ミを減らすには

ゴミを減らすにはどのような活動をしていく必要があるのか?

環境省より平成29年度ごみの排出量が4,289万トンという結果が発表されました

これは東京ドーム約115杯分にあたります。国民ひとり1日あたり920グラムのごみを排出しているのです。

毎日の暮らしの中で、私たちは多くのごみを排出しています。

ごみを減らすことは私たちに課せられた「地球環境問題」の大切な課題です。

「地球温暖化」の原因にもなる「二酸化炭素」は、ごみを燃やしたときに発生します。

私たちが日頃から使用している紙、プラスチック、金属やガラスなど、ゴミになる前は、天然の資源を使い作られているため、将来的に資源が足りなくなることを考えると、大切に使わなければなりません。

そこで私たちの身近なところからはじめられるゴミを減らすための活動「3R(スリーアール)」の取り組みが注目されています。

「Reduce(リデュース)」「Reuse(リユース)」「Recycle(リサイクル)」一人ひとりが意識することで、ゴミを減らすことができます。

「3R(スリーアール)」の活動で地球環境にやさしい生活を送りませんか?

ここからは誰でも今日からはじめることのできる「3R」の取り組みについて詳しく解説します。

ゴミを減らすための3Rとは?

再利用

ゴミを減らすには、どのような取り組みをしたら良いのでしょうか?

その活動のひとつとして、ゴミを減らすためにできる「3R(スリーアール)」です。

3Rとは、「REDUCE(リデュース)減らす」「REUSE(リユース)再使用する」「RECICLE(リサイクル)再利用する」この3つの「R」の英語の頭文字をとり3R(スリーアール)と呼ばれています。

資源を減らして再利用することはとても重要ですが、特にゴミを減らすときに大切になるのが「REDUCE(リデュース)」と「REUSE(リユース)」です。

3Rの具体的な特徴、私たちの暮らしの中に意識して、取り組める具体的な方法について、ご紹介します。

Reduce(リデュース)【ゴミを減らす】

まずはゴミを減らすことが大切です。

ゴミの発生を抑制するためにはどのようなことを意識したら良いでしょうか?

例えば家庭内に持ち込むゴミの量を減らすには、必要のないモノを買わないこともひとつの取り組みになります。

Reuse(リユース)【ゴミになりそうな製品などを繰り返し使用】

自分で使用しなくなったものをすぐにゴミとして捨てていませんか?

ご自身にとっては不要なモノでも、必要とされる方に利用いただく活用方法があります。

捨てればゴミになるモノも、繰り返し使用することで、ゴミにならずにリユースできます。

Recycle(リサイクル)【廃棄物などを有効活用】

どうしても出てしまうゴミはもちろんあります。

そんなときは資源に戻す活動、「資源の有効利用」を考えてみましょう。

3Rに関する具体的な例は?

Reduce(リデュース)

「リデュース」は3Rの中で、最も一人ひとりが意識して、暮らしに取り入れていただきたい活動です。

ゴミを減らすことは大切ですが、「ゴミの発生を抑制」する取り組みが重要です。

  • 買い物ではマイバックを持参して、レジ袋をもらわないようにする
  • 使い捨てのもの(紙コップ、割り箸、紙皿など)を使わないようにする
  • 鉛筆や消しゴムは小さくなって使いづらくなっても、最後まで使いきるようにする
  • 食べ残しは生ゴミとなるので残らないようにつくる
  • 買い物は計画的に、食材は食べきれる量を考えて買い物をする
  • 電化製品や家具などが壊れたら、すぐ処分するのではなく修理できるものは直して使う

Reuse(リユース)

リユースはゴミを出さず繰り返し使う活動です。

自分では捨てようと思っているものでも、それを必要としている人がいます。

・人に譲るリサイクルショップやフリーマーケットを活用する

・詰め替え商品を買うように心がける

・飲み物はマイボトルを持参するようにする

・使えなくなった歯ブラシを掃除道具として使用する

Recycle(リサイクル)

資源に戻してもう一度使えるように、ゴミを有効活用した取り組み。

・ゴミが出たときは再生利用できるように、品目別に分別をしてリサイクルしやすいようにする

・環境保全に役立つ商品と認められた「エコマーク」のついた商品を選ぶように意識する

・スーパーにある回収ボックスを利用する

ゴミを減らすのに日本で行ってることは?

日本では地方の自治体がゴミを減らす取り組みをしています。

私たちが出すゴミはゴミの材質によりグループが分けられるのです。

例としては「燃えるゴミ」「燃えないゴミ」「資源ゴミ」「粗大ゴミ」などのグループ。

収集されたゴミは再生工場に運ばれて、もう一度使えるように製品をつくる原料となります。

私たちが日頃しているゴミの分別はとても大切です。

ゴミの中で最も多いのが、プラスチックやレジ袋などの「容器包装のゴミ」で、ゴミ全体の約62%を占めています。

3Rの活動は全てプラスチックごみを出さない取り組みです。

ごみが海に流れ問題となっている「海洋プラスチック」は海が汚れるだけではなく、海の生き物たちにも深刻な影響をもたらしています。

3Rは環境問題には欠かすことのできない大切な活動で、ごみを減らすことにつながります。

まとめ

私たちが暮らしていくと増えていくゴミ。

ゴミを減らすためには、3Rを取り入れて、暮らしの中で意識することが大切です。

3Rの中で最も大切なのが「Reduce(リデュース)」ゴミを減らす活動です。

買い物袋を持参することで、レジ袋を使わず「Reduce(リデュース)」につながります。

また洗剤やシャンプーなどは詰め替え用品を買うことで、何度も利用できる「Reuse(リユース)」になるのです。

お住まいの地域で定められたルールを守り「ゴミの分別」をしっかり行うことも「Recycle(リサイクル)」の活動へとつながります。

地球にやさしい環境をつくるのは、私たちの取り組み次第です。

まずは身近にあるゴミを減らして、私たちができる「3R(スリーアール)」からはじめましょう。