業務用冷蔵庫処分

業務用冷蔵庫の処分方法と費用!カンタンに処分する方法

飲食店やスーパーで使われている業務用冷蔵庫。壊れたり古くなった業務用冷蔵庫を「処分したい」「新しく買い替えたい」とお考えの方はいらっしゃいませんか?

業務用冷蔵庫は回収業者に引き取りを依頼するのがオススメ。しかし不用品回収業者によっては、業務用冷蔵庫の回収おこなっていない場合もあるのでご注意ください。 回収パンダなら業務冷蔵庫の回収も承っております。業務用冷蔵庫の処分にお困りの方はお気軽に回収パンダにお問い合わせください。

業務冷蔵庫の引き取りなら回収パンダにおまかせください

東京都を中心に回収に伺います。この記事では、業務用冷蔵庫の捨て方とおおよその処分費用をご紹介します。

業務用冷蔵庫の処分方法!フロンガスとノンフロンで違う?

ドリンクの入った冷蔵庫

業務用冷蔵庫は構造によって2種類にわけられます。

  • ノンフロン業務用冷蔵庫
  • フロンガス使用の業務用冷蔵庫

ノンフロン冷蔵庫はフロンガスを使用していません。

現在では、業務用・家庭用ともにノンフロン冷蔵庫が主流となっています。一方、古い業務用冷蔵庫はフロンガスが使用されているものもあります。フロンガスが使われているかによって処分方法が違ってくるので注意しましょう。

自分で捨てるのは基本的にNG

業務冷蔵庫は、ノンフロンもフロンガス使用も個人で廃棄や処分することはできません。業務用冷蔵庫の処分には「産業廃棄物運搬業許可証」が必要です。

この許可証がないと産業廃棄物である業務用冷蔵庫を処分するできないので注意しましょう。フロンガスを使用した冷蔵庫の処分には、フロンガスを扱うための許可証も必要です。

フロンガスを処分する際は専門のフロンガス回収業者に委託しなければなりません。

業務用冷蔵庫の処分にはさまざまな規定があり、使用されているフロンガスは”フロン排出抑制法”によって回収することが決められています。

フロンガスを回収した後の冷蔵庫はもちろん”廃棄物処理法”に基づき適切に処分しなければなりません。業務用冷蔵庫の処分やフロンガスの回収は、持ち主が責任をもって行わなければならないのです。

また、2020年4月より「フロン排出抑制法」が改正され、今まで以上にフロンガス使用の製品は厳しい取り扱いとなり、罰則も強化されました。

フロン類のみだり放出をした場合
指定製品からみだりにフロン類を放出すると、1年以下の懲役または50万円以下の罰金が科されます。

(引用:経済産業省HP

環境省と経済産業省はフロンガス抑制に力を入れています。

自分で捨ててしまうと「不法投棄」と見なされる上に「フロンガス投棄」も加わり、大きな罰則が科せられる場合もあります。

個人で廃棄することは絶対にやめましょう。

どうしても個人で廃棄したい場合は以下のような方法もあります。

産廃処理業者さんと「産業廃棄物処理委託契約」なるものを交わして、自分で持ち込み、処分してもらうことにしました。

この契約って意外と細かなもので成立までに2週間くらいかかりました。持ち込む際も、契約者の本人確認が必要で、契約者以外が持ち込む場合は委任状が必要なのだそうです。


引用元:KARAKARA-FACTORY

上記の引用は個人で廃棄する方法をとった方のものです。

産業廃棄物業者と「委託契約」を結ぶことで、自分で施設まで持ち込み処分することが可能に。

もし捨てたい業務用冷蔵庫がノンフロン型なら、この処分方法も使えるでしょう。

委託契約を交わしてくれる業者を探すのが大変なうえ、自分で持ち込む手間もかかる点には注意しましょう。

手間がかかるため処分費用は安くなるので、店舗など多くの産業廃棄物があるなら検討されてみてはいかがでしょうか。

業者に捨ててもらう

冷蔵庫を運ぶ2人の男性

業務用冷蔵庫は回収業者に依頼して処分してもらうのがオススメです。業務用冷蔵庫の処分は産業廃棄物になるので、「産業廃棄物収集運搬業許可証」がある業者に依頼しましょう。

フロンガス使用の冷蔵庫はフロンガス回収できる許可証も必要です。フロンガス回収できる許可証がない業者は、提携しているフロンガス回収業者にフロンガスの回収をしてもらう場合もあります。

回収業者に依頼する場合は、業務用冷蔵庫がノンフロンかフロンガス使用のものかを必ず調べましょう。

調べ方は簡単です。

業務冷蔵庫の裏や内扉に貼ってある銘板シールを見てください。

  • 型番
  • 製造会社
  • 製造年月日
  • フロン使用されているか

などが記載されています。

平成14年4月以降フロン使用機には、第一種特定製品としてフロンが使われている旨が明記されています。銘板シールに記載がない場合はメーカーに問い合わせて確認してください。

回収業社の方でも業務用冷蔵庫の型番がわかれば調べてもらえます。

回収業社のなかにはフロンガス使用の製品は回収していないところもあるので、必ずノンフロンのものなのかフロンガス使用のものなのかを調べて伝えましょう。

業務用冷蔵庫の処分費用の相場は?フロン回収料金も解説

業務用冷蔵庫の処分費用の相場は以下の通り。

処分費用
ノンフロンの業務用冷蔵庫2万~5万円
フロンガス使用の業務用冷蔵庫5万~15万円

フロンガス使用の業務用冷蔵庫は、フロンガス回収費用がかかるのでノンフロンよりも高くなります。

どちらも大きさによって処分費用は変わってきます。また、冷蔵庫の運び出しの状況によっては追加で費用がかかるので注意してください。

例えば、店舗の厨房にある業務用冷蔵庫を運び出そうとしたとき、他の器具や間取りが原因で運び出せないことがあります。そんなときはその場で解体することになるので、解体費用などもかかってきます。

解体するスペースがなく他の器具を一度外に搬出する場合には、追加の作業費用も。業務用冷蔵庫がどのような場所に設置されているのかなども、見積もりの段階で業者に伝えるといいでしょう。

またあなた自身で、冷蔵庫の搬出導線を作っておいてください。この搬出導線をしっかりと作っておくと、約15分ほどの短時間で業務用冷蔵庫を回収してもらえます。

冷蔵庫処分費用・フロン回収費用は料金が決まっているので安くすることはできません。

業務用冷蔵庫の回収費用を安くするためには、解体や追加作業が必要ないように準備しておきましょう。

業務用冷蔵庫はカンタンに捨てられない理由

冷蔵庫の取っ手部分

業務用冷蔵庫とは、メーカーが業務用として製造したものを指します。

区分が業務用の場合、家庭で使用しても業務用冷蔵庫として処分する必要があるのでご注意ください。

業務用冷蔵庫と家庭用冷蔵庫では処分方法が異なります。

家庭用冷蔵庫は「家電リサイクル法」に基づいて処分。

購入した家電量販店に引き取りを依頼するか不用品回収業者に依頼します。

一方で業務用冷蔵庫は「産業廃棄物」として処分。

専門の不用品回収業者に依頼しましょう。

両者で処分に必要な許可証が違ってきます。

このため、家庭用冷蔵庫は回収できる不用品回収業者でも、業務用冷蔵庫は回収できない場合があります。

業務用冷蔵庫の処分方法まとめ

業務用冷蔵庫

業務用冷蔵庫をカンタンに処分するなら、業者に回収を依頼するのがオススメ。

フロンガス使用かノンフロンの冷蔵庫かで依頼すべき業者が変わってくるので事前に確認しましょう。

フロンガス使用機器かを調べるには、銘板シールを確認します。

銘板シールは冷蔵庫裏や内扉に貼られています。

ノンフロン冷蔵庫の場合は、「産業廃棄物収集運搬業許可」のある回収業者。

フロンガス使用の冷蔵庫の場合は、「産業廃棄物収集運搬業許可」と「第一種フロン類回収業者」の回収業者に依頼しましょう。

フロン回収の許可証がない回収業者でも、フロン回収業者と提携して回収をおこなっている場合もあります。

フロンガス使用の冷蔵庫を処分する場合は、必ず事前に業者に「フロンガス使用製品を処分したい」と伝えるようにしましょう。

回収パンダは、業務用冷蔵庫の回収も承っております。

東京近郊にお住まいで冷蔵庫処分にお困りの方は、ぜひお気軽にご相談ください。

回収パンダの東京都の対応地域はこちら

回収パンダの埼玉県の対応地域はこちら

回収パンダの神奈川県の対応地域はこちら

回収パンダの千葉県の対応地域はこちら

ご相談・お見積もりは無料で承っております。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です