【断捨離】これ以上捨てるものがない!行き詰まった時の対処法

【断捨離】これ以上捨てるものがない!行き詰まった時の対処法

断捨離をして必要がないものを捨てて、部屋の中がキレイに片付くと非常に気持ちがいいですよね。

なんだかスッキリした気分がして、他にも捨てるものがないかなと探してしまうこともあるでしょう。

頭の中が色々な考え事でゴチャゴチャしていると、部屋も散らかりがちになります。

逆に散らかっている自分の部屋やワークスペースを片付けることで、心理的に自分の頭の中や気持ちをスッキリさせることができます。

ただ、断捨離に依存してしまうケースもあるので注意が必要です。

今回は依存した時に起こる事例と、捨てるものがないときの対処法について紹介します。

「断捨離がやめられない」、「断捨離に行き詰まりを感じる」という方にお届けする記事となっております。

断捨離でこれ以上捨てるものがない場合はどうする?

「部屋を整理する」という目的で始めた「不要なものを捨てる」という手段が、「ものを捨てる」が目的に変わってしまっている人は依存している可能性があります。

なにか日常で上手くいかないことや悩みがあって、断捨離すればスッキリするかもと思ってみたものの、すでに不要なものがなければ捨てることができません。

自分は断捨離がまだ甘いのかと感じたり、次は「捨てるものがない」ことがストレスになる危険性があります。

断捨離がやめられない状態まで依存性が高くなると、必要なものまで捨てないと落ち着かなくなってくるでしょう。

他人にも「捨てた方がいいよ」と言うようになり、相手によっては人間関係に悪影響をおよぼすことになりかねません。

捨てるものがないと感じた場合は以下のことを試してみましょう。

種類ごとに適度なサイズのボックスに収納する

収納ケース

捨てるものはないけど小さいものは多くて、なんだか片付いた気がしないと感じる方もいるでしょう。

そんな時は100均などで収納ボックスを揃えて、文房具やアクセサリーなど種類別に収納するとさらにスッキリ見えます。

収納ボックスも色や素材を揃えるのが、統一感があるスッキリした見た目になるコツです。

棚などに目隠しカーテンをつける

整理整頓はできていて捨てるものはないけど、棚などに置いている物が丸見えで片付いている気がしないと感じる方もいるかもしれません。

例えば・・・

  • お風呂場の棚に洗濯洗剤
  • キッチンの棚に調理道具や調味料
  • トイレの棚に予備のトイレットペーパー

こういった棚に置いてあるものが目隠しカーテンで隠れているだけでも、だいぶ印象が変わります。

100均で揃えることができ、種類も多いので目隠しカーテンもオススメです。

写真や子どもの描いた絵などはデータ化して保存する

お子さんがいらっしゃる場合は、子どもが描いた絵や覚えたての字で書いてくれた手紙などの思い出の品が増えてきますよね。

家族の思い出のアルバムなども増えていくことでしょう。

これを実際のものを保管しておくのも良いと思いますが、整理したい場合はデータとして保存することによって、ものは減らすことができます。

データであればみんなで共有しやすいですし、押し入れにあるより見返しやすいのもメリットです。

断捨離で捨てるものリストを作ってストレス軽減する方法

断捨離をする前に捨てるものをリストにまとめておき、必要か不要かをハッキリさせておけば、捨てるときに作業的に捨てることができます。

仮に「これ以上捨てるものがない」という状況になっても、「もう不要なものはないんだ」と自分でしっかり把握しやすいです。

リストがないと「ある程度捨てたけど、まだ捨てられるものがあるかも」となってスッキリしない状態になるかもしれません。

リストにチェックをつけながら捨てることで、全てにチェックがついたときに達成感を得られストレス発散にもなります。

捨てるものリストの例

  • 1年以上着ていない衣服
  • 使っていないプラグ
  • 書類や雑誌
  • 賞味期限や使用期限が切れたもの
    (調味料や化粧品など)
  • 現在の視力と度が合っていないメガネ
  • 複数あるけど使っているのはひとつだけのもの
    (リップクリームや傘、ハサミなど)

あなたが断捨離をする本当の理由はなに?

断捨離をしようと思っている方は、心理的に現状にストレスを抱えている場合が多いです。

人間関係であったり、仕事のことであったり、ストレスの原因も違えば断捨離をする対象も変わります。

「何が原因かわからないけど、なんだか最近何もかもうまくいかない」と思うときもあるでしょう。

そんな時は断捨離をすることで気持ちの整理も自然とできるものです。

必要なものと不要なものを区別し、生活や精神状態をより良くするために断捨離を行うようにしましょう。

断捨離は「手段」であり、断捨離をする「目的」があるはずです。

目的を見失って「ものを捨てること」に依存してしまわないよう、断捨離する理由を自分の中でしっかりと理解しておくことが大事です。

断捨離でこれ以上捨てるものがないときの対処法まとめ

これ以上捨てるものがないときは捨てる必要はありません。

リストなどを作らずに断捨離をした方は、残りのものでリストを作ってみましょう。

もしまだあれば捨ててもいいですし、なければ「もう必要なものしかない」と理解しやすいです。

まだ片付いてないような気がするのであれば、収納などを工夫してみましょう。

過度な依存を感じたら贈り物などは捨てないようにして、その贈り物の必要性を見出してみるのも効果的です。

ものに必要性が見出せない場合は、贈り物をくれた人の感謝の想いを形として受け取ったと考えるといいかもしれません。

ものごとの必要性を見極めたり、判断力を向上させるうえでも効果的な断捨離ですが、「捨てること」が目的になって依存しないよう気をつけましょう。