デジタル遺品はどうしたらいい

デジタル遺品はどうしたらいい?パスワードの解除方法まとめ!

遺品にはさまざまなものがありますが、昨今では「デジタル遺品」も遺品のひとつとなっています。

デジタル遺品とは亡くなった方が所有していたパソコンやスマートフォン、その中に内臓されているデーターやSNSアカウントなどがあります。

その他お金に関わるデジタル遺品は、ネット証券の取引しているデータや、ネットバンキングなどデジタル遺品は多岐にわたるのです。

デジタル遺品には、個人情報がたくさん入っています。

家族も知らない故人しか分からない情報や、パスワード。

いざデジタル遺品を整理しようと思っても、遺族が分からずどのように処理したらよいのか困るケースが多いです。

亡くなられた方の遺志を尊重して、デジタル遺品はどのように処理したらよいのか詳しく解説します。

デジタル遺品にはどんなものがある!?

デジタル遺品はさまざまな種類があります。

デジタル遺品に該当するものはどのようなものでしょうか?

デジタル遺品にはとてつもない数の個人情報が含まれているため、個人情報の流出を未然に防ぐためにも、適切な処理が必要となります。

SNSアカウント

亡くなられた方が管理していたSNSアカウントやデータもデジタル遺品です。

FacebookやInstagramでは、生前に設定できる便利な追悼アカウントなどもあります。

音楽・本・動画・画像などの電子データ

音楽や書籍、有料のサービスアカウントもデジタル遺品です。

注意点は、アカウントを解約せずに放置していると、亡くなられたあとも継続的に請求されている可能性があります。

SDカードやハードディスク、DVDのデータ

記録をする媒体ではSDカードや、DVDデータ、USBなどがあります。

クラウド上に保存されているデータ

Web上にあるデータでは、クラウドストレージなどもデジタル遺品となります。

ネットバンクやネット証券のアカウント

デジタル遺品でお金に関わるもので気をつけなければならないのが、オンライン口座です。

銀行、ネット証券、 FXなど。見落としをしていると、のちに相続のやり直しなどが必要になる可能性も考えられます。使っていない口座は、生前に整理してまとめておくとよいでしょう。

ゲーム機に残されたデータ

ゲーム機に残されたデータもデジタル遺品です。

電話帳など

電話帳は故人しか知らない情報がたくさんあります。

亡くなったときに遺族が困るケースでは、携帯にロックがかかっていて連絡をするべき人の連絡先が分からないなどのケースがあります。

デジタル遺品は相続すべき?

デジタル遺品のパソコンや、スマートフォン、記録媒体に関するものは相続対象の遺品となります。

故人の資産にかかわるネット証券などは、相続トラブルの元になることもあるので、取り扱いには注意が必要です。相続は資産がのこっているときだけではなく、負債がのこっていたときも相続対象となってしまいます。デジタル遺品を相続する場合は、トラブルを防ぐためにも全員の相続人の同意をとっておきましょう。

デジタル遺品のパスワード解除方法

故人のデジタル遺品の取り扱いには注意が必要です。

デジタル遺品にはたくさんの個人情報が保存されています。取り扱いを間違えれば、民事訴訟に発展するトラブルになる可能性もあります。

トラブルを未然に防ぐためにも、デジタル遺品の取り扱いには十分に気をつけましょう。

携帯を所有している場合は、通信会社に解約する必要があります。

処分ではなく譲るなどがある場合は確実に初期化をしてデーターを削除しましょう。

デジタル遺品パスワードを解除したいときは、すべての相続人に同意をとるのが良いです。

ロック解除のパスワードが分からない場合は、信頼できるデジタル遺品の専門業者に依頼をして解除してもらいましょう。

不用意にパスワードを入力してしまうと、ロックが解除できなくなり、設定によってはデータが削除されてしまうケースもあります。

注意点としては、パスワードを解除したら、オンライン上のデーターに不正アクセスしないように気をつけましょう。

不正アクセス禁止法に該当すると刑事罰の罰則になる可能性もあります。

デジタル遺品相続でトラブルにならないために

デジタル遺品に関する相続トラブルにならないためには、どのように防ぐことができるのでしょうか。

生前に遺言を残しておくことで、相続でもめることなくスムーズに相続ができ、遺された遺族にとっても負担が軽くなるでしょう。

デジタル遺品の管理を一覧にまとめておき、IDやパスワードもまとめておくと便利です。

家族であっても見られたくないデーターがあるときは、別のフォルダで管理してロックをかけておくと安心です。

突然の逝去や、遺言などを遺していないときは、遺族間でよく相談してデジタル遺品をどのように処理するのか決めましょう。

まとめ

デジタル遺品には故人の大切な想い出がたくさん詰まっていますが、亡くなったあとトラブルなるケースもあります。

デジタル遺品には専門知識がないと整理ができないこともあります。

パスワード解除や、個人情報を守るためにも、不安なときは信頼できる専門業者に依頼するのも選択肢のひとつでしょう。

デジタル遺品でトラブルになるケースがお金にかかわるデジタル遺品です。

もしものときを考えて、ネット証券や、FXなど相続トラブルにならないためにも、エンディングノートの活用や生前整理をしておくことをオススメします。