電子レンジ処分

電子レンジの処分方法と費用は?リサイクル法では定められている?

「家電リサイクル法」は2001年4月1日に施行されました。こちらは大型家電製品4品目についての法律です。

それから12年後の2013年4月1日より本格的な「小型家電リサイクル法」が施行されました。

電子レンジは「小型家電リサイクル法」によって、処分しなければなりません。

小型家電リサイクル法は「家電リサイクル法」のようにリサイクル券の購入や現金での支払いが必要になるのでしょうか?

電子レンジの処分方法と処分の費用はどのくらいかかるのでしょうか?

電子レンジは小型家電リサイクル法にあてはまらない?

経済産業省HPでは「小型家電リサイクル法」について次のようなことが記載されています。

「小型家電リサイクル法」は小型家電に使われている資源を回収し再利用するのが目的です。

基本方針の概要

促進のための措置に関する事項

各関係者(消費者・事業者、地方公共団体、小売業者、製造業者、認定事業者)が取り組むべき措置を記載。例えば、市町村の取組として、
①制度への参加、②安定的かつ効率的な収集、③引渡先の適切性の確認④住民への制度の周知と、住民が簡便に排出できる環境の整備、
⑤認定事業者等の指導・監督 等を記載。
また、国の取組として
①制度の円滑な立上げと運用に向けた市町村の支援
②国民への普及啓発 等を記載。

制度対象品目<施行令第1条>

 対象品目具体的に該当する品目の例
(政令には具体的な品目名は記載されていない)
17ジャー炊飯器、電子レンジその他の台所用電気機械器具(特定家庭用機器再商品化法施行令第1条第3号に掲げる電気冷蔵庫及び電気冷凍庫を除く)電子ジャー、食器洗い乾燥機(卓上型)、トースター、ホットプレート、ミキサー、ジューサー、フードプロセッサー、電気製めん機、電気もちつき機、コーヒーひき機

引用:経済産業省HP 小型家電リサイクル法の概要について

難しく書かれていますね。

「家電リサイクル法」は全国で統一して行うのに対して、「小型家電リサイクル法」は市町村に任されている法律なのです。

そのため処分方法は各自治体によって変わってくるのです。

電子レンジの処分方法は5つ

電子レンジは「家電リサイクル法」の4品目ほど厳しくはありません。

しかし「不法投棄」を行った場合は、「家電リサイクル法」と同じく罰則が設けられています。

どんなゴミでも「不法投棄」や「ポイ捨て」は必ずやめたください。

では処分方法について考えてみましょう。

ゴミとして処分する

「家電リサイクル法」の対象となる4品目と違い、小型家電は市で引き取ってもらえることができます。

  • 市によって処分方法や費用が違う
  • 市が家の前まで取りに来てくれる
  • ゴミ処理場に持ち込む
  • チケット制や現金払いなどの違いがある

あなたの住まいの市によって電子レンジの扱いは違いますので、HPや問い合わせをおこなってから処分してください。

ただし家まで取りに来てくれるのは、屋外に置かなければなりません。

電子レンジは重たいものが多いので、ご高齢の方は家族に頼むなどの方法を考えましょう。

買い替えで家電量販店などで引き取ってもらう

買い替えの場合は家電量販店に不用になった電子レンジを引き取ってもらいましょう。

こちらは無料になるケースもありそうですよ。

小型家電を購入する場合は家電量販店に古くなったものを引き取ってもらえるか聞いてみるとよいでしょう。

オークションサイト・フリマアプリで売る

電子レンジはかなり重たいものもあるので、郵送代や手数料のかかるオークションサイトやフリマアプリはおススメしません。

郵送代や手数料を考えて金額を設定すると高価な商品になってしまうからです。

そんなときは地域密着型のフリマアプリを利用しましょう。こちらはあなたがお住いの近くの人に引き取ってもらえるアプリです。

その場合は郵送代がかかりませんので、価格設定は低めでもいいでしょう。

地域密着型のフリマアプリは高額すぎると、買ってもらえないことがあります。

電子レンジの使用年数にもよりますけれど、5000円~8000円程度で売られている方が多いです

また「0円」と無料の価格をつけている方もいます。

0円~1000円に価格を設定されている商品は購入したい人を早く見つけるというメリットがあるのです。

電子レンジでこの値段なら、間違いなく売れてしまいます。

ただし、このような販売方法は信頼関係が一番重要ですので、傷の部分はしっかりと画像に残しておきましょう。

フリマアプリやオークションサイトでは、売却側の取引評価が載っています。

購入するさいは、それらを参考にしましょう。

たまに使えない商品を売り出したり、画像は新品に近いものだったのに実際に届いたものはボロボロだったということもあります。

わからないことがある場合は、売却側に質問してみるといいでしょう。

不用品回収業者に依頼する

こちらは少しお高くなります。

しかし家の中まで取りにきてくれるため、重たい電子レンジをもつことも必要なしです。

ご高齢の方や一人暮らしの女性にはおススメです。

弊社では電子レンジの回収も行っております。⇒回収一覧表

知り合いにあげる

性能がいい電子レンジはお料理好きな人には、とても欲しくなる製品です。

  • 電子レンジを持っていない
  • 温め・解凍しかできない電子レンジを持っている
  • お料理教室を開いている

などにおゆずりすると大変喜ばれると思います。

気をつけてほしいのは電子レンジの庫内の臭いと汚れです。

最近では電子レンジ用の掃除用品や消臭商品も販売されていますので、そのような商品を利用するのもよいでしょう。

電子レンジの処分費用の相場は?無料で処分できる?

東京都近郊では電子レンジをどのように処分しているか見てみましょう。

東京都では粗大ゴミシールを購入し、それぞれの区にある粗大ゴミセンターに持ち込むことになっています。電子レンジは200円/枚のA券2枚(400円分)が必要です。⇒東京都粗大ゴミセンター

神奈川県では電子レンジを「大型ゴミ」としています。こちらの市から引き取りにくる・ゴミ処理場に搬入する方法があります。神奈川県では市によって違いがあるので、お住いの市のHPを参考にするか、市にお問い合わせください。

埼玉県のHPでは

お住まいの市町村のルールにしたがって排出してください。粗大ごみや不燃ごみとして排出していただく場合もあります。

引用:埼玉県小型家電リサイクルについて

と記載されています。

千葉県も市町村によって異なるようです。お住いの市町村にお問い合わせください。

電子レンジの処分費用は400~600円といったところです。

市から引き取りに来る場合は、チケットを購入しなければならないところもありますので、ご確認ください。

また電子レンジを買い替える時は、家電量販店が無料で引き取ってくれることもあります。

電子レンジ処分方法まとめ

「家電リサイクル法」と違い、「小型家電リサイクル法」は市によって扱いが違ってくるのがおわかりいただけましたか?

「小型家電リサイクル法」はその製品の中に使われている金属類を再利用するために作られたものです。

電子レンジは解体などのめんどうな手間もいらず、軽自動車で運ぶことができるので、簡単にゴミ処理場に持ち込めます。

またゴミ処理場に持ち込めない場合は、購入したチケットを回収してもらいたい製品に貼って玄関先に出しておくとよいでしょう。

電子レンジは使えなくなった後もリサイクルとして使える部品や金属などがたくさんあるようです。

まったく使えなくなった電子レンジは回収業者やお住いの市のゴミ処理場を利用して処分しましょう。

弊社では電子レンジをはじめ、小型家電の回収も行っております。

処分方法がわからないものはお気軽にお問い合わせください。⇒回収パンダお問い合わせ