エアロバイクの処分方法5選!分解廃棄は自分でできる?

エアロバイクの処分方法5選!分解廃棄は自分でできる?

室内で手軽に運動不足対策ができると人気のエアロバイク。

でも処分したい場合、「エアロバイクってどうやって捨てればいいの?」とお困りの方も多いでしょう。

そこで今回の記事では、エアロバイクの処分方法5選をご紹介します。

ご自身に一番都合の良い方法は何か、考えながら確認してみリサイクルショップに売るてくださいね。

エアロバイクの分解廃棄はできる?リサイクルショップに売る

エアロバイクの処分方法5選!

エアロバイクの処分方法5選!

エアロバイクの処分方法は5つあります。

  • 粗大ごみとして捨てる
  • 不用品回収業者に依頼する
  • ネットオークションやフリマアプリで売る
  • リサイクルショップに売る(とりにきてもらう)
  • 友人・知人にゆずる

ここではそれぞれのメリットを解説していきます。

粗大ごみとして捨てる

エアロバイクの処分方法としてまず思い浮かぶのが、粗大ごみとして捨てる方法。

費用は粗大ごみ処理手数料のみで安価に処分できます。

粗大ごみ手数料は自治体によって異なります。

相場は1,000円〜3,000円ほど。

後ほど主要都市の粗大ごみ処理手数料を紹介しているので、相場の参考にしてください。

エアロバイクを粗大ごみとして捨てるには、まず自治体に粗大ごみの回収を申し込みます。

次に規定の粗大ごみ手数料を支払い、処理券をエアロバイクに貼り付け指定日に収集場所へ持っていきます。

粗大ごみとして捨てる方法は、安く処分できるのがメリット。

一方で、粗大ごみ受付の手続きや収集場所への運搬などを自分でする必要があり、手間がかかります。

また、粗大ごみの回収日は自治体によって決まっているので、すぐに捨てられない場合も。

エアロバイクを粗大ごみで捨てる方法は、「手間と時間がかかってもいいから安く処分したい」という方にはオススメ。

不用品回収業者に依頼

不要になったエアロバイクはプロに処分を依頼するのも一つの方法です。

エアロバイクは安定性のため重さが15kg以上のものが多く、持ち運ぶだけでもひと苦労。

とくに階段の多いマンションやアパートにお住まいの方は、家の外に出すだけでも大変です。

普段重いものを運ばない人が無理をして運ぼうとすると、足腰を痛めたり、ケガをしたりといった危険もありますよね。

不用品回収業者に依頼すれば、自宅まできてもらえるので自分で運ぶ必要がありません。

他の処分方法に比べるとやや費用がかかりますが、安全性や手間を考えるとコスパの良い方法と言えます。

また、都合に合わせて回収日を設定できるので、忙しくてなかなか時間が取れない人や、早く手放してしまいたい人にもオススメ。

ネットオークションやフリマア不用品回収業者にプリで売る

状態の良いエアロバイクなら、ネットオークションやフリマアプリで売ることも可能。

ネットオークションやフリマアプリは自分で価格不用品回収業者に依頼が設定できるのが嬉しいですね。

注意したいのは送料。

大きくて重いエアロバイクは送料が高くなりがち。

せっかく売ることができても、予想以上に送料が高くて結局利益にならなかった、ということにならないよう気をつけましょう。

また、手間になる作業もあります。

自分自身で梱包の必要があったり、写真撮影が必要だったりと。

加えて、出品してもすぐに落札されるとは限らないので、手放すまで時間がかかってしまう場合も。

手間と時間がかかっても良いから売りたい、という方にはオススメの方法です。

リサイクルショップに売る(とりにきてもらう)

状態の良いエアロバイクのもう一つの処分方法は、リサイクルショップに売る方法です。

ネットオークションやフリマアプリで売るのと違い、自分で価格を設定できません。

しかし、出張買取サービスのあるリサイクルショップを利用すれば、自分で店まで持っていく必要がないので楽に処分できます。

使用年数の少ないものや人気ブランドのものは高値で買い取ってもらえる可能性も高いですよ。

「まだ新しいエアロバイクを売りたいけど、自分でネットに出品したり梱包したりするのは面倒」という方は出張サービスのあるリサイクルショップに売るのが良いでしょう。

友人・知人にゆずる

もしエアロバイクが欲しい友人や知人がいるなら譲るのも良いですね。

無料で処分できて、友人や知人も無料でエアロバイクを入手できるのでオススメの方法です。

自分たちで運搬すれば送料もかかりません。

ただ、エアロバイクを運搬できる大きさの車が必要。

エアロバイクが欲しい知り合いがいて、車で運べる場合には費用もかからずオススメです。

エアロバイクの粗大ごみ料金は?

エアロバイクの粗大ごみ料金は?

エアロバイクを粗大ごみで捨てる場合、粗大ゴミ処理手数料がかかります。

粗大ごみ処理手数料は自治体によって異なりますので、お住まいの地域の価格を確認してみましょう。

ここでは、横浜市・新宿区・大阪市の例をご紹介します。

横浜市の場合

エアロイバイクの粗大ごみ処理手数料:3,000円

※粗大ごみ処理手数料一覧にエアロバイクの記載がないので、詳細は自治体に要確認。

家庭から出されるもののうち、一番長い辺が、金属製品で30センチメートル以上のもの、それ以外(プラスチック商品、木製品など)で50センチメートル以上のものを事前申込みにより、有料で収集しています。粗大ごみに出される品物の材質や大きさを事前に確認してからお申込みください。

横浜市役所:粗大ごみ処理手数料表(品目別)

新宿区の場合

エアロイバイクの粗大ごみ処理手数料:2,000円

日常生活に伴って生じた大型ごみで、一辺の長さがおおむね30cmを超える家具、寝具、電気製品(家電リサイクル品以外)、自転車などが対象です。

【注意】解体しても粗大ごみでお出しください。

新宿区役所:粗大ごみの処理手数料一覧

大阪市の場合

エアロイバイクの粗大ごみ処理手数料:1,000円

料金は1点につき200円、400円、700円、1,000円の4区分です。

大阪市役所:粗大ごみの処理手数料一覧

【まとめ】エアロバイク処分方法

エアロバイクの処分方法5選をご紹介しました。

  • 粗大ごみとして捨てる
  • 不用品回収業者に依頼する
  • ネットオークションやフリマアプリで売る
  • リサイクルショップに売る(とりにきてもらう)
  • 友人・知人にゆずる

壊れた・長年使ったエアロバイクは、粗大ごみとして捨てるか不用品回収業者に依頼しましょう。

エアロバイクを粗大ごみで捨てる費用は自治体によって異なります。

相場は1,000円〜3,000円ほど。

状態が良いものや使用上年数が少ないもの、人気ブランドのエアロバイクなら、ネットオークションやフリマアプリ、リサイクルショップで売る方法もあります。

ネットオークションやフリマアプリは自分で価格設定ができるのが利点ですが、手間と時間がかかります。

手間なく売りたいなら、出張買取サービスのあるリサイクルショップで売るのがオススメ。

エアロバイクは大きく重さも15kg以上と持ち運ぶだけでも大変です。

自力で運ぶのが不安な方やすぐに手放したい方は、不用品回収のプロに依頼してスッキリしましょう。