業務用冷蔵庫処分

業務用冷蔵庫の処分方法と費用!カンタンに処分する方法

飲食店やスーパーで使われている業務用冷蔵庫。

普通の不用品回収業者に依頼しても、断られることもあります。

壊れてしまったり古くなってきたなどの理由で、今の業務用冷蔵庫を新しいものに買い替えようと思ったお店もあるでしょう。

しかし、今の冷蔵庫をそのままでは搬出できないという理由でなかなか処分できずに、あなたも困っているのではないでしょうか。

この記事では業務用冷蔵庫の捨て方とおおよそかかるである費用を実際の口コミを交えて紹介していきます。

業務用冷蔵庫はカンタンに捨てられない理由

捨てられない理由

業務用冷蔵庫と家庭用冷蔵庫の違いは、法律によって区分が異なっているからです。

家庭用冷蔵庫は「家電リサイクル法」にもとづき、処分されます。

一方の業務用冷蔵庫は「産業廃棄物」の種類に入るのです。

このため、家庭用の冷蔵庫を引き取ってくれる会社に連絡しても、断られることがあります。

業務用冷蔵庫は簡単には捨てられず、きちんとした手順で捨てる必要があるのです。

業務用冷蔵庫の処分方法

業務用冷蔵庫捨て方

業務用冷蔵庫にも2種類のタイプがあり、一つ目はフロンガスを使用しないノンフロン冷蔵庫。こちらは業務用でも現在の主流となっているタイプです。

二つ目は古い業務用冷蔵庫でフロンガスが使用されている業務用冷蔵庫があります。

フロンガスが使用されているどうかで処分方法も違ってくるようです。

自分で捨てる

ノンフロン業務用冷蔵庫もフロンガス使用の業務冷蔵庫も、個人で廃棄や処分することはできません。

なぜなら産業廃棄物業者は「産業廃棄物運搬業の許可証」を持っています。

この許可証がない限り、産業廃棄物である業務用冷蔵庫を処分することはできないのです。

フロンガス回収業者も同じく、フロンガスを扱うための許可証を持っています。

フロンガスを処分する際は専門の業者に委託しなければなりません。

業務用冷蔵庫の処分にはさまざまな規定があり、使用されているフロンガスは”フロン排出抑制法”によって回収することが決められています。

フロンガスを回収した後の冷蔵庫はもちろん”廃棄物処理法”に基づき適切に処分しなければなりません。

業務用冷蔵庫の処分やフロンガスの回収は飲食店やスーパーが責任をもって行わなければならないのです。

2020年4月より「フロン排出抑制法」が改正され、今まで以上にフロンガス使用の製品は厳しい取り扱いとなり、罰則も強化されました。

環境省と経済産業省もフロンガス抑制に力を入れているようです。

フロン類のみだり放出をした場合
指定製品からみだりにフロン類を放出すると、1年以下の懲役または50万円以下の罰金が科されます。

(引用:経済産業省HP

自分で捨ててしまうと「不法投棄」と見なされる上に「フロンガス投棄」も加わり、大きな罰則が科せられる場合もあります。

個人で廃棄することは絶対にやめましょう。

しかし、方法を変えると個人で廃棄処分することも可能なようです。

下記の引用は個人で廃棄する方法をとった方のものです。

なんと、産業廃棄物業者と「委託契約」を結んでしまいました。

こんな方法もあるとは驚きです。

もしお使いの業務用冷蔵庫がノンフロン型なら、こんな方法もよさそうですね。

また惜しくも閉店せざるをえなかった店舗に、多くの産業廃棄物があるならこのような契約を結んでもいいかもしれません。

この方法だと、自分で持ち込むなどの手間はかかってしまいます。

しかしその分、費用もかなり安くなるそうです。

業者に捨ててもらう

この方も、業務用冷蔵庫を捨てるのに困っていたようです。

確かに画像にのっている業務用冷蔵庫。

業務用製品はしっかりとした作りになっていますので、業者に依頼するのが一番だと思います。

ただし、フロンガス使用の冷蔵庫は産業廃棄物業者がすぐに引き受けてくれるとは限りません。

産業廃棄物業者の中にフロンガス回収できる許可証がなく、フロンガス回収業者は別のところもあるようです。

産業廃棄物業者が業務用冷蔵庫を受け取り、フロンガスだけ提携しているフロンガス回収業者に渡してしまうところもあります。

産業廃棄物業者に依頼する場合は、お店に使われている業務用冷蔵庫がノンフロンかフロンガス使用のものかを必ず調べましょう。

調べ方は簡単です。業務冷蔵庫には製造年月日や製造会社などが記載されているシールが必ず貼ってあります。

その中には「フロンガス」を使用されているものかどうか記載されているはずです。

もしわからない場合は業務用冷蔵庫の型番を伝えると、回収業者のほうで調べてくれます。

中には「フロンガス使用のものは引き取れません」と言われる業者もあるので、必ずノンフロンのものなのかフロンガス使用のものなのか(または型番)を調べて、産業廃棄物業者へ伝えましょう。

また断られた場合は、先にフロンガスを抜いてもらい、産業廃棄物業者にその旨を伝えると引き取ってくれると思います。

業務用冷蔵庫の処分にかかる費用の相場は?

https://twitter.com/kiraraojousama/status/1225166329524547584

こちらの方は業務用冷蔵庫も含めてゴミ処分費用が20万円もかかったとのこと。

この数字を見る限りでは千円単位では処理できないことがおわかりいただけたと思います。

下記は大まかな料金表です。

ノンフロンのもの

  • 依頼場所へ引取→産業廃棄物処分
  • 冷蔵庫処分費用:2万~5万円
  • その他の費用:出張料金・解体・その他の作業費用

フロンガス使用のもの

  • 依頼場所へ引取→フロンガスを回収→産業廃棄物処分
  • 冷蔵庫処分費用:2万~5万円
  • フロンガス回収費:2万~10万円
  • その他の費用:出張料金・解体・その他の作業費用

処分費用は大きさによって異なり、フロンガス使用の業務用冷蔵庫は、少し費用が高くなります。

しかしもっとも大きな費用は「その他の費用」です。

実は業務用冷蔵庫はサイズが大きいため、他の器具を入れると搬入できなくなってしまいます。

そのため開業前にまず最初にお店に入れられる器具が冷蔵庫なのです。

もしあなたがお店の冷蔵庫を買い替えようと考えた場合、他の器具があるために運び出せなければ、その場で解体することになります。

また、その他の作業費用は「フロンガス使用の冷蔵庫」だと業者に知らせていなかった場合は、すぐにフロンガス回収業者を呼ばなければなりません。

そのため出張費は2倍もかかることになるでしょう。

その場で解体できなかった場合には、他の器具を一度外に搬出する作業がも必要となるため、作業費用が発生してきます。

かならず、業務用冷蔵庫がどのような場所に設置されているのかなども業者に伝えるといいでしょう。

またあなた自身で、冷蔵庫の搬出導線を作っておいてください。

この搬出導線をしっかりと作っておくと、作業員一人で約15分ほどの時間で業務用冷蔵庫を持って行ってくれるようです。

処分費用やフロン回収費用、解体費用など業者で決まっている料金をおさえることはできません。

上記のTwitterで20万円と書かれていましたが、業務用冷蔵庫の処分にはそれなりの費用がかかりそうです。

業務用冷蔵庫の処分方法まとめ

業務用冷蔵庫の処分は、家電製品よりも手間がかかるようです。

いろいろと前もって計画を立てておいた方がいいですね。

  1. 産業廃棄物業者やフロンガス回収業者に証明書の提示を求める
  2. 産業廃棄物処分とフロンガス回収はそれぞれの業者に頼むこともある
  3. 産業廃棄物業者によってはフロンガス製品を処分してくれないことため、フロンガス使用の場合は業者に伝える
  4. お店の業務用冷蔵庫がノンフロン型かフロンガス使用型を調べる
  5. 搬入時はそのまま楽に入ったので、搬出も簡単だと思わずしっかりと搬出導線を考えておく
  6. ノンフロン型はリサイクルショップで引き取ってもらう方法もある
  7. 業者に伝える時はかならず型番と、どのような場所に置かれているのかを伝える
  8. 何社かに見積もりを依頼する
  9. 業者が下見に来てくれる際には、あなたが疑問に思ったことをしっかりと聞く
  10. 新しく業務用冷蔵庫を購入する場合には、購入業者に古いものを引き取ってもらえるか確認する
  11. 証明書を持っていない人が処分をすると、法律で罰則規定が設けられていることを知っておく

お気軽にお問い合わせください→弊社回収パンダお問い合わせ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です