ファンヒーターの処分方法5選

ストーブ・ファンヒーターの処分方法5選!費用はどれくらいかかる?

ストーブ・ガスファンヒーターや石油ファンヒーターは、冬になると大活躍してくれますね。

ストーブ・ガスファンヒーターや石油ファンヒーターが、直せることができないほど故障してしまうと、処分しなければなりません。

とくに石油ファンヒーターは、石油タンクに石油が残ったまま処分すると大変なことになります。(他のものに引火の恐れあり)

今回は間違った処分をすると怖いファンヒーターの正しい処分方法をご紹介します。

ファンヒーターは何ゴミ?

自治体では、ストーブ・ガスファンヒーターや石油ファンヒーターはどんな「ゴミ」の種類となっているのでしょうか。

「不燃ごみ」または「粗大ごみ」と分類されています。

自治体によっては、サイズの違いで分類されることもありますので、必ず確認しましょう。

石油ファンヒーターやガスファンヒーターの捨て方に違いはある?

各自治体では石油ファンヒーターやガスファンヒーターは「粗大ごみ」として処分されます。

石油ファンヒーターやガスファンヒーターを「粗大ごみ」として処分する場合のポイントは4つです。

  • ガスファンヒーターや石油ファンヒーターも捨てるときの金額は同じ
  • 石油ファンヒーターやガスファンヒーターの重さによって処分料金が違う
  • 石油ファンヒーターの処分料金と、ガスファンヒーターの処分料金が違う
  • ガス使用量や灯油タンクの大きさによって、処分費用が違う

ファンヒーターの処分方法5選

ファンヒーターは簡単に処分できるものではありません。

なぜならガスや石油を使用するため、安易に処分すると大惨事になりかねないのです。

あなただけではなく、周りの人を巻き込み恐れもあるので、必ずキチンと処分しましょう。

粗大ゴミで捨てる

粗大ゴミで処分する場合は、各自治体の指示に従いましょう。

粗大ゴミとして出す前に確認するポイント

  • 石油ファンヒーターの灯油タンクの中に石油が残っていないか
  • 点火用の乾電池を抜き忘れていないか
  • ガスファンヒーターの場合は、処理を行う前に元栓を閉めているか

灯油タンクの中に灯油が残っている場合

灯油が残っている場合は、確実に取り除くようにしましょう。

量にもよりますが、少なくなったら新聞紙に吸収させて取り去るのがよいでしょう。

ガスファンヒーターと石油ファンヒーターの処分料金は?

東京都新宿区を例に見てみましょう

引用元:https://www.city.shinjuku.lg.jp/seikatsu/file09_05_00001.html#section06

府中市

  • ガスファンヒーター 
  • 最大辺60cm未満 500円
  • 最大辺60cm以上 1,000円  
  • ファンヒーター
  • 最大辺40cm以上60cm未満  500円

処分料金だけでなく、各自治体によって処分の規定が違うのにお気づきになったでしょうか。

ファンヒーターは、必ずお住いの自治体に処分方法や注意を確認してください。

自治体によっては、まだ使用できるものは「リサイクル用品」としても処分できるようです。

他にも大きいものがあるなら不用品回収業者に依頼

家の整理をしていたら、古いファンヒーターが出てくるだけでなく、他にも処分したものがあるでしょう。

そのような時は、不用品回収業者に任せましょう。

不用品回収業者なら、ガスファンヒーターのホースを外してくれたり、灯油の処分なども行ってくれると思います。

自治体と不用品回収業者の違い

自治体

  • 費用は安い
  • 自分でガスホースを抜く、灯油タンクの処理は自分で行わなければならない
  • 戸別回収でも、自宅の外に自分で出さなければならない
  • クリーンセンターに持ち込むために、平日に会社を休まなければならないこともある
  • 戸別回収を自治体に依頼した後、また粗大ごみが出てきた場合は、再度自治体に連絡をしなければならない

不用品回収業者

  • 費用は自治体粗大ごみ回収よりは高い
  • ガスファンヒーターや石油ファンヒーターを処理をしなくてもよい
  • 家の中まで取りに来てくれるので、重たいものは外に出さなくてもよい
  • あなたの都合のよい日時に合わせて、回収をしてくれる
  • 「トラック積み放題パック」などのサービスを利用した場合、他の不用品も一緒に回収をしてくれる

ガスファンヒーターや石油ファンヒーターの処分は処理が大変ですので、業者に依頼する方がいいかもしれませんよ。

リサイクルショップで売る

まだ使えるものであれば、リサイクルショップに売ってしまいましょう。

リサイクルショップよっては、季節によって買取価格が違うこともあります。

ガスファンヒーターや石油ファンヒーターは冬に活躍するので、少し寒くなってから売ると買取価格が高くなることもありますよ。

ヤフオクやメルカリで売る

ネットオークションサイトやフリマアプリを利用するのもいいと思います。

ただし、石油ファンヒーターは郵送する時も、処分と同じような灯油の処理を行う必要があります。

輸送中に何があるのかわからないので、処理を行った後は「火気厳禁」ということを宅配の人に伝えておきましょう。

知り合いにあげる

知り合いにあげる時は、あまり灯油の処理に気をつかわないため、簡単に上げることができるでしょう。

ただし、石油ファンヒーターの外面に灯油が付着していることもあります。

周りをしっかりと拭いてからあげるといいですね。

ガスファンヒーターがガス漏れした場合は、他のものに引火したり「一酸化炭素中毒」になる可能性もあるので、ゆずる時はかならずそのことも伝えておきましょう。

ファンヒーターの処分方法まとめ

今では省エネエアコンも売りに出されているので、エアコンを使う時間が長くなってきたかもしれません。

しかしまだまだガスファンヒーターや石油ファンヒーターを使っているご家庭も多いでしょう。

ファンヒーターが使えなくなったり、新しいものに買い替えるという理由で処分する場合は、かならず正しい処理をおこなってから処分してください。

「これくらいなら」という考えで、他人にケガを負わせることもあるかもしれませんよ。

回収パンダではお客様のご都合のよい日時に、ファンヒーターを回収いたします。

回収料金がお知りになりたい方は、当社のHPをご確認ください。

もちろん回収品目に載っていない不用品も回収いたします。

お気軽にお問い合わせください。