引っ越しをした後にバルサンをしないのはNG?リスクも交えて紹介

引っ越しをして心機一転!!と思っていたのに、「あれ?あの黒い物体は!!」と引っ越しそうそう会いたくもない害虫が。

害虫なんていたら、すぐに引っ越したくなると思われる方もいるでしょう。

バルサンは引っ越しをする際は可能であれば、どんな状況でもしたほうがよいです。

引っ越しする時にどのタイミングでバルサンをしたらよいのか、小さなお子さんがいる家庭は「身体に影響がないのか?」と不安と心配でいっぱいになりますよね。

今回はバルサンのタイミングやリスクも紹介して、正しいバルサンの使い方を紹介していきます。

引っ越ししてバルサンは新築ではしなくてもよい?

新築

新築には害虫はいないはずと思っていたのに、翌日ひょっこり顔を出す害虫。

結論からいうと新築でもバルサンは使ったほうがよいです。

理由としては引っ越し前に持ってきた家具が大きな問題となります。じゅうたんやベッドなども前の家から持ってきたのではないでしょうか?

以前にお住いの家でゴキブリをよく見たと思い当たる方は、家具を運び出す前に一度バルサンを使用するといいと思います。

ゴキブリだけでなく、ダニなど目に見えない害虫もじゅうたんやベッドや布団にひそんでいるのです。

害虫は新築に持ち込みたくないですよね。できるだけ以前の家のものは不用品として処分してしまうのが一番です。

毛布や布団などは洗ってから新居へ運びましょう。(弊社では不用品回収をおこなっています⇒回収パンダ

害虫は暖かいところを好むことが多いです。段ボールや毛布などは害虫のすみかになるので、できるだけ荷物を片付けてサッサと処分してしまいましょう。

とくに押し入れに入れっぱなしの布団類は気をつけてください。

引っ越し後バルサンをするべきタイミングは?

新築の家に引っ越すのでなければ、バルサンは必須です。

前に住まれていた方がどのような方かわかりません。入居前にはかならずバルサンをたいておきましょう。

引越し後の新居でバルサンを焚くのであれば、荷物を搬入する前が理想である。家の中に何もない状態であれば、家具の裏や戸棚の中など、害虫が隠れられる場所が少ない。また、精密機器や食品、観葉植物など、バルサンの煙にさらすと故障や傷みの原因になるものがないので、カバーをかけたりどけたりといった手間も省ける。新居の鍵の引渡し日から荷物の搬入日までに時間の余裕がある場合は、バルサンは搬入前のタイミングに使用しよう。

しかし、引っ越し先がよほど近所でない限り、新居へそう簡単に行くことはできない場合もある。荷物運び入れる前にバルサンを焚くのが難しいこともあるだろう。その場合はせめて荷解きをする前にバルサンを焚くことをおすすめする。

ゴキブリを効率よく撃退したいのであれば、ゴキブリの習性を知ることだ。ゴキブリは夜行性なので、暗くなってくると活動が活発になる。この習性をうまく活用し、暗くなった後にバルサンを使用すると効果が高くなる。もし可能であれば、引越しの荷物を搬入する前夜にバルサンを焚くのがおすすめだ。

(引用:CHINTAI情報局

このように、バルサンをたくタイミングもあるようです。バルサンがより効果的になる方法で使用しましょう。

また、新築であってもどんどんと家は古くなってきますね。気温が20度を超えたらバルサンを使用してください。

バルサンを使って火災報知器は反応しちゃう?

アース製薬では、下記のように注意がなされています。

説明書に書いてありますが、カバーは必要ですか?布団、寝具類、衣類にはカバーが必要ですか?

新聞紙などでもよいので煙がかからないようにカバーをしてください。直接肌に触れる可能性が高いものは、カバーをかけてください。医薬品ですが、薬剤も化学物質ですので直接皮膚に付かないようにしましょう。
銅、真鍮や亜鉛メッキ、銀メッキなど、変色しやすいものはカバーをかけてください。
食器棚や冷蔵庫などの外に出している食品、食器などはカバーをかけてください。口の中に薬剤が入らないためです。
パソコンやテレビ以外の読み取り機能のある光学機器にもカバーをかけてください。稀に読み取れなくなる可能性があります。
火災報知器もカバーしてください。煙により誤動作します。

アース製薬公式サイト

(引用:アース製薬

実際に「バルサンで火災報知器が鳴るのか」という実験をした動画もありました。

こちらは危険ですので、真似はしないでください。

また火災報知器によっては、煙を感知することもあります。

バルサンはゴキブリやダニに効果あり?

今ではさまざまな種類のバルサンがあるようです。

  • ゴキブリ・ダニ・ノミなどの害虫
  • ムカデ・ゲジゲジ・アリ・カメムシ
  • ネズミ

撃退したいものによっていろいろな種類があるので、間違えずに使用するとよいでしょう。

また殺傷能力のあるものや、家から追い出すタイプがあります。

ちなみにネズミは家から追い出すタイプです。

アース製薬さんのHPを参考にしてください⇒アース製薬HP

バルサンはこどもや赤ちゃんに害になるのか?

赤ちゃん害

昔はバルサンを使用するのも一苦労だった時期があります。

外出時間は2時間以上、食品棚はバルサンの煙が入らないようにしっかりとガムテープでめばりをしていたんです。

それが今では短時間で簡単に使用できるようになりました。

しかしまだ小さなお子さんがいるご家庭では「子どもへの害はないのか?」と言うことが一番心配なところでしょう。

こちらもアース製薬さんが回答してくれています。

小さなお子さんや赤ちゃんがいるご家庭

外出が可能な月齢に達していて(一般的には1ヶ月検診後)バルサンを使用してお部屋を密閉している間、外出できるのであれば使用頂けますが、まだお体も小さくてお肌もデリケートな時期ですので直接、お肌に触れる物(寝具、肌着など)やおもちゃ類(口に入れてしまう可能性がある物)などは、煙がかからないようにカバーをかけて下さい。もしくはバルサンを使用しない部屋へ移動するか外へ出して下さい。使用後は換気を十分にし(30分位)、掃除機をかけ、お子様が直接触りそうな場所や煙がかかってしまったおもちゃなどは、乾拭きをして下さい。

妊婦さんのいるご家庭

バルサンは哺乳類に対して安全性が高く、直接、お腹の赤ちゃんへ影響が及ぶような事はございませんので、ご安心下さい。但し、妊娠しているときは、通常時と体質が変わったり、臭いに敏感になっていたりしますので、お使いになる場合は煙に触れないように、バルサンの始動時と使用後に換気をされる際は、他の人にお願いして頂くようにご案内しております。十分な換気後(30分位) 、お部屋に入られる分には支障はございません。

出産されて入院している時がバルサンを使用するいい時期かもしれませんね。

赤ちゃんを連れて帰ってきた時にはダニの心配もせずにすみそうです。

アトピーのお子さんがいるご家庭

何か殺虫剤を使用した際に副作用を起こした事がある場合はご使用をお控えください。
お子様のアトピーの重度やアレルギー反応を示す物が何かによっても異なりますので一概には言えませんが、 哺乳動物に対しての安全性は高いというデータはございます。お母様のご判断もしくは、掛かりつけの医師にご相談されてからご使用されることをお勧めします。ご使用される場合は換気を十分にし、ダニの死骸が残りますので十分に掃除機をかけてください。気になる場所や普段お子様が触られる場所などは乾拭きをしてください。微量に残った成分も光で分解されますのでご安心ください。

(引用:アース製薬 よくある質問

今では人体にできるだけ影響が出ないように作られているようです。

しかし小さなお子さんはどんなものを口に入れるかわからないので、バルサンを使用する時は子供用品に煙がかからない工夫をかならず行いましょう。

また「アトピー」や「アレルギー」をお持ちの方はかならず医師に相談してから、使用してください。

バルサン以外の害虫対策

コインランドリー

バルサン以外の害虫対策として下記のものがあげられます。

  • 洗濯して乾かす
  • コインランドリーを使う(乾燥機も効果あり)
  • ダニ乾燥機を使う
  • 害虫の苦手なミント類の香りのあるものを網戸に吹きかける
  • バルサン以外のダニスプレーなどを利用する

カーペットや布団にひそんでいるダニは洗濯して太陽の下で乾かすのが一番です。

最近ではコインランドリーが多く、どこでも布団やカーペットなどの大物を洗うのにも便利になりました。

またコインランドリーには乾燥機もありますので、こちらも利用しましょう。

ダニは乾燥機の温度で死滅していまいます。ただし、お金をけちって中途半端に乾燥機にかけると中まで乾かず、ダニが繁殖してしまう原因になりますので気をつけてください。

コインランドリーに持って行くのは晴れた日がベストです。できるだけ早めに持って行き、乾燥まで終えてください。その後、太陽の下でしっかりと乾かしましょう。

取り入れる時は、強くなでるようにしてダニの死骸を払い落とすといいですよ。

ゴキブリには「ミント類」が効果があるともいわれています。

ミントが手に入らなくても、ドラッグストアでハッカ油が売られています。それを水で薄めて床拭きを行うのもよいでしょう。

ただし、ゴキブリは非常に頭がよく、ミントに慣れてしまう可能性があるようです。

その他の害虫は意外と「ミント類」が苦手なので、夏場は網戸などに吹きかけておくと、蚊や虫が寄ってきづらいです。

網戸にミント水を吹きかけてもあまり長持ちしませんので、こまめに吹きかけましょう。

柑橘類の「リモネン」にも弱いそうなので、ミカンを食べた後の皮でミカン湯を作って掃除に使うのもよいかもしれません。

ミカン湯は沸騰したお湯の中にミカンの皮を入れるだけで、簡単に作れます。(薄いオレンジ色になったら皮を取り出してください)

冷えたらスプレーボトルに入れて、拭き掃除に使えますよ。

現在ではオレンジを使った掃除用洗剤なども売られていますね。

柑橘類には害虫の苦手なリモネンの他にワックス作用があります。これならハイハイする赤ちゃんがいても安心して使えますね。

バルサンも使い、普段の掃除には手作りのミントやミカンの皮を使ったもので水拭きすると、害虫駆除対策がしっかりとできそうです。

まとめ

引っ越しをする際にバルサンを必ずする必要はありません。

虫が嫌いだったり普段からバルサンを使用して、ストレスなく引っ越しが可能です。

小さい赤ちゃんがいる場合は1か月検診後がよいとされています。

詳しくはこちらで紹介しています。

バルサンは使用上の注意をよく読めば害になることはありません。

衛生面を考えているならバルサンを使用して安心して引っ越しをしましょう!