【飯能市】不用品の買取・回収処分・遺品整理は即日対応可能の回収パンダ!

飯能市の不用品回収・買取、遺品整理のことなら回収パンダにお気軽にお問い合わせください。

お見積りは無料です

回収パンダのお問い合わせはこちら

回収パンダの遺品整理は遺品整理士の資格を持ったものが担当します。

即日対応も可能です。

不用品回収・買取の他にも、必要な書類の見つけ出しや形見として残しておくものなどの仕分けも行います。

遺品整理についてわからないことなどもお気軽にお問い合わせください。

最近では粗大ごみや資源ごみ・可燃ごみ・不燃ごみとゴミの種類もさまざまです。

「これはどの種類のごみだろう」と悩むものも多いでしょう。

今回は飯能市の粗大ごみ情報や処分方法を紹介します。

埼玉県飯能市で捨てられる粗大ゴミは?

飯能市で捨てられる粗大ゴミ

飯能市では「最大辺の長さが50cm以上あるもの」「電化製品など処理に手間がかかるもの」が粗大ごみとなります。

収集は2通りあります。

  • クリーンセンターへ持ち込む
  • 戸別収集

クリーンセンターへ持ち込みは予約はいりませんが、戸別収集の場合は1週間前までに予約が必要です。

飯能市の戸別収集は他の自治体と比べると、大変だと思います。

住人による玄関先までの運び出しは他の自治体と同じです。

飯能市では収集日当日は必ず在宅していなければなりません。

在宅の理由は飯能市では粗大ゴミ処理券が発行されていないのため、収集後に手数料を支払わなければなりません。

一人暮らしや仕事をしている人には、自治体による粗大ごみの収集は大変ではないでしょうか。

飯能市では「粗大ごみ」の日が決まっており、その日数は月に2回です。

粗大ごみの収集日によって自分のスケジュールを調整しなければなりません。

またクリーンセンターへの持ち込みもAM8:30~11:30、PM1:00~4:00と決まっています。

戸別収集でもクリーンセンターへの持ち込みでも、あなた自身の時間がとられてしまうのです。

クリーンセンターへ持ち込む場合の処理手数料は、戸別収集の半額となるのはメリットです。

しかし、これだけを見るとデメリットの方が多いかもしれません。

埼玉県飯能市の自治体で捨てられない粗大ゴミ・不用品処分方法3選

家電リサイクル法によって自治体では処分できない洗濯機や冷蔵庫などの4品目以外にも、飯能市では適正処理困難物と呼ばれるものは処理ができません。

オートバイ・廃油(廃油処理箱も含む)農薬・タイヤの他にもさまざまな適正処理困難物とされている品目があります。

家庭用パソコンや電話機、電卓、リモコンやACアダプターといった付属品の収集日はなく、小型家電回収ボックスによる回収となっています⇒飯能市のごみ分別辞典

このように市が収集しないものはどのように処分すればいいのでしょうか。

不用品回収業者に依頼

一番のオススメは不用品回収業者に依頼することです。

最近では回収の他にも買取も行っている業者も多いので、オトクに処分できるかもしれません。

遺品整理ではかなり古いものもあり、市では収集してもらえないものでも不用品回収業者では回収してもらえます。

仕事が忙しくて、不用品が重くてと悩むこともありません。

不用品回収業者はお客様の都合のいい日時に回収、不用品を家の中から運び出してくれるので何もしなくていいのです。

即日対応も可能な不用品回収業者もありますから、少量の不用品であればその日に片付けられます。

自治体では、さまざまなごみの日がありますが、不用品回収業者に依頼すれば一日で家の中をさっぱりさせることができます。

リサイクルショップに依頼(回収パンダでも出張買取を行っております)

リサイクルショップ

思い不用品をリサイクルショップに持ち込むのは困難です。

最近では出張買取をおこなってくれるリサイクルショップもあるので、依頼するのもいいでしょう。

有名メーカーのカメラや時計などは、動かなくても欲しいというコレクターもいるので、高値で買い取ってくれるかもしれません。

出張買取を行ってくれるリサイクルショップへは「万が一、買い取れない場合は不用品はどうなるのか?」と確認してください。

リサイクルショップは店で売れるものを買い取ってくれるので、不用品とみなされたものは自宅に残していく可能性もあります。

ゴルフセットやギターや電子ピアノは買い取ってくれる確率が高いです。

また電化製品は5年以内のものは、安くても買い取ってもらえるでしょう。

リサイクルショップの出張買取の前に動作確認行ったり、不用品を拭くなどをすると更に高額な価格がつくことも。

リサイクルショップは「人気のあるメーカー」や「美品である」とこが基準となります。

時計やカメラといった今では製造中止となったものなどはガラクタではないかもしれません。

フリマアプリなどで売る

どこにいても出品できるのがフリマアプリのメリットです。

また日本各地に出品できるので、買い取り手がつく可能性も高いでしょう。

しかし、フリマアプリはあまり高値だと売れないことがあります。

例えば有名メーカーでないギターを10万円で買い、5年使用した後に出品する場合、7~8万円では売れることはないです。

では、5万円ではどうでしょうか?

これも売れる確率は低いと思います。

このように価格をつけるのはとても難しいのです。

「これで儲けてやろう」という気持ちよりも「これくらいで売れたらいい」「どれくらいの価格なら自分は買うだろうか?」などを考えて、価格をつけてください。

遺品整理で不用品回収業者を頼む場合の注意ポイント

遺品整理はトラブルが多いとも言われています。事例を3つほど紹介しましょう。

  • 見積理よりも高額な請求金額がきた
  • 思っていた作業と違う
  • 残しておきたかったものを処分された

このようなトラブルが多いようです。しかしトラブルは回避できるのです。

最近では「立ち合い不要」といった業者もありますが、かならず立ち合ってください。

これだけで作業内容や形見を残すことができるのです。

見積もりよりも請求金額が多かったという場合は、遺族側にも責任があるかもしれません。

例えば

  • 遺品整理の途中で有料オプションを依頼してしまった
  • 見積もりの作業内容を確認せずに契約を結んでしまった

ということもあるのです。

悪徳業者は「それは有料となります」といった声はかけません。

「お客様がしてほしいと言ったので、やりました」と言われるでしょう。

契約書を交わす際は、その内容の説明が義務付けられています。

しかし、「説明をした」「してもらってない」の水掛け論のトラブルになるだけです。

このようなトラブルに巻き込まれないためにも、下記のことを確認してください。

  • 見積もりの料金と作業内容を見る
  • 他の作業も依頼したい場合は有料となるのか
  • 古物商許可や遺品整理士の資格を持っているのか

不用品回収業者は管轄の警察署に必ず古物商許可を申請しなければなりません。

遺品整理士の資格は国家資格ではありませんが、3人に1人は不合格となると言われるほど厳しい審査があります。

悪徳業者から身を守るのは遺族自身です。

【まとめ】回収パンダは不用品回収・買取・遺品整理までお任せください

回収パンダでは不用品の回収・買取、遺品整理士による遺品整理を行っています。

自治体では収集してくれない洗濯機や冷蔵庫、適正処理困難物なども回収しています。

大きくて持てない不用品もスタッフ一同で行います。

即日対応可能、処分に困る不用品などのお悩みは回収パンダにお任せください。

お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせは電話だけでなくLINEやメールでも可能です。

回収パンダのサービスの詳細