞれ異なりますので契約書で確認が必要です。

「どのようにして」は「書面をもって」などの文書が契約書に記載されている場合は(書面=解約通知書のことをさします。)書面を不動産会社に提出する必要があります。

書面をもってと書かれていないケースでは、管理会社にどのように解約を通知すればよいのか問い合わせをしましょう。

・解約するときに必要な家賃についてチェックする

契約を終了する月の家賃が「日割り」「月割り」「半月割り」なのかをチェックします。

・「短期解約違約金」が発生しないかチェックする

これは物件により異なります。

敷金ゼロ物件などで、短期で解約したときに発生する違約金があるケースがあるので、チェックしておきましょう。

・敷金に関わる清算をチェックする

契約のときに、敷金は「借主が負担するもの」「賃主が負担するもの」など説明がありますが、敷金は解約するときにトラブルになることがあるので、しっかり確認しておきましょう。

このように解約の手続きをスムーズにするためにも、事前の確認が重要です。解約通知を提出したら、届いたかを確認して、引き渡しとなります。

【その他】賃貸マンション・アパートから引っ越し日までに●●が間に合わない場合の対処法!

引っ越しが決まると、さまざまな手続きが必要になるため、余裕をもった引っ越し計画を立てることが必要です。

この章では、急な引っ越しなどで、引っ越しまでに各種手続きが間に合わない場合の対処法についてご紹介します。

ゴミ出しが間に合わない場合【元々の家】

「引っ越しが決まり、あっという間に引っ越し当日をむかえてしまったが、元の家のゴミ出しが間に合わない!」

自治体のゴミの回収日は決まっているため、ご自身のタイミングで処分することはできません。

そんなときの強い味方が「不用品回収業者」です。

電話1本で、迅速に即日対応をして処分してくれます。

条件が合えば引っ越しと同じ日の回収が可能となります。

メリットは自治体では回収できないゴミも引き取りをしてくれるため、リサイクル対象の家電や家具など処分に手間のかかる不用品も処分できて便利です。

ご自身のタイミングで指定した日にちに回収してくれるので、一度で処分することができます。

その他、リサイクルショップに買い取りをしてもらう方法もありますが、引っ越し準備で忙しいなか、処分するモノの仕分けをしたり搬出や運搬をするのに時間が必要なので、計画的に行わなければなりません。

新居にもっていくのも選択肢のひとつではあります。

不用品であっても荷物として扱われるため、引っ越しをするときの料金が加算されることがあります。

ご自身にとって最適な方法を選ばれることをオススメします。

引越し先の水道の利用が間に合わない場合の対処法【引越し先】

引っ越しをしてすぐ必要になる水道、使用できないと困りますよね。

ライフラインの申し込みは引っ越しをする約1ヶ月前から申し込みが可能なので、計画的に手続きをしましょう。

手続きを忘れて引っ越しをしてしまった場合は、使用開始の手続きが必要なので、引っ越し先の管轄する水道局に速やかに連絡しましょう。

住民票の変更が間に合わない場合【引越し先】

「住民票」の変更は法律で定められた義務です。

引っ越し後、14日以内に届け出をしなければなりません。

変更をしなければ、最大5万円の過料が科せられることもあります。

ただし、生活拠点が移動しないときや、新居に住むのが1年未満のときは異動する必要はありません。

例外は除き、基本的には住民票は変更しなければならないので早めの手続きが必要となります。

平日に時間が確保できない方は、休日窓口や郵送での手続きもできるので活用しましょう。

小学校など入学式に、間に合わない場合【引越し先】

引っ越しがお子様の入学時期に間に合わない場合はどうしたらいいのでしょうか?

まずは引っ越し先の市町村区の役所で確認します。

過去あった事例では、役所に確認したところ、小学校就学に関する窓口へ問い合わせをするように言われるので、引っ越し先の就学担当間窓口に相談するとよいでしょう。

ネットの回線工事が間に合わない場合【引越し先】

引っ越しをしてネットの工事が間に合わない場合の対処法のひとつは、ポケットWi-Fiを代用します。持ち運びも便利で外出時にも利用でき便利です。

応急措置としては、スマートフォンのテザリング機能を利用してインターネット環境を作ることもできます。

テザリングは、スマートフォンの端末を利用し、パソコン・タブプレットなどでインターネットが使用できるようにする機能です。

回線工事ができるまでは、代用できる方法でインターネット環境を作って対処しましょう。

まとめ

賃貸の更新で引っ越しが間に合わないとき、原則的には更新料は支払わなければなりません。

更新料に関わる事柄が賃貸契約書に記載されているので、賃貸契約を結んだかぎり支払う義務はあります。

相場は家賃の1〜2ヶ月分とされています。

ただし管理会社を通じて大家さんに交渉してみると、短期間の超過であれば更新料を免除してもらえるケースや、月割りにしてもらえるときもあります。

引っ越しをするタイミングや居住していた期間も影響してくる可能性もあるので、一度相談してみるとよいでしょう。

引っ越しでゴミ出しが間に合わない場合は、一度で処分できる「不用品回収業者」をオススメします。

その他引っ越しにともなう手続きはたくさんあるので、引っ越しが決まればできるかぎり各種手続きは早めにとりかかるように準備しましょう。